東京からのハイカー

 今日は高沢観音の初観音でした。本来は毎月17日なのですが、今は毎月第3日曜日になっています。その方が参拝者には来やすいし、境内でもてなすにもメンバーが揃いやすいです。今日は男性たちが別の用で欠席のため、3人娘(30数年前)が参拝者にお茶、みそ汁、お菓子のおもてなしをして下さっていました。本当にありがたいことです。

 月に一度、この日だけ庫裡で蕎麦屋が開店します。私が入った11時少し前ですでに女性が3人入っていました。熱い蕎麦と煮物を頂いて勇気百倍、鉦を撞いてからお不動様、お薬師様でお参りをしてたところでリュック姿の背の高い男性に会いました。

 お話を伺うと「とても静かで、きれいな境内が気に入りました。」と高沢観音をほめて下さいます。「どちらを歩かれましたか。」「駐車場の地図にある高沢山、大仏山、本城山を歩いて下に下り、藤谷から車をとりに上がってきました。
「多治見から来ました。INで見て一度歩いてみたいと思っていました。」
イメージ 1
 薬師堂の前、背が高くて、背がしっかりと伸びた後ろ姿、またお越しください。

 伽藍の中では一番低いところにある仁王門のところで写真を撮っている人がいました。普通ならすぐそばに車が止めてあるはずですが、ありません。「上の道(西谷へ降りる道)がよく分からないので、下の道(藤谷活性化プロジェクトで再開発した道)で藤谷集会所まで行きます。」写真撮影集中していらっしゃるのでそれ以上は聞かず。でも、私が銀吾さんの家の側に自転車を止めて歩いてきた道を逆方向に辿るのです。


 12時過ぎです。お詣りを済ませて藤谷センターまで下りてくると、、、
イメージ 2
 あれ、仁王門であった人が藤谷センターの犬走りで、荷物も降ろさないまま下の方を見ています。誰かを待っているのでしょうか?

 聞けば、東京から山歩きに来た。四日前にデマンドバスを予約しておいたのに来てくれない。、、、、と、そこへ下の方からデマンドバスがやって来ました。詳しい話を伺う時間はありませんでした。私が蕎麦屋に入ったのが11時前、その前に仁王門で出会ったので藤谷へ下りてきたのは30分前ぐらいでしょうか。毎正時に藤谷センターへ来ることをご存じなかったようです。
イメージ 3
遠路はるばる、高沢道を訪ねて下さってありがとうございます。
 


.


みんなの更新記事