ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全723ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


「前方後円墳の出現に先立つ弥生後期・終末期における、首長層の形成と大型墳丘墓の 出現の様相を明らかにし、その歴史的意義の ... 大和における強大部族連合の成立」 など 実証的裏付けの乏しい仮説が、銅鐸祭祀や方形周溝墓の発達などから語られてきた。

(プレ前方後円墳には) 鏡・内行花文鏡、石囲い木槨、型不明の桜井市纏向石塚、桜井市矢塚、桜井市勝山(など)がある。これら「纏向型」の(プレ前方後円墳の墳形には) 突出部付き円形墳丘墓が出現していた吉備(楯築)、播磨(養久山5号・1号)・阿波(萩原1号)・讃岐(鶴尾神社4号)の影響があったと見られる」九州大学PDFファイル catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/25325/p017.pdf

※ただし墳丘部石槨まで調査されたのは石塚のみで、あとはたいした調査もされてない。纒向よりも四国北部の萩原1号(徳島)や平尾2・3号(香川)のほうが古いだろうと言われはじめている。



イメージ 1


鶴尾神社4号墳(つるおじんじゃよんごうふん)は香川県高松市西春日町に所在する古墳時代前期の前方後円墳。国指定の史跡「石清尾山古墳群」の一つで、香川県最古の古墳と見られている。」

「前方後円墳の特徴である鍵穴ではなく、シャモジのような墳形をしているのが特徴である。これは時代が下るにしたがって定着した鍵穴形の前方後円墳の祖形となったと思われている[1]。」

「石清尾山古墳群」は、「高松市街地にある標高約232メートルの石清尾山丘陵上に20基を超える円墳や積石塚(そのうちの9基)が築造されている。
積石塚は4世紀から5世紀のものである。

なお、この古墳群周辺には、20基の横穴式石室が存在し、6世紀から7世紀のものである。1931年(昭和6年)7月に古墳群として史跡に指定された。積石塚の石船(いわふね)塚、北大塚1・2・3号墳、姫塚、小塚、石清尾山9号墳などの前方後円墳や猫塚、鏡塚、稲荷山北端1号墳[1]などの双方中円墳、その他散在する後期古墳2基などである。さらに東南の尾根上にある鶴尾神社4号墳(積石塚の前方後円墳)の確認調査が1981年(昭和56年)に行われ、1989年(平成元年)4月に追加指定された。

規模・形状[編集]
墳丘の形状は多様である。猫塚と鏡塚が双方中円墳、北大塚三号墳が方墳、その他は前方後円墳である。墳丘はどれも安山岩を積み上げて構築されている。

副葬品[編集]
猫塚は大規模な盗掘を受け、中円部に造られていた9基の竪穴石室から多数の副葬品が検出された。内行花文鏡など銅鏡5面、銅剣17、同鏃8、碧玉製石釧(いしくろ)1、筒形銅器3、鉄剣4、鉄鏃3、鉄刀、鉄斧などの鉄製品4点、土師壺1である」Wiki石清尾山古墳群https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E6%B8%85%E5%B0%BE%E5%B1%B1%E5%8F%A4%E5%A2%B3%E7%BE%A4



鶴尾神社4号墳(つるおじんじゃよんごうふん)は
古墳時代前期(3世紀末)
案内  姫塚古墳から400m(高低差にして約100m)下がったところにある前方後円墳です。古墳のすぐ脇は絶壁となっており危険ですから、柵で囲い立入禁止としておりますので見学はできません。

【外形】 前方後円墳。積石塚。全長は約40mです。後円部は4段に築かれています。

 【内部】 後円部に竪穴式石室1基があります。

 【出土品】 竪穴式石室から鏡1面が出土しました。また、墳丘上からは土師器の破片が出土しています。 」高松市公式HP
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/10331.html
 〒760−8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
  電話  : 087−839−2660  FAX  : 087−839−2659


