ここから本文です
ユメタマとシェルパで行こう🎵
喪中につきしばらくは大人しくしておきます

忌中につき

イメージ 1
今週火曜日に母が亡くなり告別式も無事に終わりました
忌中も喪中も忌服も分からないわたしではございましたが
「喪主」ということで今回いろいろ勉強いたしました
しばらくは大人しくしておかなけばなりませんが
やらなければならないことがたくさんあり過ぎ〜
ブロ友さんの記事を参考にすると・・・
気にしたら負け「こちら」
仕事は2週間くらい休んでもいいのかな?

コメント欄は閉じさせてもらいますが「ナイス!」押してもらえると元気が出ます

この記事に

H30年3月30日(金)
久しぶりに平日にお休みが取れましたので朝からユメタマ号をプレクサスで隅々まで磨きながらさて今日はどこにお花見に行こうかな
う〜ん、どうせ行くならプレミアム感のある桜を観たいな
イメージ 1というわけで海岸線を流して大瀬戸港までやってきましたよ
イメージ 2オサーンは200円でバイクは大型であっても150円で乗船できるのでとってもリーズナブルですありがとう市営船
イメージ 3でもね、ほぼ手荷物扱いなのでそのへんはご了承願います
そんで約10分足らずの船旅で西彼松島に到着しました
早速目的地へ直行しますよ何てったって滞在時間は約1時間しかないのだから
イメージ 4福山雅治氏の名曲「桜坂」のイメージになったと言われている桜坂がこの松島にはあるんですイメージ 17
もう少し上まで上ったところが一番綺麗だったので記念撮影しましたが設置されたスピーカーからは桜坂の歌が流れてましたよ
さすが平日の離島は人が居ないのでほぼ貸切状態でございました
イメージ 5せっかくなので島内にある「日本一小さな公園」にて記念撮影
イメージ 6でもホントは「日本一小さな男」じゃなイカ!
イメージ 18乗船時間が迫ってきたので再び桜坂に寄って思い出に残る1枚を
福山氏がこの坂をイメージしてあの名曲「桜坂」を書いたんだと思うとちょっとだけプレミアムな気持ちになりました平日万歳
イメージ 7下船した後はN新聞に載ってた七ツ釜の桜祭り会場へと寄ってみましたが菜の花と桜のコントラストがとても綺麗でしたよ
イメージ 8
イメージ 16
ちょっと足を伸ばして大島まで渡ってあらかぶのバス停でコーヒー休憩したけどこんな車庫があったら楽しいかもしれませんね
イメージ 9自転車の練習でいつもお世話になってる伊佐ノ浦ダムまでやってきましたがダムの周りの桜がまさに見ごろでバイクをとめてしばし桜の木の下でのんびり過ごしました今年の桜はすばらしかった
土曜日は午前中は私用雑用で終わってしまいましたが午後からシェルパ君に2輪用のETCを取り付けてショップへオイル交換に行って強引な無料点検もお願いしてすみませんでした
イメージ 10試運転ついでに前々から気になってた丘の上の桜まで行って見ることにしましたどうやってあそこまで行くんだろ気になる木〜
イメージ 11地元の農家のおじいちゃんにお尋ねするととても親切に教えてくださいましたもちろんここは誰も来ないようなところなので1人で段々畑と桜を満喫できましたちょうど眼下に線路が見えますのでシーサイドライナーが来るともっといいロケーションになったに違いありませんね
日曜日は素面さんの舌が「竹林」になってしまってたのでお供することにしましたがイメージ 12イメージ 13セパハン仕様のZ900RSかっこよかったですよんミラーもショートタイプのほうがいいねいつのまにやらバックステップも入ってるし〜
イメージ 14イメージ 15鬼さんが若干混ざってたので終始ジェントルなツーリングだったのかは不明ですが週末は久しぶりにバイク三昧で大変楽しゅうございましたまた行きましょうね夜のツーリングもよろしくです

