草津レインボーガールズ@32:かわしょうのブログ

滋賀県草津市にある小学生女子ソフトボールチームコーチによるブログ

停止

いろいろと考えた結果、本ブログを停止させていただくことにしました。しばらくはこのままの状態で更新はいたしません。

開設した当初は、草津レインボーガールズのチームブログのような形で考えていたのですが、最近はFacebookでもチームの様子を確認いただけています。

また、自分の中でも、このブログなどへの気持ちが低下し、続けられそうにないと判断しました。

4月に入り、ほとんど更新していないにもかかわらず、多くの方に閲覧いただいていることには大変感謝をしています。

長きにわたる、ご愛顧ありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

加古川交流試合

昨日は加古川市で練習試合

春の全国大会にも出場したチーム同士の戦い

大阪府代表 はちかづきプリンセスさん
兵庫県代表 加古川ドリームズさん

両チームとも全国では勝利している

はちかづき戦
エラーからの失点
それも一度起これば止まらない
勝つには勝ったが、内容が悪すぎる

加古川戦
バッテリーエラーからの失点
僅差ではあるが敗戦
負けるには訳がある
四球のランナーがすべて得点
パスボールにワイルドピッチ

打線も繋がらない

んーー

しかし、加古川は遠い…

これから、2時間以上の道のりは遠い❗

加古川さん、はちかづきさん、ありがとうございました🙇

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

この記事に

開く コメント(1)

次は自分のこと

今回の全国大会、自分的にはかなり中途半端な形で終わってしまった
始まりのないまま終わったという感じ。

やはり、1試合もできずに帰ったことが大きい
試合があった火曜日には確かに大事な会議があった
来年度の仕事を左右するような会議
だから、出ないといけなかった

しかし、自分の立場が、今とは違う、例えば監督だったらどうだっただろうか。
もし、自分の子どもが選手でいたらどうだっただろうか。
おそらくレインボーの全国大会を優先していたと思う。

要するに、自分の優先順位がそこになかったということ

年々、自分の中でソフトボール指導者というものが薄れていっているのは確か
自分の子どもがいる間はそのモチベーションは保たれる
卒団すれば下降する
それは当たり前のこと
多くの指導者が自分の子どもの卒団と同時にやめていく

チームの中での自分の役割がいまいち分からない
分からないというよりは、役割はあるのだが、その役割だけではモチベーションが保たれなくなってきている

やめる理由もない
続けるモチベーションもない
仕事ではない
絶対にやらないといけないことではない
それが今のソフトボール

この記事に

開く コメント(0)

9度目の全国大会が終わった
結局、全国大会で勝利したのは昨年春の一度だけで、あとはすべて初戦敗退
んーーーー

全国大会終了後の私のブログ
結構注目されているみたい

なぜかというと、いつも刺激的なことを書くから
別に狙っているわけでもないが、思ったことを書くと、なぜか周りからはそう思われるらしい
今回はどうなるか。
昨年夏の大会終了後は、結局書いた内容が物議を醸し出し、削除(実際は残っているが、非公開なんで私しか見られない)せざるを得なくなったしまった

負けるには必ず原因がある
それが自チームであったり、相手チームであったり、自分自身であったり、大会運営側であったり・・・

今回の原因を考えてみる

まずは、大会運営について
・日程的に終業式が終わってからすぐはしんどい・・・
  1週間学校があり、その次の日には長距離移動
・全国大会の開会式が駐車場では・・・
  これで今回の大会運営のレベルが分かった
・グラウンドコンディションが悪すぎる
  雨と言うことを差し引いても、ぼこぼこのグラウンドや、野球のマウンドがあるなど
・会場作りがしょぼい
  どこがベンチで、どこが観覧席?バックネット裏で応援?・・・等々
・宿舎からのアクセス時間が長い
  子どもたちの負担を考えると、宿舎から30分圏内の場所が理想
・宿泊料金が高すぎる
  素泊まり料金がなかったり、8500円はちょっと・・・
  特に今回はどんどん日程が後ろへずれ込み、勝ってもいないのに宿泊が伸びていき、出費が増えたこともある。姉妹等で4人で参加している家族なら、1日延びるだけで、34000円となる。
・練習場所が確保されていない
  試合会場でできることは限られるので、せめて近隣の学校等を準備して欲しい
・負けたチームの交流戦の設定がない
  遠いところから来て、1回だけ試合して帰るチームが半数以上いるので

どうしようもないこと、直接勝敗に関係のないこともあるし、両チーム同じ条件なんで一概にこれが敗戦の原因と言えないこともあるが、子どもも大人も高いお金と長い時間を費やして参加しているので、全国大会!と銘打っている以上は、それなりの条件でしたいところ。

この記事に

開く コメント(0)

日程が2日も延びたので、結局2チームが優勝ということになったみたい

普段交流の多い、中部地区近畿地区から優勝が出たということは喜ばしいこと
特に近畿からは2チームもベスト4に入り、
ベスト8となればさらに2チームが!!

結果だけ見ると、西高東低という感じがするが、点差はそんなに開いていない試合もあり、実力は拮抗しているか?!

去年の夏がそうであったように、春の戦績と夏は必ずしも比例しない
ここから夏までは丸4ヶ月。
そんなに時間はない。

予選に向けてもそうだが、まずは全国で勝てるチーム作りをどうしていくのか。
これをしっかりと考えないと、またまた同じことの繰り返しである。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事