※鶴尾神社4号墳出土の壷は古墳の墳丘に立て並べられていたものと考えられている。墓の墳頂周囲に大きなものを建て並べるのは、吉備の楯築では巨大な石板であり、やがてそれが大和で吉備式の土器や円筒埴輪に変化したと近畿考古学学派では考えられている。つまり彼ら(寺澤、石野、松木など)は、纒向型前方後円墳が出現する手順は、吉備楯築→讃岐鶴尾神社4号(播磨(養久山5号・1号)・阿波(萩原1号)も含める)→纒向石塚→箸中山と考えているわけである。



ちなみに播磨の養久山5号・1号(古墳時代前期(3世紀)の全長32mの前方後円墳)は
http://avantdoublier.blogspot.jp/2008/12/blog-post_23.html

イメージ 2



阿波(萩原1号)は2世紀末〜3世紀前半の阿波型積石塚墳。
http://ew.sanuki.ne.jp/snkbunka/tudabun7/kohunnbennkyoukai/text/h200509.html
にそれぞれ概要や画像がまとめられている。





筆者の考察


これらのプレ前方後円墳は、学者による諸説あるものの、纒向のプレ前方後円墳群よりもやや早い時期に生まれた可能性が言われる。

ただ、吉備から纒向に至るそれらを体系的に類似品、変化した墓だと科学的に分析したものはいない。すべてをスムーズにつなげるだけの画一性、遺物の類似、墳形の進化・変化を裏付けるに足る材料がいまだに整合的に抽出してある研究書もないので、筆者はまだ納得したという状況ではない。



まず墳形で見れば、吉備楯築、鯉喰神社遺跡に、楯築と似た点があるとは見えない。
それを主張している松木武彦の用いているこの図面で見ても、楯築を中円双方墳の前身と決め付けてよいものか、いまだ筆者にはわからない。

イメージ 3
楯築想像図



イメージ 4

松木武彦『ヤマト王権はいかにして始まったか』所収「古墳出現前期のキビとヤマト」(2011)より


※松木はここで、讃岐や阿波や播磨の古墳を引き合いにはしていない。
一般に、近畿の考古学者は詳細比較がルーズであると感じた。弧文・弧帯文比較分析も甘いし、墳丘の比較による説得力もはしょっており、説得力がない。いい加減である。そういう研究書があるのなら教えて欲しい。



また鯉喰神社の「図面右方向への突出部」も、前方後円墳の前方部分だとは決めにくいと見えてしまう。これだけの資料ですぐさま、纒向型の前身だとどうして決められよう?この比較で、筆者は以前の松木から受けた示唆を、むしろ一旦棚上げせねばと感じてしまうのである。

遺物の面では、讃岐に鏡や鉄器(北部九州的威信財)があるに比べると、吉備にはそれが見られない。吉備の楯築型墳丘墓には、確かに中国からの威信財がなく、鏡もない。似ているところは吉備式の特殊埴輪、特殊壷の墳頂陳列や埋納に近いものは纒向にもあり、弧文、弧帯文というステータス的な祭祀呪模様の「進化」があったことはうすうす見当はつく。だがそれでは完全納得に至らない。

イメージ 5
纏向遺跡 弧帯石


松木が言うとおり、楯築の墳墓様式は伝統的北部九州の低い墳丘墓様式や、世界的にまれな大量威信財の埋納という風習とはまったく違う人々によっていることは間違いない。そして彼らはおそらく九州を経由せずに、日本海から中国山地を横断して瀬戸内にやってきた(高句麗的あるいは中国北東部?)異民族であったと筆者は見る。それがのちの古代大和の吉備氏集団の直接の先祖かどうかはなんとも言えない。


イメージ 6



いずれにせよ、纒向には魏志倭人伝とは大きく矛盾するいくつかのアンチ邪馬台国要素が多すぎて、今は纒向に邪馬台国があったとは決められぬと思っている。

1 纒向では九州からの土器がほとんど出ない(筑紫との連合に矛盾)
2 環濠がない
3 むしろ環濠はその前の唐子・鍵にある
4 武器的な威信財が皆無
5 建造物も弧文も紅花花粉も仮面も、すべて祭祀都市であったことを証明
6 生活観が皆無の王宮か?
7 他国からの大量土器の出土からは「見るあるもの少なし」だった女王のイメージはない
8 狗奴国と争った痕跡も皆無
9 唐子・鍵と纒向の住人の生活観に共通性が皆無
10 見るあるもの少ない女王の住処なら近江の伊勢遺跡などのほうが巨大で条件を満たしている(これは考古学者も認めているものが多いようだ)
11 吉備型の特殊器台を纒向古墳群は墳頂に立てていない(吉備式の祭祀を重要視してない可能性。しかし弧帯石は出てくる矛盾) 

