日だまりの中ほっこりとゆったりと

短い言葉はtwitterで、長くなるとここで呟きます

全体表示

[ リスト ]

7月の第2週目はこんなに暑いの?ってくらい暑かったですね。
水分と塩分、少しの昼寝必要ですね。

学部と違う学問の心得を武道や芸事の言葉で伝えられた記憶がある…(卒業してからかなり経っているので記憶違いがあるかもしれません)
剣道だと日本剣道形というものがあって、基本的な動作が網羅されており、これを習得するのは形稽古と言います。初心者にはとにかく順序を頭に入れて、動作を再現させる。これが出来る少年剣士はそれだけでも可愛いです。
この技能上達のステップは、wikipediaから引用しますね…

 技芸の上達についての言葉で、守破離という言葉がある。 守=まずは決められた通りの動き、つまり形を忠実に守り、 破=守で学んだ基本に自分なりの応用を加え、 離=形に囚われない自由な境地に至るというものである。 つまり形をしっかりと身に付けることではじめて、高度な応用や個性の発揮が可能になるということである。

…引用終わり
よくテレビで、カラオケ採点機に挑戦という企画があるが、「守」がどれだけ出来るかの挑戦ですよね。本人がカラオケ採点機にかかると「離」まで到達してるので、脱線してる部分もあり、満点は取れなかったりする。
基本動作の習得と作った人間の意図を汲み取る;これが出来れば、問題点を把握して、何か自分で改良できることを考える…「離」まで行くにはそれなりの積み重ねが出来ていないともろく儚い。

「のだめカンタービレ」の主人公も「守」が出来ていないで苦労する場面が多かったように見えましたね。自分の解釈が先に立って、枠組みが固まってなく完成度が低い;むしろ譜面に忠実に演奏する方が教える方は教えやすいと。

完成したものを採用する時は、まずその通り使ってみる。
サイクルが一巡したら、問題点が分かって来るので、その抽出。でも、問題点はすぐに否定しないで、なんでこのやり方でやって来たのかと検証…やり方を変えた場合のメリットデメリット検証。この検証が終わってようやく新しいやり方に移行できる。
この繰り返しで、揺るがない、レベルの高いものになるのだと思う。

なんか最近記事が硬いですね…では我が家の庭でも

イメージ 1

ガクアジサイのそばで新しい花が咲きました。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感謝

閉じる コメント(4)

アバター

自然って、癒してくれますね〜

ほっこり (#^.^#)

2012/7/10(火) 午後 8:12 kyu

↑花、今はやりのアガパンサス?

そう、取り合えず真似から始まるんだよね…

道と言う付くものは共通するものがあるような気がしますね、
武道はやったことがないけれど、
茶道は半年ほどかじったことがあります。

かじっただけ、半年じゃ、
一通りのルールすら覚えられなかったけどね…

ピアノもね、自分のものにしてしまうと、
自由にアレンジが効く気がします。

色々弾くのもいいのだけど、一曲にこだわる弾き方も
あっても良いかなぁ〜って思ってます。

あ、毎日あればかり弾いているわけではないのだけどね…

あれくらいしか聴かせられるものがない、
だからこそあれを完璧にって思ってます、
完璧なんてないのかもしれないけどね…

2012/7/10(火) 午後 8:39 tae

顔アイコン

コメントありがとうございます
kyuさん
癒されるものがあるのは幸せですね

2012/7/12(木) 午後 6:01 [ sunshine-tiida ]

顔アイコン

コメントありがとうございます
nekomeさん
そうですね。テレビのモノマネ番組観てると、守破離の様々楽しめますね
離が確立していくと、それだけで芸になる
nekomeさんのピアノも日々成長しているんではないでしょうか
ありがとうございます

2012/7/12(木) 午後 6:04 [ sunshine-tiida ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事