ここから本文です
みちのく四季の風景
みちのくの四季折々の風景と花の写真などををアップします。

書庫全体表示

記事検索
検索

わがやの小さな花

 おはようございます。

 先ほどまで曇っていましたが、少しづつ青空が広がっていました。

 今日の仙台は、晴れで夜は曇りの予報です。

 今日の予想最高気温は26度で、昨日と同じくらいの気温になるようです。

 早くも週末です。今週も有難うございました。

 よい週末をお過ごしください。

 今日の花風景は、「わがやの小さな花」です。

 自宅の庭のそこここに小さな花が咲いています。小さな花をお届けします。

シランです。シランの花言葉:互いに忘れないように・美しい姿。
イメージ 1

イメージ 2

ドクダミです。ドクダミの花言葉:白い追憶。
イメージ 3

イメージ 4

ムラサキカタバミです。ムラサキカタバミの花言葉:輝く心・喜び。
イメージ 5

イメージ 6



 

初夏の南川ダム

 おはようございます。

 久しぶりに朝日が眩しい快晴の朝を迎えました。

 今日の仙台は、晴れ。予想最高気温は26度で、快適な一日になりそうです。

 今日の四季の風景は、「初夏の南川ダム」です。

 宮城県の北部、黒川郡大和町の南川ダムの初夏の風景です。(2019-5-25)


七ツ森湖畔公園

 南川ダムの周囲には立輪水辺公園をはじめ、さまざまな公園が点在している。春は花見、夏はキャンプ、秋は芋煮会などの会場となる。特に約1000本のサクラが一斉に咲く景観は鮮やかだ。全長約6劼陵景眛擦、宮床の信楽寺跡から七ツ森の間をぬって伸びている。
   (宮城県観光連盟刊「ウェルカム みやぎ観光ガイドブック’19」より)

七ツ森湖畔公園の中の、立輪水辺公園の高台の樹間から見えるダム湖です。
イメージ 1

イメージ 2

美しい水面の南川ダムです。
イメージ 3

ダムの上流部からの景色です。
イメージ 4

湖畔の対岸にある宮橋公園からの風景を魚眼レンズで撮りました。
イメージ 5

イメージ 6

 おはようございます。

 今朝も灰色の雲に覆われています。

 今日の仙台は、曇り、昼過ぎから夕方晴れの予報です。

 予想最高気温は平年より少し低い21度です。

 今日の花風景は、「マクロで撮ったシャクヤクの花」です。

 宮城県の北部、色麻町(しかまちょう)の愛宕山公園は、花の名所として知られていますが、この時期はシャクヤクの花で埋め尽くされていました。

 昨日も投稿しましたが、今日はマクロで撮ったものをまとめました。

しゃくやく【芍薬】

ボタン科の多年草。葉・花ともに同属のボタンに似るが、木本にはならない。中国北東部の原産。茎は高さ約60センチメートル。5月頃茎頭に紅・白または黄の重弁・大形の美花を開き、観賞用に古くから栽培、園芸品種が多い。根を乾燥したものは生薬の芍薬で、鎮痙(ちんけい)薬・鎮痛薬として煎用。わが国の山地にはこれに似て小型のヤマシャクヤクが自生する。貌佳草(かおよぐさ)。〈季・夏〉
   (「広辞苑」より)

シャクヤクの花をマクロレンズで撮りました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

船形山を背景に咲くシャクヤクの花。
イメージ 5

風に吹かれて。
イメージ 6

色麻のシャクヤク

 おはようございます。

 今朝も厚い雲に覆われています。

 今日の仙台は、雨、昼から曇りの予報になっています。

 予想最高気温は、平年を4度下回る18度で、昨日より低い気温になるようです。

 今日の花風景は、「色麻のシャクヤク」です。

 宮城県の北部、色麻町(しかまちょう)の愛宕山公園のシャクヤクです。

 この公園は、国道457号沿いの高台にあり、桜、シャクヤク、アジサイなど花の名所です。「色麻町農業伝習館」やパークゴルフ場などがあり、憩いの場として知られています。

 見ごろになったシャクヤクの姿を楽しんできました。(2019-5-30撮影)

色麻町の愛宕山公園のシャクヤクです。
イメージ 1

「カッパのふるさと」といわれ、カッパをイメージした農業伝習館の建物を背景に、シャクヤクが咲き誇っていました。
イメージ 2

シャクヤクの花ことば:つつましやか・はにかみ・恥じらい
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

樹間のツツジ

 おはようございます。

 灰色の雲に覆われた朝です。

 仙台は、先週土曜日(8日)に梅雨入りしました。

 今日は、曇り、所により昼過ぎまで雨の予報になっています。

 予想最高気温は、平年を3度下回る19度で、梅雨寒の一日になりそうです。

 新しい週が始まりました。今週もよろしくお願いします。

 今日の四季の風景は、「樹間のツツジ」です。

 宮城県の北部、大衡村の昭和万葉の森を訪ねた折、園内の散策を楽しみましたが、新緑に包まれた木々の間からツツジを見ることができました。

 可憐な姿のツツジを楽しみました。

レンゲツツジ     ツツジ科

■分布:北海道南西部、本州、四国、九州 ■開花時期:5〜6月 ■落葉低木

 山地の高原に多く、湿原でしばしば群生する。庭木にされ、花色が一風変わった朱橙色なので、花材にもされる。株立ちし、よく枝分かれして、こんもりと茂る。葉は結実のころ赤味を帯びて目立つ。新葉と同時に直径5僂曚匹硫屬咲く。全体に有毒成分をもつ。
   (永岡書店刊「樹木ガイドブック」より)

園内のところどころの樹間に咲くレンゲツツジです。
イメージ 1

イメージ 2

ツツジの花ことば:愛の喜び・情熱・初恋
イメージ 3

イメージ 4

黄色いツツジも見ることができました。
イメージ 5

オオムラサキでしょうか。
イメージ 6


 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事