イメージ 7


やはり卑弥呼のいた初期邪馬台国は九州周辺でなければならないと感じ始めている。
 
大和はもっと掘られるべきだろう。
そして九州は何している?というのが今の感想である。




勘違いしないでいただきたいのは、筆者は考古学の考察をまったく否定しているのではなく、もっと納得できる詳細な比較をしてから想定をしていただかないと、首を傾げてしまうと言っているのである。納得できればよし。できねばただの強引な決めつけだとするしかない。ファンを甘く見るなと言いたいのだ。遅々として前に進まない考古学には最近、がっかりしていますので



















この記事に

開くトラックバック(0)

戦争になりますか?

なるわけないでしょ。

なぜ?

なったら核戦争。

でも。

欧州は大統領選挙で逃げていますでしょ?英国の選挙だって、なぜいまごろ急に言い出したかです。戦争したくないからでしょ?欧州に金はない。だから連合軍になってないでしょ?アメリカ単独でしょ?なるはずない。


でも・・・中国も空軍を動かしてる・・・。


あれが北との戦いのためと決まっていませんよ。突然アメリカに向かってくるかもしればい。しかもロシアだって、小ずるいキツネですからね。ほらが峠を決め込んで、あそこはいつも戦局次第で必ず出張ってくる。そういうアジアで、アメリカが短騎で戦争始めるはずがない。北が切れたら話はわからんが、切れたら死だと知らない馬鹿じゃないですよ。



近所にシェルターなんてないんです、日本には・・・


あ、そう。
♪俺もな〜いけど心配スンナ。
ぼくなんか呑んでますよ。
ミサイルを待ちながらたそがれの一献。


♪見ろよ青い空〜〜白い雲〜〜〜

そのうちなんとか、あ、なるだろう〜〜〜





気に病むな。大丈夫、だいじょうぶ。
















この記事に

開くトラックバック(0)


Q 弥生時代のように朝鮮半島から戦争回避する難民が大挙してやってくるんでしょうか?

A 来ませんよ。

Q なぜ?

A ミサイルですから、離れた九州のほうが米軍基地がある沖縄や山口に近いじゃありませんか。

Q あ、そうか。

A ミサイルの死角は、むしろ反対に足元ですよ。



じゃあ、魏志倭人伝のようなことにはならないな。むしろ海外へ逃げましょうな。現代なら。











この記事に

開くトラックバック(0)


櫻井よしこじゃないが、今このときに、ニュースのトップに真央ちゃんですか?的な事態が刻一刻と、静かな恐怖を道連れにしてじわじわ迫っている。

やっとバラエティニュースもそこに気付いたのか、徐々に北朝鮮緊迫化ではじまるようになった。

そうなのだ、今、私たちは歴史が大転換するかも知れない時間を生きている。

これまで、核兵器をもっている国を、核兵器を持っている国が攻めた前例はない。皆無だ。核兵器はいわゆる「抑止力」のための「使わないみせかけの武器」=カリスマ武力だとされてきた。しかし、今、現実に世界最大の武力を持つアメリカが、じわりじわりと朝鮮の海を包囲しようと攻め寄っている。


日本国民の心も、北朝鮮の人々も、韓国も、しかし、心そこにあらずを演じている。そんなこと起きませんよというように、ほかの事件を書きたて、韓国などは大統領選ばかりが、北朝鮮では軍事パレードに、それぞれ迫り来る恐怖に気付かぬふりをして、うっちゃろうとしている。それが東アジアの伝統的古代的な「忌み」思想であることは間違いない。東アジアはいいと悪いに関係なく、一致して「言霊」思想の世界にあるのだ。