この記事に

年度末の仕事も落ち着いたかに思えましたがなかなか時間が取れずブログも更新出来てませんが・・・
桜も散りそうで仕事に集中出来ずにソワソワするわたしです
イメージ 1ときに先週末予定通りしまなみ縦走2018に参加してきました
今回は1日で今治〜尾道間(150キロ)を往復するというかなりハードな工程でした大丈夫なのかオレは〜って感じでした
イメージ 2途中船に乗り遅れたり足が攣ったりひざが痛くなってペースダウンしたりのトラブルに見舞われましたが何とか制限時間ギリギリで無事にゴールできましたまだまだやれば出来るかもイメージ 3実走距離はサイコン読みですが約120キロで100キロ越えたライドは初めてでした予想はしてたけどオシリはかなり痛くなりましたね
まだじっくり写真も観てない状況ですがダイジェストにて書き留めておきたいと思いますイメージ 4大分県佐賀関を22時に出る国道九四フェリーに乗り込んで九州脱出し今治港に6時にはスタンバイ完了私達の「しまなみ縦走2018」の往復コースがここから始まりましたイメージ 5寄り道が好きな我々が最初に高速船で向かったのは「しまなみ海道」ならぬ「ゆめしま海道」生名大橋をバックに超ご機嫌
ウエアはもちろんKAWASAKIカラーで統一してますイメージ 6弓削大橋にて序盤からテンションマックス状態でしたがここは正規ルートじゃなかったので貸しきり状態全てがうまく行くような気がしました(気がしただけだったかもイメージ 7渡船にて正規ルートに復帰して因島に上陸したあとは自転車愛好家のふりして自転車神社で記念撮影とお参りをしましたが巫女さん曰くこの写真がフェイスブックに載るらしいですイメージ 8因島大橋のみ唯一橋の下に人と自転車と原付が走れる専用の通路みたいな路が造ってあるのでこの場所だけ異空間なのですよイメージ 9因島大橋の外観は近代的な構造物って感じですがしまなみ海道に来たな〜って感じで個人的にはお気に入りですイメージ 10しまなみで一番の人気スポットと言ってもいいんじゃないかな
サイクリストの聖地でわたくしも愛好家のふりして記念撮影をイメージ 11今年も寄り道して覗いてみました「しまなみ造船」の建造現場
若干不審者かもしれませんがコレくらいは全然大丈夫でしょ
でっかいタンカーにモエもえ〜イメージ 12今年も運命的な出会いともにいさんと偶然「道の駅よしうみ」でバッタリ会ったけど来年はちゃんと事前に連絡しようっと松山からフェリーで帰るらしいけどその手もアリだねイメージ 14最後の来島海峡大橋は向かい風と疲労で17時の制限時間に間にあうかどうかの瀬戸際だったけど5分前に無事にサンライズ糸山にゴール出来て勝手にドラマチックなラストを演出してしまったかもしれませんが達成感ありましたよイメージ 13次の日は早朝から「東洋のマチュピチュ」と名高い別子銅山遺構の見学をしたり〜イメージ 15西日本最高峰「石鎚山」登山にも挑戦してみましたアイゼンも当然持って行きましたが山頂まではさすがに無理やろ〜イメージ 16帰りに近代化産業遺産の「長浜大橋」にも寄り道して「グラマンによる機銃掃射の跡」をたくさん見つけてモエ〜っとなりましたイメージ 17写真とネタが盛りだくさんで5回にくらいに分けないと書ききれないかもしれませんがイメージ 18時間を見つけてがんばって書かなきゃと思ってます
ところでスムージーって何だ

