今日何食べた? 押忍!!おっちゃんの部屋

復活させております『おっちゃんの部屋2』も同時進行中・・・まだまだ頑張らねば

TOP

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

怒り

政府が今回の国会で成立を目指している、集団的自衛権関連法案について一言述べたい。最初に断っておきますが、僕は右派である。時と場合に依っては武力を使用することは、致し方無いと考えているしかしそれは、国の存亡にかかわる時にのみ行うべきで、軽軽に行うべきではないと思う。政府の憲法解釈によって、武力の使用はできるとする政府の見解は、甚だおかしいし疑問である。憲法は国の根幹をなすべきものであり揺るぎないものであるはずだ。それを時の政府の判断で曲げることができるなんて解釈は、噴飯ものであり滑稽ですらある。『私が最高司令官なんです』と国会答弁をする首相を目の当たりにして、この程度の品性と知性の首相しか戴けない、日本という国は悲しい。

紛争地で戦う自衛隊員こそ可愛そうだ。国のためという思いを土足で踏みにじられるような事があったら、彼らは一斉に戦地から離脱するであろう。戦いに意義が見いだせない時、兵士は心が折れる。成り手がいなくなったら、徴兵制を復活せざるを得ない。この時点で日本独自の世界貢献は失われて仕舞うかもしれない。

そもそも憲法改正をせずに、解釈で紛争地に自衛隊を派遣しようとする政府の姑息さは何であろうか。米黒海で来た約束をしたからなのであろうか。こんな重要なことを強行採決をしたら、大木な政治的混乱が発生すると思う。高齢化によって資産を持つ高齢世代と、持たない若い世代との対決に繋がる可能性もある。

いまのままではだめだ。

川尻健裕

気になる

世界遺産。ユネスコによって行われるのだそうだが、どうもこの裏側に金のニオイがして仕方が無い。国際的に認められるのはいいことなのであるが、一縷の不安を感じずにはいられないのである。

やっすい

やっすいなあ〜。60分100円で24時間300円って・・・・やけくそか
イメージ 1





ほっと

洗練されてないけれど、この電車を見るとなぜかほっとするのだ

イメージ 1


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事