釣りと旅行と鳥と家

ブログタイトル変更しました。

インコ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5



我が家の家族になって1週間、「くう」はすっかりベタ馴れインコ復活です。

先住の「だい」が出せだせコールで叫びはじめると、一緒になって

ケージの前面に張り付いて、羽をワキワキさせてけたたましく出して出して

と叫ぶようになりました。

朝には2羽してリビングでまったりと遊んでいます。

そんな平和なひと時も、ケージの掃除が完了すると終了して、朝ごはんの為

ケージに戻されてしまいます。

近くで暮らす娘が、「くう」と遊びたくてやってきた昨日の夕方、何気なく

「くう」の糞の中に白くて丸い小さなものがあるのを発見しました。

主食はペレットで、おやつも乾燥パパイアとリンゴしか与えていないのに

白く丸い、数の子程の大きさの物が糞から見つかったとなれば、頭に浮かぶのは

寄生虫の卵なのか。

直ぐに鳥を診察しているペットクリニックに電話で聞いて見ましたが、寄生虫の

卵は顕微鏡でなければ見えない筈なので、違うと思いますとの事ですが

「じゃーなんなのですかねー」って言っても「解りませんねー」との答え。

「これから連れて行きますので診ていただけますか」っ言うと快く

「どうぞお連れ下さい」との事で、「くう」は「くうのウン○」と共に

ペットクリニックへ行く事になりました。

糞検査の結果、「やっぱり寄生虫でした。顕微鏡で見ると動いてました。」

だけど「今までに診た事の無い物で、文献も調べましたが載ってないんです」

取りあえず「鳥にあまり負担のかからない薬を処方しますので1週間飲ませて

様子をみて、来週に又検査してみましょう」と言うことで昨夜から虫下しを

飲料水に混ぜて飲ませています。

結果は意外と早く出ました。本日午前中に径が0.5弌長さ60伉の虫が

排泄されました。

これで終わりだと良いのですが、まだ居るかもしれないので今後も様子見です。

先生によると、多くの鳥は何らかの寄生虫と共存していて、普段は何とも無く

糞検査でも正常範囲内なのが、環境の変化やストレスで抵抗力が低下すると

体のバランスが崩れて寄生虫の増殖力に負けてしまうんだそうです。

小一時間こちらの話も聞いてくれて、解りやすく説明してくれた先生に感謝です。

可哀想ですが、正常になるまでは「だい」との同時放鳥もお預けです。

開く コメント(10)

