里親日記

クリスちゃん(パピヨン メス 2000年9月生)の飼育日記です。

全体表示

[ リスト ]

iPhone4を使うようになって、FONを利用するようになりました。
しかし、FONは外で使うものなので、外(オフライン)でFON MAPを見たいのに、このFON MAPはオンラインでしか見れないというジレンマを抱えています。
そこで、オフラインでもこのFON MAPが参照できるよう、簡単なExcel VBAを作成しました。
使い方とVBAのソースは公開しますが、とりあえず自分自身が使えれば良いやレベルで適当に作ったので、実際に使いこなすにはそれなりのスキルを要しますが悪しからず。

【手順概要】
大まかな流れは以下のようになります。
(1)KML変換ツールを作成する
(2)FON MAPからFONルータの緯度/経度情報を取り出す。
(3)それをKMLデータに変換する。
(4)KMLデータをGoogleMAPのMyMAPに登録する。
(5)iPhone4にMyMAPをオフラインで見るためのアプリとして、MyMAP Editorをインストールする。
(6)オンラインの環境でMyMAP Editorを実行し、GoogleMyMAPにサインインして地図を参照すれば、オフラインでも同じものが見れるようになります。


【詳細手順1】KML変換ツールを作成する
ちょっと長いので、別枠に記載。

【詳細手順2】FON MAPからFONルータの緯度/経度情報を取り出す
(1)fonMAPを開いて、


(2)<ツール/POIデーターのダウンロード>をクリック
国:JAPAN
フォーマット:.CSVを選択 ← .KMLだと手っ取り早そうだが、<GroundOverlay>なので、GoogleMapには上手く適用できない。
<POIファイルの作成>ボタンをクリック

"If you are not able to download the POIs,then right-click here and select save link as."と表示されるので、その文字の上で右クリックし、<名前をつけてリンク先を保存>をクリック。
ファイルの保存先を聞かれるので、適当な場所に保存。(当然保存場所は覚えておく)

【詳細手順3】KMLデータに変換する
(1)fonのPOIファイルの文字コードがLinuxで一般に使用されている形(UTF-8,LF)となっているので、これをWindows用に変換する。
 文字コード:Unicode
 改行コード:CR+LF

(2)上記(1)で作成したPOIファイルをKML変換ツールの"FON_JP_win"ワークシートにインポートする。

(3)KML変換ツールの"Area"ワークシートで、出力したい地域を選択する。

(4)マクロ"KMLデータ生成を実行する。"

(5)"KML"ワークシートにKMLデータフォーマットで出力される。

(6)KMLデータファイルとして任意のテキストファイルを作成し、テキストエディタで上記(5)のデータを書き込む。

【詳細手順4】KMLデータをGoogleMAPのMyMAPに登録する。
(1)GoogleMAPを開く

(2)<マイマップ>をクリック

(3)<新しい地図を作成>をクリック
 地図のタイトルを入力し、<完了>ボタンを押す。(以下、例として"fon"という地図を作ったという想定で記述する)

(4)fon地図を開いた状態で<編集>ボタンを押す。

(5)<インポート>リンクをクリック。
  "地図データをパソコンからアップロード"を押して、先程保存したfonのPOIファイルを選択し、<ファイルからアップロード>ボタンをクリックする。

以上で面倒な作業は完了。
あとのiPhone4の作業は一般的なアプリの使い方でOK。

上記の方法で作成したMAPの一例をここで参照できます。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事