新、愛知限定歴史レポ

メインサイト同様宜しくお願いします。記事中に誤りを見つけたり、誤字脱字を見つけた時は、予告なしで訂正しますので悪しからず。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


前回の岡部又右衛門家跡から伏見通りを北へ約
150mに、右側(東)に熱田神宮西門、
左側(西)に白鳥小学校があり、ここは江戸時代
熱田神宮総検校(権宮司)の馬場左京亮邸跡、
そしてこの辺りを政所(まんどころ)と称しました。

青衾神社はその一隅にあり、神宮摂社の一つで
祭神は天道日女命で、饒速日命の妃で尾張氏の
祖神、高座(倉)下命の母を祭神とする。
鎮座年代は不明であるが、延喜式及本国帳には、
正二位青衾神社の名を見るところより推して、
昔から格式の高い社で、古くは白衾(あおふすま)
社と書かれている。

誓願寺は白鳥小学校の北120mに蒼紋の立派な
門があり、尾張藩主義直女 糸子姫筆観音像、
光義公菅公像、拾遺和歌集、関白秀次文書などが
あったが戦災で堂宇ともに烏有に帰した。

この地がかって、熱田大宮司千秋家の下屋敷があり
平安朝末期大宮司尾張員職(かずもと)の時その娘
蔵子京都の藤原季廉に嫁して季範(すえのり)を生み
この季範の娘が、(由良御前)源義朝に嫁して、
実家の大宮司邸内において生まれたのが後世の
「源頼朝」で後「鎌倉初代将軍」です。したがって
その境内にある井戸が頼朝産湯の井戸であるとは
後世の推定判断。

尾張名所図絵の誓願寺右に「きよめの茶所」が描いて
有りますが、熱田宮に参拝人はここで篭をおり、
塵を払い、身を浄めて参拝にいったという。
この茶屋にちなんだ餅が今の「きよめ餅」です。
店は、大正十二年道路拡張で立ち退き、現在は
神宮境内,「宮きしめん」横に移転しています。

この旧きよめ茶屋のあった位置に、幼い頼朝を
平清盛に命乞いを願いでた池禅尼の「池殿屋敷」
があったと伝えられています。

また図には「こんひら宮」の金刀比羅神社や
現在、旗屋町交差点北角にある全隆寺が隣合って
描いて有ります。
現在の広い道路地形とは隔世の感があります。



(頼朝誕生の地は他にもあり名古屋市瑞穂区井戸田
亀井山龍泉寺が頼朝誕生地との説があり、ここにも
頼朝誕生の時、産湯に使ったという亀井の井戸がある
この事は名古屋区史シリーズ昭和60,8,10発行
「瑞穂区の歴史」に7ページに渡って詳しく書いてあり
こちらの説もなるほどと思わせるものがあり昔、
訪ねた事があり、龍泉寺を地元の老婦人に訪ねたら
「りょうせんじ」と呼ぶと言っていた、井戸はその時
土で半分埋まっていた)



この記事に

閉じる コメント(8)

アバター

源頼朝が 生まれた土地だったなんて 知らなかったわ
きよめ餅 好きです(σ・ω・)σ♪

2009/9/14(月) 午後 11:50 ねこコーチ 返信する

アバター

源頼朝の生誕地が熱田神宮の横とは意外ですね。
坂東武者ですが、父義朝も知多半島で死去していることから、尾張に深い関係があったんですね。

2009/9/15(火) 午前 0:11 月の輪殿 返信する

顔アイコン

ねこ先生コメ&ぽっち有難う御座います、愛知県は三英傑誕生の地と言われますが、源頼朝も将軍でしたので、四英傑誕生の地が正しいですね。きよめ餅は表面にうっすらと焦げ目があるやわらかい餅で、名古屋土産で有名ですね。

2009/9/15(火) 午前 0:12 [ 歴史エリア ] 返信する

顔アイコン

月の輪殿さん訪問&コメ有難う御座います、義朝と由良御前は京都で出会ったが由良御前が実家に帰って出産した為
生まれた頼朝が名古屋生まれとなった訳で、頼朝の弟、義経はなぜか奥州平泉の秀衡のところに行く為、熱田のこの館に一泊しています。父義朝もこの時期、妻の実家である熱田社家の経済力に頼って尾張の地に来たのではないでしょうか。

2009/9/15(火) 午前 0:39 [ 歴史エリア ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。相変わらず精力的なレポ。脱帽です。熱田神宮周辺にこれだけ故事来歴が集中しているとなると、この地にもっと本格的な感心を寄せる必要がありそうですね。宮きしめん、あっさりしておいしかったです。ポッチ

2009/9/15(火) 午後 10:20 [ 加藤勝美 ] 返信する

顔アイコン

加藤勝美さんコメ&ぽっち有難う御座います、熱田は名古屋城が出来る以前から「あつた」の町として存在し、方々に積み石や粗末な縄が張ってあるだけだったのを江戸時代幕府に何度も願い出し、祠が建ったよですが、青衾社の場合、拝殿や御殿があり新氷上社もあったのですが、戦災で社殿が焼失し、再建後は今のささやかな姿です。「宮きしめん」は、きしめんファンの私も美味しく頂いたのですが、名古屋城内のきしめん亭は店内外に「きしめんの由来説明」がありその点、親切でした。

2009/9/16(水) 午前 0:08 [ 歴史エリア ] 返信する

顔アイコン

頼朝の誕生が名古屋とは意外でした。歴史は追及すれば、色々なことがわかり楽しいですね。今度、是非とも名古屋に行ってみたいです。

2009/9/17(木) 午後 11:38 [ sat&sat ] 返信する

顔アイコン

sat&satさん訪問&コメ有難う御座います、今月の名古屋は名古屋まつりで、熱田神宮も本殿などが新装なり、盛り上がります、名古屋にいらっしゃるなら名古屋まつりの時期が一番です。

2009/9/17(木) 午後 11:50 [ 歴史エリア ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事