ここから本文です
虹色鉄道
☆Railway trains, Architecture, Gourmet, Characters, …etc.

書庫全体表示

いろいろな本でよく見かける、村野藤吾さんの「そごう百貨店本店」(1935年竣工)。
以前は、このように美しいそごうに、いつか行くのを夢見ていました。

イメージ 1


イメージ 2


現存しないことを知ってからは気にも留めなかったこの百貨店ですが、ある日、この百貨店の天井を飾っていたモザイクが、現在のそごう百貨店に存在すると記されている本を見つけたのです。(大阪歴史博物館編 「煉瓦のまちタイルのまち」2006年)http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2006/brick-tile/brick-tile-item33.html

それ以来、そのモザイクに出会える日を心待ちにしていました。

そして、その日がやってきました。

地下鉄御堂筋線心斎橋駅をあがってすぐのところに、そごう百貨店の本店があります。

現在の建物は、竹中工務店の設計、内装設計はアメリカ・シアトルのキャリソン・アーキテクチャー社が担当。

イメージ 3


イメージ 4


オープン時以来のの広告キャッチフレーズは「なにわ遊覧百貨店」。ショッピングだけでなく、屋上庭園、劇場、レストラン街、昔の心斎橋を復元した「こだわり趣味の街」を歩くことができるようになっています。

私は、ショッピングもそっちのけに、村野藤吾さんの旧建物がのこしてくれた“夢のかけら”を追い求めて、「遊覧」してきました。

そごうの歴史は、初代十合伊兵衛さんが天保元年(1830)、「大和屋」を創業したことに始まります。

イメージ 5


イメージ 6


そして2代目伊兵衛さんが明治10年(1877)、この心斎橋の地に「十合呉服店」を開業したのです。

これ以後2つの建物を経て(そごう百貨店HPより)、
イメージ 7



昭和10年の開店に向けて、百貨店の設計を依頼されたのが村野藤吾さんでした。

「そごうを担当したいきさつはこうなんです。あの百貨店の創立者で、現在顧問をしておられる木水栄太郎社長が私ともう一人の候補者から設計図を提出させて、最後に、村野は工業学校を出ているから機械室のことがわかるだろう、と私に決められたというのです。当時、隣の大丸はすでに完成して、はなばなしく開店していたし、御堂筋はまだ拡張工事中で舗装もできていない。そごうとすれば、文字どおり、のるかそるかの瀬戸ぎわだったのですね。」

そごう側は、村野藤吾さんに会社の命運を託していました。その信頼の度合いは、限りなく大きかったのです。

そごうの命運は、「6割が設計、4割が商売」による、と木水さんは言いました。
木水さんの熱心さに打たれた村野藤吾さんは、
「この人のためになら、そごうの建築に自分の建築生命を投げ出してもいい」
と、思われました。

このそごうの設計のため、欧米外遊(1930)。
外壁はイタリア産トラバーチン大理石(戦前)、藤川勇造さんの「飛躍」の像。
御堂筋から見た景観に配慮した、縦縞のデザイン。
エレベーターの扉には、島野三秋さんの蒔絵。
鶴丸梅太郎さんの天井モザイク。
上野リチさんの天井ガラス装飾。

名建築家の名建築の中に、有名芸術家の傑作がちりばめられたのでした。

建物が解体されれば、その一部でも残ることは稀な今日、そごうでは村野藤吾さんの建物を「モダニズム芸術の大聖堂」と捉え、現在の建物内にこれらの芸術作品をよみがえらせています。

急にここに来る幸運に恵まれ、それぞれの場所を把握していなかった私に、店員の方々は親切に教えてくださり、感謝しました。

まず、7階の「ロイヤルサロン」には、島野三秋さんの
「鉄地漆螺鈿装飾扉」。

イメージ 8


イメージ 9


島野さんは金沢生まれの蒔絵美術工芸家。
これは、旧そごうで、1階エレベーターの扉を飾っていた作品です。
島野さんの作品の中では、「鉄板に色漆と螺鈿」という試みが新しい作品。

イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


次に、「飛躍」の像を求めてエスカレーターに乗っていると、14階から窓越しに見えました。
イメージ 13


屋上庭園「そごうパーク」への自動ドアを入ると左上に雄々しい「飛躍」の像。

イメージ 14


作者の藤川勇造さんは、高松市出身、巨匠ロダンの助手もつとめました。
まさに、そごう、村野藤吾さん、そごうに集うお客様、そして大阪のまちの「飛躍」を願うような像です。

イメージ 15

イメージ 16



ステンドグラス作家、鶴丸さんの作品は、なかなか見つかりませんでした。
「花岡哲象日本画展」開催中の、12階美術画廊の方々のお時間とお手間をとりやっとたどりついたのは、数分前に蒔絵を見た7階のロイヤルサロンでした。

