ここから本文です
ユメタマとシェルパで行こう🎵
ずいぶん涼しくなってきました
H30年10月8日(祝)
この日はナデシコ先輩が九州最後の炭坑があった「池島」に渡るということでしたのでユメタマ号で同行することにしましたちょっとだけ朝寝坊したけど諫早の某所で無事合流して夕陽ヶ丘まで最短ルートで軽快に走ることができました
イメージ 1久しぶりのko-ichiroさんと途中偶然会って道の駅でしばらく話をしてると乗船時間が迫ってきたのでそのままシーサイドツーリングして瀬戸港で乗船手続きを待ってると船会社の人が寄ってきて10月からダイヤ改正したので瀬戸港からの次の便は12時44分しかありませんよと言う・・・万事休すなのかイメージ 2イメージ 3※今後のために最新版の時刻表を掲載しておきます
しかし神の浦港まで今から爆走すれば10時30分の便にギリギリ間に合いますよという驚きのアドバイスを貰って慌てて爆走して何とか乗船に成功しました
イメージ 4観光で訪れる方々のほとんどが港に車を置いて人間だけ渡るのでフェリーの車両甲板はとても寂しいのですいわゆる貸切状態
採算が取れるか心配約30分でフェリーは池島に到着します
イメージ 5下船してまずは軽く島を1周することにしましたが最初に目の前に現れる廃墟化した大きな煙突を持つ工場は「旧発電造水施設」ですが昭和41年に日本で始めて設置された海水を真水に変えるという画期的な施設でしたわたしよりもちろん先輩でございますよ
イメージ 6廃墟化したアパート周辺は撮影か何かやってて人がたくさん居たので後で回ることにしてお先に「ジブローダー」の見学をしましょうと思ったら立入禁止になってるじゃなイカ!以前は自由に入れたのに残念ちなみに以前行ったときの記事はこちら
イメージ 7仕方が無いのでフェンス越しに記念撮影しますがジブローダーとは製品になった石炭をシップローダーへ通じるコンベアへ移動する産業機械でございますが鋼鉄恐竜と呼ぶに相応しい
イメージ 8更に進むと石炭を運搬船に積み込む「シップローダー」と呼ばれる産業機械が使われなくなったそのままの姿で佇んでおります渡り廊下みたいなコンベアが無くなってるので何か物足りないちなみにアームの先っちょに装着された機器が「トリンマー」と呼ばれるもので間違って解説されてることが多いので注意が必要ダ!
イメージ 9場所を移動してトロッコ列車の前からシップローダーとジブローダーのコラボ写真を興奮気味に撮影してると軽トラックに乗った炭鉱マン風のおっちゃんに声をかけられましたイメージ 10バイクで渡るとフェリーの時間の兼ね合いでツアーに申し込めないので残念ですねみたいな話をすると今日だけ特別に坑道を見学させてくれるという救世主現るイメージ 20いいぞホリケンさんありがとうホリケンさん堀之内謙二さん
イメージ 11坑道入り口のデカイ配管が錆びでボロボロになってフランジ残しで切断されてる様は哀愁を感じずにはいられませんなイメージ 22
イメージ 12真っ暗な坑道に電気が灯されて奥のほうまで線路が続いてる様子を見ることができましたがツアーに申し込むとトロッコ列車に乗って坑道を見学することが出来るのですよしかも「炭坑弁当付き」で至れり尽くせりでこれは1度は行っとくべきでしょ
イメージ 1310分くらいの特別ツアーも終わっていよいよわたしが1番撮りたかった廃墟化した8階建て高層アパートへ進みましたが今はもう誰も住んでません最盛期は人口8000人だった小さな島は現在は140人ほどに激減してしまいました小学校は生徒は1人です
イメージ 14ツアーに申し込むと観光用に用意した使われなくなったアパートに入ることができるそうですが普段はもちろん安全管理の理由で入ることは出来ませんのであしからず
イメージ 15外からアパート群を眺めて当時の暮らしぶりを想像するのですが軍艦島と同じで西海の小さな島に最新の設備が整った生活があったんでしょうねぇ。。。
イメージ 16昭和30年代から40年代にかけて日本のエネルギーの供給の主体が石油に変わり更に安い外国産の石炭に押されてついに平成13年に閉山したそうです
イメージ 17帰りのフェリーに乗る前に炭坑の全景が見えるのですが第一竪坑の周辺の建物は劣化して半分崩壊してるように見えましたが危険なような寂しいような何とも言えない気持ちになって島をあとにしました最終的には軍艦島と同様に無人島になるんじゃないのかな
イメージ 18神の浦港で下船してシーサイドツーリングして西彼大島に渡ってみましたここから観る大島大橋が一番いいと思ってますがいかが
イメージ 19あらカブのバス停に是非行きたいとのリクエストにお答えしてついでにバイクごと喰われていただきましたが大変満足のご様子
イメージ 21とまあこんな感じのマニアックなツーリングもたまにはいいんじゃないでしょうか最近遠くにツーリング行ってないのでどっか行きたいなぁ・・・ではまた

