本城山の山城へ

明日は本城山の登山道の整備です。

 富野ふれあいのまちづくり委員会の今年度事業である、本城山「小野城址のゆかり研究会」は山頂の看板設置と、富野の自治会員全員への本城山を主題にしたクリアファイルを配布したことでひと段落しました。

 ただ、特に山頂の看板設置の記事を中日新聞と岐阜新聞が掲載してくれたことで登山者がとても増えました。

 昨日はたまたま出かけた八神上の登山口に一台止っていましたし、今日は高沢観音駐車場から高沢古道、大仏、本城山と富野北アルプスを縦走して、帰りに藤谷へ下りてきて高沢観音へ戻る登山者があったそうです。

 地域委員会の取り組みとして、来年のNHK大河ドラマで明智光秀を描く「麒麟が来る」で予想される山城探検ブームに前もって対策を練っておくことは地域の宝磨きとしてやっておくべき課題だともいます。

 この課題は現在は、地域委員会の活動の点検会議に出かけて触発された委員長とNさんが先頭に立ってやってくれるので、私は1メンバーとして息子と藤谷・今谷の3人お方にお願いして一緒に参加します。

 富野と言えば本城山、富野北アルプス縦走、高沢観音と連想されるよう。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事