釣りと旅行と鳥と家

ブログタイトル変更しました。

インコ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


我が家に来てからもうじき3年になるコガネメキシコインコの
「だい」ですが、寒い時期になるとこのインコの派手派手の色が
家族の心を暖かくさせています。
元来熱帯に生息するインコなので、その色合いに暖かみを感じる
のかも知れません。
性格はわがままですが、ベタベタになれていてケージから出ると
飼い主から離れない人間大好きインコです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


「くう」我が家に来た頃はそんなでも無かったんだけど、その後だんだんと
「だい」が「くう」を攻撃するようになりました。
一緒に放鳥しようものなら、スタンドにいる「くう」に向かって、
飛んで行き我をも忘れ体当たりして「くう」を払い落とす様になりました。

「くう」は基本的に大きいけど優しく気の小さい女の子、一方の「だい」は
体は小さい仔だけど気の強い、飼い主大好きな男の子。

原因は多分、後から我が家に来た「くう」に対するやきもちだと思うんだけど!。

その状態はエスカレートしケージの中からも隣の「くう」を威嚇するようになり
それにおびえ始めた「くう」は「だい」からは見えないハンモックの陰に隠れて
過ごすようになりました。

そんななので「だい」のアクリルケースを遮蔽して「くう」が見えない様に
しました。

これで「くう」は安心して過ごせるみたいだし、「だい」も膨らんで威嚇しなくは
なりましたが、何とか仲良く出来ないものなのかな?。

基本的には飼い主が介在しなければ良いんだろうと思うんだけど!。

久々のケージ洗い

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


風も無くポカポカの日曜日、暫く掃除をサボっていた「だい」と「くう」の
鳥篭を丸洗いしました。

ケージの中の物は全て取り外して、外に出してまずは殺菌消毒液をスプレー、
10分ほど置いた後、ケージを分解して水洗い。

ケージを入れているアクリルケースの内側も綺麗に掃除して大掃除完了。

今年の春先に足の肌がカサカサになった「だい」の足も今の所異常なし、
同じく、う○この中に寄生虫が見つかって闘病生活した「くう」も
異状無く、2羽とも絶好調で「出して出して」の大絶叫。

昨夜のTVで飼い主との会話が出来る「オキナインコ」のぴいちゃんを
視ましたが、我が家の子達には到底無理、いや絶対無理だと思います。

人語は、だいが「お早う」「だいちゃんお早う」「ダメ」「ダメでしょ」。
くうが「お早う」「くうちゃんお早う」「くうちゃん」「くうちゃんおいで」
「こっちおいで」「はーい」「もしもし」その他ゴニュゴニョ言ってます。

ちなみに「だい」はちょうど2歳、「くう」は1歳3ヶ月になります。

お喋りは苦手とされている女の子の「くう」のほうが良くしゃべってますが、
ももともと余り喋らないと言われているコニュアなので、この程度で限界
なのかとも思っています。



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


我が家の「くう」は食欲旺盛の為か胸筋が発達していてクリップしてある
風切羽でも筋力で飛んでしまい、先日も手に乗せて外に出していたら
何かに驚いたらしく、風に乗って30メートル程も飛んでしまいました。

安全の為、昨日「こんぱまる」上野店で爪と羽をカットしてもらいました。
「くう」はケージからキャリーに移されて怪訝そうにしていましたが
10分もすると揺れる車内にも係わらず、餌をもりもり食べ始め
首都高3号線の渋滞に巻き込まれるも到って「マイペース」でしたが、
「こんぱまる」の到着して店のインコ達の鳴き声を聞くとやや興奮状態に。

それでも手馴れた店長に係ると、おとなしく爪と羽を切らせていました。
我が家で私が爪を切ろうとすると、必死に抵抗するんですが、、、、。

不思議な事に、終わって家に帰って来たら「いい子」に変身してました。

この店では買ったインコの爪切りとクリップは永久に無料なのと
私が無理して爪や羽を切って根に持たれても困るので、「くう」だけは
定期的にやってもらっています。

「だい」は私にもおとなしく爪を切らせるし、根に持つ様子も無いので
家でカットしています。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


大好きな夏を元気に過ごした我が家のインコ達ですが、そろそろヒーターが

必要な季節になってきました。

我が家に来て2度目の冬を経験する「だい」は激しかったトヤも終わって

去年に比べて羽毛の密度が格段に増えて、びっしりと羽毛に覆われています。

そんな状態なので今年の冬越しはケージの温度を2℃下げて23℃で過ごさせる

事にしました。

環境適応能力を見ながら毎年少しずつ下げていこうと思っています。

一方の「くう」は我が家での初めての冬越しに入るのですが、こちらの方は

「だい」に比べて胸毛や腹毛がスカスカしているので25℃で管理して行こう

と思います。

いずれにしてもこのクラスの(特にコニュア)は大型インコ類や国内繁殖の

オカメインコなどに比べて飼育温度の低下が即免疫力の低下に繋がり、

隠れていた真菌や原虫類の活動を活発化させる事が有るので

冬場は要注意なのかも知れません。

ちなみにこの温度コントローラーは±1℃の制御性能の他にも昼夜の2段階制御や

紫外線(太陽光)ランプの自動制御、ヒーター断線による温度低下のアラーム設定

などが組み込まれている便利なアイテムです。



全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事