言い出さない。逃げ出さない。怖がらないふりをする。

しかし内心は心臓が破裂しそうに戦々恐々としているはずだ。




筆者は、ここに来ては、もうじっと見つめるしかないのであり、何よりも、それを苦痛ではなく、歴史の証人として冷徹に直視しつつも、達観して、何が起ころうと北は変わらねばならないのだというアメリカの考え方を認める側に立っているのである。いや立つしかない。西側の自由主義の勝利を待つのが日本の立場であろう。


さて、世界はいつかはひとつの世界になり、平和で共存できるようにならねばならない、というのは筆者も子供のころから信じてきた未来像である。そのことは自由主義社会の共通の未来像。北朝鮮や中国やロシアや中東は、その西欧的理想世界像を否定する世界にいる。北は、さらに中国共産主義とロシア社会主義とアメリカ自由主義の交差する場所にあって、それらの対立のアンチ緩衝地帯としてのみ生きながらえてきた特殊国家である。
それは
hr朝鮮半島がそうだった。歴史的にそいう位置に彼ら朝鮮民族は追い詰められてきたのである。これが歴史の必然であることはどうしようもない。


北が滅びることは、韓国人にとってははらからで朝鮮民族の死滅=全朝鮮民族の半減を意味してしまうわけである。それを彼らはどう感じるだろう?と想像してみて欲しい。日本人の例えば東の半分が滅びていなくなったとしたら、西日本人は、あるいはその反対だとしても、どう感じるだろう?



その思いは知ってあげねばなるまい。



知らぬ顔をして怖がっている古代人は、やまほどこのネット上にもあふれていることだろう。なぜ語らぬのか知らぬ。語らねば、やがてあなたは戦争の片棒をかついだことになってしまうとは考えないのだろうか>今語らねば、なんのためにネット上にサイトを作ったのかと問いたい。

この国は自由の国である。言霊などはもう必要なかろう。















この記事に

開くトラックバック(0)


松木武彦は考古学の分析から、2世紀前の邪馬台国は吉備にあり、それが大和に移った・・・つまり吉備は卑弥呼がいた邪馬台国で、纒向に移動して臺與が治めたという考えを述べている。


吉備式土器、楯築型の墳墓様式がそれを示すというのである。

問題は、吉備に人々が集散した、その人々はどこから来たかである。ひとつは吉備の土器を持つ出雲地方ではあろう。しかしそれだけではあるまい。そこに連合国家の首都ができるには、全国からの移住者がなければならない。纒向のような丹後・吉備・東海地方など全国的な人の移住がなくてはならない。
何よりも纒向から九州の土器があまりでないと言うのは、魏志倭人伝の言うような、邪馬台国が九州の奴国や伊都国と連合していたという記事と完全に矛盾してしまった事実なのだった。

松木はまた、倭国王帥升が吉備の王だとも考えているが、それにしては吉備からは、中国的な遺物が出なさ過ぎないか?

そして楯築の弧帯文と、纒向の弧文に、まったくの同じ模様がなくてはならない。しかし、両者には大きな違いが見えている。


イメージ 1
吉備楯築墳丘墓の弧帯文

イメージ 2
纏向遺跡の弧文


吉備の弧帯文には、纒向の弧文のような端っこのデザインの尖りがない。
中央の「目」部分の突起もない。

纒向の弧文が、ゴホウラ貝の断面を組み合わせた可能性が見えるのに対して、吉備の弧帯文は組みひものような、あるいは水引のようなものの渦でできている。

イメージ 3
ゴホウラ貝断面とゴホウラディスク 
目の部分に巻貝特有の独特の突起ができる




両者がしかし、ともに「永遠」をあらわそうとした意匠であることは共通している。

纒向のデザインが、ゴホウラ貝断面を意匠にしているとするならばだが、その源流があったのは弥生時代前期の北部九州の貝輪である。しかし吉備の意匠では貝輪とは別のモデルがあったことを思わせている。



纒向から出てくる土器は、九州のものがないわけではない。福岡や大分宇佐地方のデザインの土器が、数点だが含まれている。一方、吉備には古墳時代に、九州の装飾古墳ができている。しかし時代はずっと遅い。それ以前に、なにか九州的な遺物が出てはいないか?