この記事に

H30年3月11日(日)
前日は週末の土曜日にも関わらず3時間も残業してヨロヨロしながら帰宅し1週間の疲れも溜まってたので早めの就寝
そんで朝3時に起きて身支度して4時過ぎには出発しました
ほんとに大丈夫なのかオレは
イメージ 16時の有明フェリー始発便に乗ろうと思って張り切って家を出たのはいいけど5時ちょっと過ぎに港に着いてしまって係りの人もまだ誰も来てないし〜
キャンペーン中につき軽自動車は1000円で大型バイク1100円よりぜんぜん安いじゃなイカ!
イメージ 2熊本に渡ってやぎさんと自転車を積み込んで積載方法の確認などを入念に済ませてまずは山鹿で腹ごしらえすることにしました
イメージ 3わたしの勝手なリクエストではございましたが疲れたオサーンは馬刺し重が食べたかったので(馬力アップ)今回で2回目「彩座(いろどりざ)」に突入しましたよ
イメージ 4山芋とろろ入りの特上までは注文しませんでしたがノーマル馬重セットでも十分なボリュームと内容です1000円からお釣りが来ますが以前はもっと安く提供されてたんだとかマジっすか
馬でも牛でも豚でもそうですが命を頂くということに改めて感謝をしなければなりませんねご馳走様でした
イメージ 5元気も出てきたところで本来の目的の自転車合宿を始めますがわたしが年度末の仕事に追われてほとんど自転車に乗れてなかったという言い訳をして今回は「ゆうかサイクリングロード」を無理をせず50キロほどゆるめに走ってみることにしましたウエアがすでにKAWASAKIカラーかも
熊本のと山鹿の鹿で熊鹿(ゆうか)という呼び方をするそうですが馬と鹿じゃなくて良かったな〜などどバカ(馬鹿)なことを考えながら久しぶりのライドで少し不安かも
イメージ 6山鹿温泉鉄道跡を利用したサイクリングロードなのでアップダウンもあまり無く車と隔離されてるので公道よりも走りやすいです
イメージ 7イメージ 9途中道沿いに菜の花が咲いててもう春なんだなと思えるような景色に思わず停車して写真なんぞ撮って練習に来たことをすっかり忘れてしまいましたが
イメージ 8気持ちの良い竹林でサイクリング楽しんでます風な写真
乗ってなかった割にはまあまあ順調に走ることが出来たけど急な登りになると極端に失速してしまうので足の鍛え方が足らないのは明白ですなイメージ 10イメージ 11本来なら上熊本が終点なのですが植木から本線離脱して寄り道することにしました「寂心さん」と呼ばれる大きな樟の木を見に行きましたが「この木何の木気になる木」っぽくて一見の価値あり
大きな木を見ると心も身体も癒されるような気がしますよねイメージ 17ここからは来た道を坦々と帰りますが梅の花もほぼ満開で春だね
イメージ 12残り8キロのところでパンクして困ってるサッカー選手さんと出会って微力ながらパンク修理のお手伝いをさせていただきましたしかし明日は我が身なので親切なフリしつつもこれも全てしまなみ縦走のシュミレーションの一環なのですよインフレーターのボンベ1本と23cのチューブ1本はやぎさんが無償提供して偉い
イメージ 13今日はいいことしたから何かいいことあるよきっとと2人で清々しい気分で自転車を積み込みましたがシートの高さの違いを見て見ぬふりしてしまいましたご機嫌で馬刺しを買って帰ってワンコに襲われながらもつまんで2杯くらい飲んじゃって至福のひと時
イメージ 14イメージ 15すでに出来上がった状態でみんな呼んでホルモン行こうよってことで5人で炭鉱ホルモン「みっちゃん」に突入しましたが飲み放題でお肉もいっぱい付いてきてもう食べれませ〜ん満足満足
自転車の練習に来たのか肉を食べに来たのか良くわからない休日だったけど楽しかったので全てOK〜
日曜日の夜にも関わらずお付き合いしてくださった方々ありがとうございましたちなみに今週の日曜日の夜もどっか肉に行くわよ
しまなみ縦走のイベントは今週の24日の土曜日の早朝に愛媛県の今治港スタートで考えてますので金曜日から移動しますよく考えると今日はもう火曜日なので時間があまり無い空いた時間に準備をしっかりしておかなきゃですね
イメージ 16荷室の半分を縞鋼板(鉄板)風に仕上げて自転車も思い切って2018年モデルのロードバイクに入れ替えましたが人間の準備が出来ないままのスタートになりそう1日で縦走というか「しまなみ往復」しますのでとても楽しみです

この記事に

H30年3月14日(水)

年度末の仕事もやっと落ち着いてきましたし天気も良かったので昼から気分転換にバイクに乗ることにしましたそういえばホワイトデーだったみたいだけどわたしにはあまり関係の無い日ですが何か
目的地は小長井町のフルーツバス停ですが昔からあるので今更何で〜って感じかもしれませんね
実はインスタ映えするということで今注目されてるんですよ
イメージ 1わたしもネットでいろいろ画像を探してみましたがコレいいなと思ったのが上の画像のメロンのバス停です
おそらく雲の感じから夏に撮影したものと思われますが背景に有明海と雲仙岳が写っててこれは確かにすばらしい
イメージ 2という訳で早速わたしも真似っこして何枚か撮影してみました
雲はさすがに夏っぽく撮れませんでしたが春にしては視界もすっきりしてていい感じかな〜船もたまたま浮いてナイスです
イメージ 3それとネットでこんなかわいらしい写真がヒットしたのでわたしも真似っこしてみました題名をつけるなら「バスを待つ女の子」って感じでしょうかでもこの付近で路線バスが走ってるのを見たことが無いのはわたしだけでしょうかね
イメージ 4これはもう完全に失敗作じゃなイカ!とても残念なので再トライでしょうね
イメージ 5帰りにお気に入りの「長崎刑務所跡」へ寄りましたがちょうど夕陽が門のシルエットを映し出して幻想的な雰囲気で得した気分
正味2時間くらいのライドでしたが春を感じるツーリングが出来ました

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事