「ロイヤルサロン」は、会員専用のスペース。
モザイクがある受付カウンターへは、一般の方々は足を運ばないところでした。
「昔のそごうのモザイクがこちらにあると伺って…」
と、話しながらも視界には美しいタイルが広がり、そこには大きな星が2つ輝いていました。

イメージ 17



写真を撮ろうとするとすぐに受付の方は移動してくださいました。
ご案内くださった皆様に大感謝。

しかしこのモザイクは、もともと天井にあったものを一度解体し、再構成したものということでした。

私がもっとも見るのを楽しみにしていた夢のかけらは、このモザイクです。
なぜなら、この作品の原画を、村野藤吾さんが描かれたからです。
星座の原画です。

このモザイク作品から、村野藤吾さんの、この百貨店に託された夢を、うかがい知ることが出来るのではないかと思ったからです。

イメージ 18


星座はもう見えませんでしたが、その夢は、いまだにこの百貨店を包んでいるような気がしました。

いまのそごうにあるいくつかの芸術作品は、旧そごうの「断片」ではなく、村野藤吾さんの“夢のかけら”でした。
そう思えるのは、百貨店の人々の心の中に旧建物への感謝と、明るい未来を切り開こうとする意欲が存在し、その思いがこれらの作品を「よみがえらせて」いるからです。
その証拠に、そごうではホームページで「復活」ということばを使って作品を紹介しています。http://www2.sogo-gogo.com/common/516/history/history_2.html

そこに、解体されてもなお息づく村野藤吾さんの「命」の声を聞きました。

「そごうをつくったときは、まったく捨身でしたね。デパートというものは大衆にアピールしなければならない商業建築の極限にあるもので、一歩踏み誤れば人間感覚を悪用した堕落した建築になりかねない。そごうと討死するつもりで、設計にあたりましたよ。」

商業主義に陥ることなく芸術性、利便性を追求し、なおかつ経済社会の発展を実現しなければならないという思いは、村野藤吾さんの「夢」であり、同時に現代への警鐘でもあるのです。

命を懸けるほどまでに、このそごうは村野藤吾さんにとって、特に、大切だったのか、力を入れた建物だったのか…と思ってしまいそうですが、決してそうではないと思います。

広島世界平和記念聖堂の設計の際も、聖堂が完成したら「死んでもいい」と思っておられました。
常に、建築家としての持てるすべてを注ぎ込んだ命の建築、それが村野藤吾さんの建築なのです。

しかし、はっきりと、村野藤吾さん自身が「命を賭けてもいい」と思われた建築、そしてそのお心を私たちが知ることができる最初の建築、それがこの心斎橋そごうなのかもしれません。

なぜ、このように、すばらしい建築家の人生を賭けた建築が、未来永劫受け継いでゆかれないのか…

あたたかい店員の皆様の対応や和やかな百貨店の雰囲気に心安らぎながらも、日々消えることのない疑問が、さらに大きくなった「遊覧」でした。

夢のかけらに出会えた余韻にひたる間もなく、2つの事実に気がつきました。

ひとつは、現在のそごうの建物の設計監修は…「MURANO design」が担当されていること…
そうでなければ、村野藤吾さんの「命」が新しい建物の中で、こうまで息づくことはできなかったかもしれません。

もうひとつは、「遊覧」に見落としがあったこと。

上野リチさんのガラス装飾です。
14階、ホールホワイエ。

ほかの建物でも村野藤吾さんと関係の深かった上野リチさんという女性について、もう少し勉強して、また夢の遊覧へ誘われる日を待ちたいと思います。

イメージ 19

          

写真
冒頭写真、旧そごう階段手摺:「村野藤吾 建築とインテリア」(株式会社アーキメディア、2008年)
2枚目そごう写真:「村野藤吾作品集 1928‐1963」(新建築社、1983年)

引用文はすべて「村野藤吾著作集」(2008年、鹿島出版会)より

  • 顔アイコン

    う〜ん、奥の深いレポート!
    参考になります。(とは言え、私にはとっても出来ないですが・・・)
    古い写真は、なかなか転載が難しいですが、見事ですね。

    Architec

    2009/2/7(土) 午前 11:59

    返信する
  • 顔アイコン

    村野藤吾さんの「命」の声、沢山の写真とともに、響いてきます。
    私にとって村野さんの建築がどういうものであったのか、少し見通しがよくなりました。ありがとうございます。

    りーふ

    2009/2/7(土) 午後 6:14

    返信する
  • 顔アイコン

    デパート、ここまでの奥深い芸術性をわたし達に示してくださる
    kayoさんのレポートは素晴しいわ。
    そごうと言う建物にこれだけの 作った方々の思いや、
    歴史があって、そごうもかよさんに紹介してもらって
    本望でしょうね。
    買い物だけじゃなく奥深い所にわたしも目を留めてみたいです。

    [ 樹璃 ]

    2009/2/7(土) 午後 9:12

    返信する
  • 全く淋しい(゚ーÅ)ホロリ
    限りです。

    現在2011年に梅田も立て替え工事でてんやわんやです。

    阪急はゼネコンが代わり完成が半年延びましたが…

    梅田の地下は色々ややこしいらしく又、すぐ地下水が出るらしいです。

    「ブラックレイン」と言う映画をご存知ですか?

