ここから本文です
近代建築青空ミュージアム
移転先URL:http://kayokatakura.livedoor.blog/

書庫全体表示

旧第一銀行京都支店

イメージ 1




旧第一銀行京都支店
(後の第一勧業銀行京都支店、現・みずほ銀行京都中央支店(復元))

所在地 京都市中京区烏丸通三条

設計 辰野葛西建築事務所(辰野金吾・葛西萬司)
施工 清水組
竣工 1906年(明治39)

増築 1919年(大正8)
増築設計 田辺淳吉(清水組)

解体 1999年
復元 2003年




上の写真は、辰野金吾さんが設計された旧第一銀行京都支店の写真です。
竣工は明治時代、辰野さんの作品の中でも特に初期のものでした。
辰野さんがそれまで勉学を重ねられた、すべての経験と智恵と知識の結晶である渾身の作だったと思います。
清水組の偉大な技師、田辺淳吉さんもその建設を助けるため東京から京都に来られ、また増築にもかかわられました。

はじめは「第一銀行」という名前でしたが、後に「第一勧業銀行」となり、1999年に解体されてしまいました。




しかし私たちは、今その姿を見ることができます。
解体された4年後に、同じ姿で復元されたのです。
イメージ 2


明治以来ずっと大切にされてきた、京都の街になじんだ建物を壊すことへの疑問がわきおこり、解体に反対する声が高まりました。そして全く同じ外観で復元されることの意味が問われました。

それでも私は、姿が残っていることが貴いと思いました。
この建物をきっかけにこの銀行に出会い、辰野さんに出会い、近代建築に出会って、新しい素敵な世界を知る人もいると思うからです。


イメージ 3



実際、私も初めはこの建物を辰野さんの建物だと思い込んでいました。その頃は渡辺節さんのプラッツ近鉄をきっかけに近代建築に出会ったころで、プラッツがなくなった同じ烏丸通界隈で、残っている建物がうらやましくてしかたがありませんでした。この建物、少し南の北國銀行、三条通を東へ行くと文化博物館、辰野さんの建物だらけのこの界隈を通る時、感じるのは羨望と哀しみだけでした。すぐにレプリカだと知りましたが、なおさらうらやましいだけでした。解体されても、そのまま復元されるなんて…

イメージ 4


しかしだんだんと、辰野さんのすばらしさを感じることができ、旧日本生命京都支店や旧北國銀行京都支店のレストランでかけがえのない、大きな安らぎもいただくようになってきた頃、…もう2年ほども前になりますが、…振込みをしなければならない用事があり、ぜひ辰野さんの銀行で…と、この建物を訪れました。
イメージ 5


すると、銀行の中には旧建物の一部の煉瓦と棟札などがガラスケースの中に展示されていました。
イメージ 6


私は、その前に立つと雷に打たれたような感動を覚えました。
煉瓦から辰野さんの情熱がほとばしっていました。
私はそこで初めて辰野さんの煉瓦のすばらしさに出会いました。
イメージ 7


何が、どうすばらしいのか、ことばで言い表すことが難しいです。ただ、情熱のようなもの、建物に込めたあたたかい心のようなもの、ふたつと無い貴いもの、それをこの一片の煉瓦が必死で語りかけているように思えるのでした。


「これが、私の建物ではない」
振込みを終えて外に出ると、そうおっしゃる辰野さんの声が聞こえてきたような気がしました。
「わたしは、ここにいるのだ」
煉瓦を指して、そうおっしゃっているように思えました。
イメージ 8



建物を建て替えるということはどういうことか。
生きていくために、どうしても必要かもしれません。
この銀行も、そうだったのかも知れません。

でも、少なくとも辰野さんやつくられた方々は、この建物の本当の姿を知ってほしい、伝統と技、美を打ち壊すことで本当に美しい街は生まれない…真に美しい街こそが人々の心にとって必要であるということを、訴えかけていることは確かだと思います。

その訴えが、たくさんの人に届いてほしいと思います。
イメージ 9


               2011年10月13日 辰野金吾さんの生誕157年を記念して





冒頭写真出典
高橋弘「京都市電最後の日々」(ネコ・パブリッシング、2009年)

  • 顔アイコン

    こんにちは、辰野金吾の作られたものは1999年に解体されたのですか。知らなかったです。現在東京駅は覆い゙が頭の部分が取れて
    前日は、関係社と一部の人たちが入って見学が出来たとニュースがありました。オープンすれば辰野金吾の叫びが聞こえてきそうです、
    すぐ近くの日本銀行も保存されていて、建物の見学も地下金庫も見ることが出来ます。保存の大切さは、これからの世代に残す遺産ですね。旧第一銀行京都支店のこと拝見して今度、京都に行った時は訪れてみたいです。

    yuko

    2011/10/14(金) 午前 5:09

  • おはよ〜♪ Kayoさん
    お久しぶりです。
    この建物は以前から興味があったんだけど、Kayoさんのようには調べなかったです。京都を離れた私には、いつ通りかかっても同じ場所で変わらない姿で迎えてくれることに安堵感がありましたね。 いったん解体されて復元されてたなんて知らなかったです。この建物の別の表情を見た気がします。みずほ銀行に用事はないけど、いつかは中に入ってみたいですね。
    ありがとうございました。