信頼関係構築中

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


3月25日の日曜日に迎えに行き、我が家の家族になりました。

ショップではスタッフの女性にベタ馴れで、こんな馴れの良いインコも

珍しいって言われたし、こちらの手にも平気で乗ってきていたんですが

環境の変化って鳥には大きなストレスなんでしょうか。

一年前に迎えたコガネメキシコインコの「だい」の経験から、兎に角

かまって欲しがりケージから出たがるまでは、そっと見守って行くのが

BESTと言うことで環境に慣れるまでは、知らん顔をしています。

きょう迄の状態は

日曜日、終日固まってあまり動かずじっとしていました。

月曜日、のそのそと動いて、餌のペレットやりんごをがつがつと食べ始めました。

火曜日、殆ど鳴き声も上げなかったのですが、この日から鳴き始めました。

水曜日、こちらの呼びかけに応えて、呼ぶとケイジの前面に張り付いて来ました。

木曜日、ケージを開けて指を差し出すと、指に足を乗せて甘噛みして来ました。

もっと遊んで欲しいのが見え見えになって来ましたが、今日は此処までです。

近い将来にベタベタに馴れるのは、もう見えて来た感がありありです。

インコは人を見分けるのと、警戒心がかなり強いので飼い主との信頼関係が

出来上がらないと心を許さないんです。

名前は「くう」と付けました。


開く コメント(10)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


この前の「メジロメキシコインコ」の1件のあと、同じコニュアの中の

「トガリオインコ」、「クロカミインコ」を含めた3種に絞って

良い仔が居ればと探していました。

「トガリオインコ」は1羽見つかったんですが、年齢が1.5歳と言う事で没に。

「メジロメキシコインコ」も1羽いたんですが、何か「ピン」と来なかった。

そして「クロカミインコ」が2羽見つかりました。

2羽共ベタ馴れのおっとりした性格、更に今まで強く噛んだ事のない仔

だそうでしたがそのうち1羽は、年齢を聞いたら6歳位という事でこれも没に。

そしてもう1羽のクロカミインコの番になりました。

これが最後の仔です。

こちらは昨年秋に生まれてシンポールのブリーダーから、輸入された女の仔。

早速この仔の居るインコ専門店の「堺店」に電話をして大きさ、体重、

性格等を聞きました。

大きさは標準より少し大きめ、体重は145g、性格は優しくおっとりで

噛み癖は甘噛みするだけで強く噛んだ事はないとの事。

これは良い感じ!。

早速、見てみたくなり、暖かい日を選んで上記インコショップの上野店に

送ってくれる様、依頼しました。

先週末に上野店に届いたとの連絡があり、今週見に行ってきました。

堺店のスタッフから説明を受けたとおりの、おっとりとスローで動く仔で

甘噛みも「噛む」と言うよりハミハミと嘴を開けて触ってくるだけって感じです。

上野店のスタッフも「この仔は最高に良い仔」と言うので

即この仔に決めて予約してきました。

今後、オーム病(クラミジア)と巣嚢、糞等の健康診断を受けて異状がなければ

2週間後ぐらいに迎えに行く予定です。

後は先住鳥のコガネメキシコインコの、「だい」と仲良くなれれば最高なんですが!。

開く コメント(14)

インコが!!!。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



我が家にインコが来てもうすぐ1年になります。

とにかく人間大好きインコで鳥篭から出してリビングで遊んでいても

ちょっと動くとあわてて飛んできて、飼い主の傍から離れない。

鳥なんだけど、自分は鳥だとは思っていないみたいな感じがする。

外出も多いし1人で留守番している時なんか、隣にもう一羽友達が

いると寂しく無いしいいんじゃないかと思っていました。

そしてもし飼うなら、同じコニュア系だと生活習慣も似通っているだろうし

鳥言語も同じで結構意思の疎通も出来るかも知れんとか、結構親ばかです。

でも、もう一羽飼うとなると結構、初期投資金額がばかになりません。

家内に話てもすんなりOKは期待できない、となると自分のポケットマネーから

出さないといけないしなー。

そんな折、なんとなんと予期せぬお金が転がり込んできた、その額ウン十万(喜)。

まずは家内と、近くに暮らしている次女夫婦も交えて今年もそろそろ終わりの

河豚料理を振舞って下準備。といっても私が好きなだけかも!。

我ながら気の良いオヤジだなーと思いつつ、インコ探しを開始しました!。

まず、コニュアは温度管理が必要なので、ケージを囲うアクリルケース

なのですがこれが又、3万円ちょっとのいいお値段なんです。

その他もろもろインコがくる前の、下準備で約「片手ちょい」!。

お迎え準備完了。そして欲しいインコが見つかった。

今飼っているインコより大きめな緑色の綺麗なコニュアで

その名は「メジロメキシコインコ」。生後約6ヶ月のスーパーと言う手乗りの中でも

ベタ馴れのインコで、値段も割高なのですがまずは観てみようと、早速インコ店

に依頼したのですが、、、、。

何と健康診断で「オーム病」の菌(クラミジア)が陽性+の事で40日間の

投薬治療と、更に2週間後の再検査が必要との事に。

取りあえず保留にして、

その間に良い個体が出たらそちらに乗り換えも可能という事にしてもらい

インコ探し再開しました。

コニュア類中の「メジロメキシコ、トガリオインコ、クロカミインコ」に絞って

探すつもりです。

もし別の固体が見つからなかったら、保菌が陰転した固体にするかどうかも

迷っています。

さてどうなる事やら!。

開く コメント(18)

一歳になりました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



去年4月に我が家の家族の一員になったインコが一歳になりました。

このインコはコガネメキシコインコ(Sun Conure)と言う種類の

大変人なつっこいインコです。

生息地はブラジル北東部、ギアナだそうですが現在は,ワシントン条約で

捕獲が禁じられているので野生種は手に入れる事が出来ません。

我が家のインコはシンガポールのブリーダーで生まれて昨年1月に

日本に送られて来ました。

我が家に来た時はまだ幼鳥だったせいか、毛並みも毛艶も今一良くありません

でしたが、此処へ来てずいぶん綺麗になって来ました。

人馴れしやすく飼い易い種類のインコです。熱帯雨林で生息している

種類の為か冬場の温度管理が必要な事と、鳴き声(呼び無き)が大きく

けたたましいので、嫌われている面もあるそうですが我が家のインコは

飼い主の許せる範囲内だと感じています。でも結構うるさい時もあるかな?。

このインコ、水浴びが大好きで冬でも2日に1回、水道の蛇口の下で冷水を

直接水浴びします。

開く コメント(9)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事