この記事に

最近ブログをサボってますが何とか生きてます
台風が2週連続で来たり所用雑用でなかなかバイクに乗れませんでしたが久しぶりに本日乗れましたので日記でも書いてみようかと思います
H30年10月7日(日)
前日の台風の影響で一部路面が濡れてるところもありましたがのんびり島原方面へ走ってみることにしました
イメージ 1今日はパターンを変えて小浜の先から諏訪の池へ上ってみましたがここはいつ来ても静かなのでまったりするにはいいところです少し池の水位が低いように感じましたこの先の国道389のあまり陽が当たらないところはウエット&枝&落ち葉&苔で結構危険な状態でしたので慎重に〜
イメージ 2県道を下って久しぶりの鶏の白石さんでお持ち帰りのから揚げ3人前を購入しましたここのから揚げは何度食べても旨いイメージ 4揚げたてはホントに美味しそうですがここは我慢明日のお昼ご飯になる予定なのです
イメージ 3ユメタマ号はリアシート下のスペースが広いのでペットボトル500mlとから揚げ3人分と車検証とETCの機械と電圧計と工具が余裕をもって収まりますが今時のスポーツバイクももう少しスペースがあったらいいのになぁやっぱりスタイル優先なの
イメージ 5国道をのんびり流してると漬物屋さんにヘリコプターが展示してあったのでUターンして戻って写真を1枚
イメージ 7現役を引退した機体を展示してあるようでしたが詳しくは画像をご覧ください
イメージ 8久しぶりの眉山ロードを気持ちよく走って平成新山ネイチャーセンターまで行ってみましたが平成新山は残念ながら雲の中紅葉が始まってましたもう秋なんですねぇ
イメージ 6何度も裁判があってどうなってるのかよくわかりませんが。。。諫早湾干拓堤防道路:直線7キロの道路を渡りましたがまじめに常識的なスピードで走ると途中で飽きてきます
イメージ 10一度車庫に戻ってコンディション維持の為にシェルパ号に乗り換えて近くの舗装林道に散歩気分で入ってみましたが台風の影響がモロに出てるじゃなイカ!イメージ 9念の為にオフブーツを履いて行きましたがこれでコケても安心です久しぶりに履いてみたけどやっぱり少し硬くなってたなぁ・・・
イメージ 11ロードバイクでは絶対に走りたくないような路面状況でもそれなりのペースで走れるのでオフ車はそんなところが魅力だし楽しいですね
イメージ 12広域農道で対岸の大村の町並みを眺めつつコーヒーを飲みましたがお気に入りの景色です最近仕事でストレスが溜まってたけど少し発散できたような休日でございました

この記事に

約1ヶ月ぶりに生存報告がてらブログを更新します
イメージ 1ユメタマ号はあれからどうなったの修理は終わったのと各方面よりご心配していただきありがとうございました予想通りレギュレーターのパンク(故障)でして若干ですが熱で本体が変形してました。。。今年の夏は特別暑かったけどその割には結構乗ってましたからねぇバイクも壊れるよねぇというわけで部品の取替えのみで1日であっさり直ってしまいましたちなみにレッカー代金は任意保険のロードサービスに入ってましたので負担はゼロでございましたよ備えあれば憂い無し保険代払ってるのでいっぱいバイクに乗らなきゃ
H30年9月22日(土)晴れ
今日は久しぶりの晴天でお出かけ日和でしたが午前中は健康診断の再検査で病院に行ってエコー検査をやってもらってまたもや採血されてヨロヨロ〜って感じ大丈夫なのか俺は
その後フェリー乗り場付近に用事があったのでターミナルに入ってみると
イメージ 9辛いのを見つけてしまった仕方ない入ってみるかな
イメージ 10なかなかパンチの効いた辛さで値段もお手ごろ
イメージ 2午後からフリーになったのでユメタマ号に乗ってショップへオイル交換に行ってみました実に1カ月ぶりのライドでした
イメージ 3気になるアソコも診てもらって特に悪いところも無さそうだしせっかくなので雲仙にでも走りに行きましょ
イメージ 8まずは愛野展望台のところに最近リニューアルオープンしたカステラ屋さんの自慢の庭園を見学に行ってみたけど当初の設計と何か違うなぁ
イメージ 4いい天気で視界もクリアでしたので仁田峠まで上ってみたけどもう肌寒いくらいでした売店の温度計は17度を指してましたよ秋もだんだんと近づいてきてるようです
イメージ 5以前オイルが撒かれるという事件があった別所ダムルートを行きも帰りも走りましたが特別路面は変わった様子も無く普通に走れてよかったです
イメージ 7望遠にて中盤のセクションを撮ってみましたしかし何度走っても高低差のあるスリリングな路でございます
イメージ 6飯盛南部広域農道をのんびり流してると向日葵畑があったのでUターンして戻って写真に収めましたが平成最後の夏もいよいよ終わりなんだなぁとちょっと寂しい気分になりました
やっと過ごしやすくなってきたので活動開始しますよ

