三ヶ日でミカン狩り

 静岡県磐田市に住む恵子さんの妹が、今年もミカンの木を2本もプレゼントしてくれました。浜名湖の西岸の三ヶ日町のミカン農家のミカンの木の里親になっていて、私たちに収穫した分だけ持って帰って、と太っ腹なプレゼント!
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
 午後2時42分の三ヶ日駅、こちらへ来る車両にはこの駅で30人くらい乗りました。遠州鉄道の天浜線、長良川鉄道より流行っている様子です。遠鉄・天浜線でググって参考にしてほしいです。

 駅の近くの山肌は一面のオレンジ色、道路を走っていると道端のミカン畑はオレンジの落果があふれています。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、花、植物、屋外、自然
 雨でも収穫できるように意気込んでいった恵子さんは早速収穫モードに突入し、妹を驚かせます。かくいう私も脚立で高所の枝を総ざらえ。3、40分で2本のミカンの木がまる裸です。
画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、空、屋外、自然
 
 家に帰って、水滴を乾かすために玄関に広げると、、、86kgほどありました。
画像に含まれている可能性があるもの:フルーツ、食べ物
 今年は不作だそうで、大きさは揃いませんが、食べてみるとさすがは三ヶ日ミカン、とても上品な甘さです。

 前後しますが、妹に三ヶ日インター近くの食堂でうな丼定食をおごってもらい、新東名高速道を帰ってきました。が、、、濃霧の豊田東JCTを通過してしまい、、豊田JCTでも東名高速道に乗り損ねて、、トリトン方面へ。

 やっとのことで名古屋南JCTで高速3号大高線に乗り換えて北上、都心環状を経て小牧南で降りました。新城IC辺りで点灯したガソリン切れ警告ランプが気になったからです。やっぱり満タンで出かけるべきでした。それとカーナビも装着しておくべきでした。横着がたたって6時半過ぎには家に帰るつもりが、7時半になってしまいました。旅程350km、リッター当たり19.2kmと行きは新米2俵半、帰りはミカン86㎏の荷物を積んでいた割にはまずまずの燃費でした。
 
 でも岩倉の息子のアパートに立ち寄って、孫のすみれちゃんに取り立てのミカンをプレゼントできてよかったです。

 明日は朝8時から関市アダプトプログラム事業の藤谷川の整備事業です。


.


みんなの更新記事