意外に忘れられている遺物に木製製品がある。
これは実用品が多い。しかし、木は腐りやすく、水辺でしか残存しないので、考古学者はどうしても土器や金属器で編年してきた。
しかし、実は残存する木造品は山のようにあるのだ。
その中にはスプーン・フォーク、ビアジョッキ、コップ、祭祀用具の鳥、なべのふた、などのあらゆる生活用品が含まれている。これを誰も分類できていない。土器よりも、生活雑貨はその様式やデザインが変わりにくいという特徴があり、地域性もよく出ているケースが多い。木造品の分類は早急に進めねばならないだろう(石野信弘)。


吉備からは鏡や銅器や鉄器が九州や纒向ほどには出てこない。しかし吉備から移動した最初の土地であろう讃岐には鉄器が多い。


鏡には1朝鮮鏡(多チュウ細文鏡) 2漢鏡 3ボウセイ鏡の三種類がある。

銅鐸には1朝鮮式小銅鐸 2国内産大型銅鐸がある。
銅鐸には舌があり、正確には外部を叩いて鳴らす「鐸」ではない。それは「鐘」「ベル」である。
弥生前半の銅製武器にはやいばがあるが、後半のものにはやいばがない。前半は実用品としてやってきたが、後半は鉄器が入ったことで銅器の武具としての役目は終わっている。実践用武具が必要な時代とは「倭国大乱」までであり、そこで鉄器が主流になり、銅器は祭祀用に埋衲されてゆく。

環濠はいまだになぜ必要だったかの理由付けがなされていない。いくさの痕跡や、武具が出ない唐子・鍵遺跡には、しかし九重もの堀が掘られていた。これはいくさのためというよりも篭城したかのように見えてしまう。あげくにここは捨てられ、纒向が出現するのに、纒向には環濠も掘もまったくない。矛盾している。
獣から守るべき田畑もない。意味がわからない遺跡である。

想像するに「みるあるものすくな」き山奥の隔絶地帯に逃げ込んだ吉備の人々は、遠く九州の目の前の大陸に起こった混乱を知っていた気配はある。知っていて最初は何重にも堀を掘ってみたのだろう。頭の中で恐怖心だけが渦巻いていたようである。しかしやがて外国からの敵はやってこないことがわかって纒向では堀が作られなかったようだ。つまり纒向は倭国が乱れた時代よりもあとの遺跡だとなるだろう。しかし唐子鍵は真っ最中の遺跡だろう。それは外敵だけでなく国内の狗奴国のような反抗勢力の脅威も消えていたことを語る。つまり纒向は臺與の時代の遺跡であり、唐子鍵は卑弥呼から男王の時代の遺跡、吉備楯築や鯉喰神社遺跡は大乱前の遺跡で、どこか遠いところで乱が起きて、すぐに捨てられたものという解釈が可能である。




だから天皇家、大和朝廷に最も近い時代の遺跡は纒向遺跡であることになる。大和に吉備の勢力が入るのは西部の葛城氏の前身が登場する以前か、同時期だろう。おそらく4〜5世紀前に葛城山の西側に、吉備と葛城の氏族は登場したはずである。つまり確実な天皇氏族よりも彼らは先住した大王だったとなる。だから蘇我氏は葛城を故地としたいと言うのであろう。そこにステータスがあるということに過ぎない。

そのとき大和東部の岡の上(やまのべ)には物部氏、和邇氏などが入っていたと思われる。この東西両者は別の王家を形成していた。それが大同して大王を担いだ。そこに倭五王のような外来大王がやってきたのであろうか?するとそれは「大和朝廷」ではないことになるだろう。大和朝廷と言いたいならば継体以後の話になるはずだ。

蘇我氏がもしや臺與の子孫であるとしたならば、それは吉備から倭の五王とともに?あるいは紀州の紀氏のように筑後から豊国=宇佐、豊前を経由してやってきた氏族ではなかったか?


















この記事に

開くトラックバック(0)

全723ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事