この記事に

H30年8月19日(日)
今日はゴロ合わせでバイクの日でしたね
もちろん今年もバイクに乗りますとも
イメージ 1でもその前に初盆用の祭壇を葬儀社さんが引き取りに来るので朝から片付けと掃除に明け暮れました改めて見ると立派な祭壇でを作っていただきましてとても有り難かったです
イメージ 2というわけで10時過ぎから東に向かってバイクを走らせながら今日はどこを走ろうかななどと思いつつ前々から気になってたライダーさんにご挨拶をよく見たらマフラー3本出しじゃなイカ!
イメージ 3ときに去年のバイクの日は球磨川沿いで軽い熱中症にかかってしまったので今年は出来るだけ近場で涼しいところに行きたいな
イメージ 4諫早からお気に入りの林道を抜けて多良岳横断線を散歩気分でのんびり流します本来ここはトレッキングバイクのほうが断然走りやすいんですがソロなのでまあゆっくり走りましょ
イメージ 5道路に穴はあいてるし砂利は浮いてるし小枝や枯葉は散乱してるので用心しながらマイペースで流しました
イメージ 6山茶花高原の風車のところで夏らしい空が広がってましたので写真を撮りつつ今年のバイクの日はノントラブルでいい1日になりそうだなと思えましたしかしまたもや思えただけでした
イメージ 7ピクニックパークの売店でミントソフト250円を頂きましたがリーズナブルでとてもナイス水分も補給して準備オッケー
ここからは更に林道を20キロ走ってR444に抜けて大村へ下ろうかと計画してスタートしたんですが4キロくらい走ったところで突然激しくノッキングして完全にエンジンが停止してしまいました押しがけしてもエンジンかかる気配なし・・・万事休す
山の中で電波が届かない圏外エリアで通る車も一切なしでしたイメージ 8先ほど休憩したピクニックパークまで約4キロほどの道のりを歩いたり走ったりで汗だくで戻って応援呼びましたとも携帯電話が繋がって1時間くらいで来てくれたのでほんと助かりましたよやっぱりバイクの日は何かあるなぁイメージ 9ハッキリした原因はまだ分からないけど怪しいのは電装系でこのころ製造されたKawasakiはちょっと持病持ちみたいですでも来年のバイクの日も懲りずに乗りますよダイレクト買取は無しで修理してしばらくは乗るつもりです

この記事に

灼熱の歓迎ツーリング

H30年8月12日(日)
今日は東海地方からひろ號くんが長崎まではるばるバイクでいらっしゃるということでご一緒させていただきました
イメージ 1少し早めに家を出まして国宝大浦天主堂の前で記念撮影などやってみましたが朝の早い時間なら大丈夫しかしながら拝観料金1000円はちょっと高いような気がしますが
イメージ 2まだまだ時間がありましたのでお次は産業遺産のジャイアントカンチレバークレーンを長崎港の岸壁から撮影してみたけど夜も雰囲気良さそうなので次回チャレンジしてみたいね
イメージ 10ちょうど五島福江島行きのジェットフォイル「ペガサス」が方向転換して港を出て行くところでしたのでKawasakiつながりで1枚
イメージ 3到着が少し遅れそうとの連絡が入ったので出島ワーフに移動して観光丸と2ショットはいいけどバイクを押して移動したので汗だくじゃなイカ!
イメージ 4その後ひろ號君と無事に合流して大浦天主堂を拝観して歓迎ツーリング開始何台いたのかは数えてませんでしたがいっぱいです
イメージ 5信号待ちでバイクを降りて写真撮ってみたけど皆さんこんなに暑いのに元気ですね
イメージ 8後ろから見たらこんな感じだったようです画像はブラックさんから頂きました
イメージ 6イメージ 9バイクを乗り換えた方や初めましての方や復活された方など今日はたくさんの人と話ができていい1日でしたちなみに風のうわさで聞きましたがこの日の夕方にホームコースを走って完全に復活されたそうです
わたしと素面さんは所用のため途中で離脱して三河内から高速で帰りましたが高速道路でも熱風が容赦なく吹いてきてブーツは低温やけどするくらいに常に熱かったですヤバイくらいでした
イメージ 7今までバイクに乗ってきて一番暑かったんじゃないかと思います
こんなに暑い中、西の果てまでツーリングに来てくれてありがとうございました熱中症に気をつけて楽しい旅を続けて欲しいと思います

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事