ここから本文です
みちのく四季の風景
みちのくの四季折々の風景と花の写真などををアップします。

書庫全体表示

記事検索
検索

六角灯台と千石船

 おはようございます。

 曇り空から朝日が漏れています。

 今日の仙台は、曇り夕方から雨の予報になっています。

 予想最高気温は、昨日より少し低い24度です。

 早くも週末です。

 今週もありがとうございました。良い週末をお過ごしください。

 今日の探訪記は、「六角灯台と千石船」です。

 先ごろ、山形県酒田市を訪れた折、酒田港近くの日和山公園に立ち寄りました。

 以前訪れた公園ですが、木造六角灯台や江戸時代に活躍した千石船など懐かしく見学してきました。(2019-5-13)

木造六角灯台

明治28年(1895年)宮野浦に初めて様式六角灯台阿賀建てられました。昭和33年、近代式灯台が完成し、不要となり、現在地に保存されています。日本最初の洋式灯台は、明治2年(1869年)の神奈川県観音崎灯台ですが、木造灯台として残っているのはこの灯台が最古のものと言われています。
イメージ 1

イメージ 2


千石船(北前船)

西回り航路の開拓により、庄内米を酒田港から江戸に回漕するために活躍した千石船を実物の二分の一に縮尺して再現したものです。日本海沿岸をかたどった修景池に白い帆を張って浮かべられています。
イメージ 3

イメージ 4


江戸時代に庄内米の船運に貢献した河村瑞賢の像です。
イメージ 5

公園から酒田港を望む。
イメージ 6

酒田夢の倶楽

 おはようございます。

 青空が広がり、朝日が眩しい朝です。

 今日の仙台は、晴れ。

 予想最高気温は平年を6度ほど上回る27度です。

 今日の探訪記は、「酒田夢の倶楽」です。

 山形県酒田市の山居倉庫の2棟のうち1棟は酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」、もう1棟は庄内米歴史資料館として利用されています。

 「酒田夢の倶楽」では、酒田の様々なお土産を購入することができ、楽しむことができました。(2019-5-12)

「酒田夢の倶楽」の全景です。
イメージ 1

正面です。
イメージ 2

欅に囲まれたオープンテラスです。
イメージ 3

おしんさんに会うことができました。
イメージ 4

お土産売り場です。
イメージ 5

「華の館ミュージアム」です。
イメージ 6

米保管倉庫の山居倉庫

 おはようございます。

 昨夜来の雨がいまも降っています。

 今日の仙台は、雨。昼前から曇りのち晴れの予報になっています。

 予想最高気温は25度で、少し涼しくなるようです。

 今日の探訪記は、「米保管倉庫の山居倉庫」です。

 出羽三山神社などを訪ねた翌日、山形県酒田市の山居倉庫を訪ねました。

 今までに何度か行きましたが、新緑に包まれた山居倉庫の風景は変わっていませんでした。(2019-5-13)

山居倉庫(さんきょそうこ)

米どころ庄内のシンボル、山居倉庫は明治26年旧藩主酒井家によって建てられた米保管倉庫です。
米の積出港として賑わった酒田の歴史を今に伝え、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケーションの舞台にもなりました。
白壁、土蔵づくりの12棟からなる倉庫群のうち、9棟は現在も農業倉庫として使用されています。
米の収容能力は10,800トン(18万俵)。夏の高温防止のために背後に欅並木を配し、内部の湿気防止には二重屋根にするなど、自然を利用した先人の知恵が生かされた低温倉庫です。(以下略)
   (「酒田市公式ウィブサイト」より)

山居倉庫の正面です。
イメージ 1

イメージ 2

二重屋根の倉庫です。
イメージ 3

欅並木に囲まれた山居倉庫です。
イメージ 4

歴史を感じさせる倉庫です。
イメージ 5

欅並木の反対側からの映像です。
イメージ 6


 

鶴岡市の古刹善宝寺

 おはようございます。

 灰色の空から時折日差しが漏れてきます。

 今日の仙台は、曇り、夜遅く雨の予報になっています。

 予想最高気温は27度で、昨日を5度ほど低くなりそうです。

 今日の神社・仏閣は「鶴岡市の古刹善宝寺」です。

 羽黒山の五重塔などを訪ねた後、山形県鶴岡市の善宝寺(ぜんぽうじ)に行きました。
 鶴岡市では最も知られた寺院で、19年振りに訪れましたが、境内は変わることなく静寂に包まれていました。(2019-5-12)

善宝寺(ぜんぽうじ)

この寺は、海の守護神・竜神の寺として全国的に知られており、四季を問わず多くの参拝者が訪れます。境内には五重塔などの貴重な建築物が数多くあり、裏手には、二龍神の棲み家と伝えられる貝喰の池があり、深い緑の中に神秘的な雰囲気を漂わせています。
   (鶴岡市観光連盟ホームページより)

入り口の総門です。
イメージ 1

重厚な造りの山門です。
イメージ 2

本堂への96段の石段です。
イメージ 3

感應殿(本堂)です。
イメージ 4

風格のある五重塔です。
イメージ 5

善宝寺の御朱印です。
イメージ 6

国宝・羽黒山五重塔

 おはようございます。

 朝から強い日差しが降り注いでいます。

 今日の仙台は、晴れ。

 予想最高気温は31度の真夏日になりそうです。

 新しい週が始まりました。

 今週もよろしくお願いします。

 今日の神社・仏閣は、「国宝・羽黒山五重塔」です。

 19年前に訪れた山形県鶴岡市羽黒町の羽黒山ですが、お目当ての五重塔を観ることができました。

 多くの人が訪れていて、古の姿を見入っていました。(2019-5-12)

国宝羽黒山五重塔

羽黒山一の坂上り口の杉並木の中にある。東北地方では最古の塔といわれ、平将門の創建と伝えられている。高さ29m、三間五層柿葺素木造(こけらぶきしらきづくり)の現在の塔は、約600年前に再建されたといわれ、昭和41年には国宝に指定されている。近くには樹齢約1000年、樹の周囲10mの巨杉「爺杉(じじすぎ)」がある。
   (羽黒町観光協会パンフレットより)

国宝・羽黒山五重塔です。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

樹齢1000年といわれる爺杉(じじすぎ)です。
イメージ 4

参道の石段と杉並木です。
イメージ 5

羽黒山五重塔の御朱印です。
イメージ 6

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事