    そのノケで使われた阪急百貨店前にあった「ステンドグラス」の通りを…

    取り壊しの前日は惜しむ人々でにぎわってました。

    残せばいいものを(-_-;)

    全く残念でした。

    [ ジオ ]

    2009/2/10(火) 午後 5:40

    返信する
  • Architecさんのブログには全く及びません!!
    とてもすてきです。
    なにか間違っていることなどあれば教えてください…よろしくお願いします。

    Kayo

    2009/2/15(日) 午後 10:09

    返信する
  • Shinyaさん
    今はもう村野藤吾さんの建物ではないのに、これだけメッセージが伝わってくるのは不思議です。
    それだけ、昔の建物も、残っている芸術作品も、すばらしいのでしょうね。
    お近くに行かれたら、ぜひお立ち寄りください♪

    Kayo

    2009/2/15(日) 午後 10:17

    返信する
  • 樹里さん
    ありがとうございます!
    建て替えられてしまえば旧建物の一部でも見ることはできないことがほとんどですが、このそごうは例外でうれしいです。
    でも、ふつうに買い物をしているだけではなかなか気づかないのではないかと思います。
    「ロイヤルサロン」の部分はとくにそうです。
    美術館のようにすばらしい案内版もありますので、多くの人の目に触れてほしいです。

    Kayo

    2009/2/15(日) 午後 10:22

    返信する
  • ジオさん
    あのうめだ阪急前のステンドグラスがなくなると知ったときは、私はまだ建築のことを全く知りませんでした。それでも、本当に憤りを感じたものです。なぜあのようにもったいないことをするのでしょうか。理解に苦しむ毎日です。
    映画に登場するのですね…見てみたいです。

    Kayo

    2009/2/15(日) 午後 10:25

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    百貨店もこの不況下ではなかなか大変なようで....
    心斎橋のそごうは不採算店となってるようですね。

    大丸が買うというのも凄いなぁと思いますが、お隣のヴォーリズの建物と共に
    かつて競い合ったそごうの建物も大事に使って欲しいですねぇ。

    建て変わったとは言え、村野さんの心は流れ続けてるでしょうから。 削除

    [ ]

    2009/2/17(火) 午後 11:08

    返信する
  • そうなんです、ここは「村野さんの心が流れる」という表現がぴったりのお店です。不思議です…
    建物は使う人の人生、命運に左右されますね。人や社会がどう変わっても、建物はその生活のなかに息づかせてほしいですね。

    Kayo

    2009/2/18(水) 午後 0:59

    返信する
  • 顔アイコン

    kayoさん、トラバありがとうございました。
    村野藤吾さん設計の心斎橋そごうは本当に素晴らしい建物と内部
    だったのですね。天井のモザイクがこういう形で保存されている
    なんて素晴らしいですね。このモザイクを見ていると日生劇場の
    貝を散りばめた天井を思い出しましす。
    大丸になってからはどうなったのでしょうか?

    julywind727

    2010/2/9(火) 午後 11:05

    返信する
  • julyさんこちらこそありがとうございます。
    このように保存されていることに本当に感動しました。大丸ではどうなっているのでしょうか。また行く機会があればご報告しますね。
    julyさんの松坂屋の記事でこのお店が映画に登場することを知ることができました。本当にありがとうございます!

    Kayo

    2010/2/14(日) 午後 2:50

    返信する
  • ***さんはじめまして。ご訪問ありがとうございます。ご覧頂いて心から感謝します。
    私が建築と出会ったきっかけは近鉄百貨店ですので、百貨店の店員さんには特別な思い入れがあります。使う人が建物に命を吹き込むのはどの建物も同じですが、特に百貨店は、最も使う人が建物を輝かせ社会に影響を与えることができる、特別なところであるように思います。そごうにも、お店とお客様をいつまでも大切に思い愛される店員さんがいらっしゃっるのだと感動しました。
    久しぶりにこの記事を読み返して、一日も早く大阪そごうのあった地を再訪したくなりました。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

    Kayo

    2011/3/26(土) 午後 6:33

    返信する
  • 顔アイコン

    大阪のアメリカ村から御津八幡神社にかけて、麻雀と野球ゲームに夢中になっていた頃、よく散歩?というより時間潰しをしていました。
    そごうはすっかり変わりましたが、三角公園は往時の面影を残しています。

    [ hn245164 ]

    2013/6/8(土) 午後 8:32

    返信する
  • 顔アイコン

    コメントありがとうございます。
    このあたりをよく歩かれていたのですね。一度でいいからこのそごうを見てみたかったです。
    今度このあたりを訪れたらぜひ三角公園に行ってみたいです。

    Kayo

    2013/6/13(木) 午後 8:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事