    SNOW

    2011/10/14(金) 午前 7:54

  • 顔アイコン

    10万人訪問おめでとうございます。
    銀行が解体前と同じものを建築したとは驚き(嬉しい驚き)です。地域になじみ、人々の心に残る名建築だからこそですね。
    京都にはレンガ造りの印象的な建物・構造物(橋、トンネルポータルなど)が多いですね。

    平賀山荘

    2011/10/14(金) 午後 11:15

  • おばんです。
    そうだったのですか・・・だから建物が新しく見えたのですね。

    コーラ瓶

    2011/10/14(金) 午後 11:18

  • yukoさん
    この銀行が復元であることをお伝えできてよかったです。たくさんの方が本物と思われているのではないでしょうか。それだけ、忠実に復元されているのかもしれませんが、やはり本物は魂を感じます。
    東京駅も順調に完成に近づいているようでうれしいです。もとの趣が失われないかが心配されていますが、きっと雄大で荘厳な姿を見せていただけると楽しみにしています。きっと日本中を励ましてくださると思います。
    日本銀行は私も外観は見ましたがとても感動し、辰野さんへの敬意が深まりました。見学があっていいですよね。大阪の日本銀行も見学できるようですのでまた行って見たいと思っています。yukoさんが京都を訪れられこの銀行をご覧になる日を楽しみにしています。

    Kayo

    2011/10/15(土) 午前 0:26

  • snowさん
    コメントありがとうございます♪
    snowさんはきっと旧建物もご覧になっていらっしゃったのでしょうね。やはり、変わったことに気づかないくらい、同じ形なのですね。外観だけ復元して高層ビルを建てる例が多いですが、この建物は高さも同じでオフィスを増やすわけでもなく、本当に不思議な復元です。
    いつも同じ風景があることって安心しますよね。できるだけ変わらないでほしいと思います。
    また思い出の風景に会いに来て下さいね♪

    Kayo

    2011/10/15(土) 午前 0:32

  • 平賀さん
    いつもご覧くださいまして本当にありがとうございます。
    もとの建物に残ってほしかったとはいえ、形だけでも現在も見られることはうれしいことですね。辰野さんの、残りたいという執念かもしれないと思いました。それにしても、明治以来の煉瓦が失われてしまったのは残念です。疎水の水路閣など、京都にはすてきな煉瓦がたくさんありますね。これからも大切にされることを願います。

    Kayo

    2011/10/15(土) 午前 0:37

  • コーラさん
    コーラさんにも復元のことをご紹介できてうれしいです♪ 新しく見えますよね…
    ぜひ、展示されている煉瓦に会いに来てくださいね。

    Kayo

    2011/10/15(土) 午前 0:38

  • 文化財が残ることは、とても素敵な事です。
    でも、これは、あたしも『綺麗!』と感じるけど、純粋な洋風建築。
    此処で保存復旧するべきだったのか、有る程度節度を持った低層構造の、和風耐震・情報化建築物で、京都へ溶け込むべきだったのか?
    迷いは感じます。

    みずほ銀行京都中央支店さんは、立て直すことで、耐震・防災面と、IT対応は良く成ったとは思いますが。
    みずほ銀行さんほどの会社なら、後のランニングコストは考えなければ成らないとして。
    より、洋風建築の似合う場所に、保存を図るのも、一考だったかもしれないと、思うのは、あたしだけでしょうか?

    少しばかり、あたしは、そう言う風に迷いを感じます。

    みぃにゃん

    2011/10/15(土) 午前 2:01

  • 一度は取り壊されても、同じ外観で復元されて よかったです!!

    この建物も、立派な「辰野式」ですね♪
    当時も今も、京都の街によく馴染んでいると思います。
    やや赤い色味のライトなレンガが綺麗です。

    この建物が末永く京都の人々から愛され、大切にされることを願います。。

    ひでくん

    2011/10/15(土) 午後 11:10

  • 顔アイコン

    お写真の当時のレンガを拝見すると、覆輪目地に見えますが!?
    レンガの継ぎ目を丸く盛り上げる、非常に手間のかかる職人技で、現代ではまず見かける事は無いそうです。

    東京駅が実は覆輪目地で有名ですが、思わずうなってしまいました。
    辰野先生が設計した建物を造る機会なんてそうないでしょうから、当時の職人さんもさぞ気合いが入っていたのでしょう。

    そにぃ

    2012/1/11(水) 午前 0:05

  • みぃにゃんさん
    お返事が大変遅くなり申し訳ございません。
    復元された建物しか知らない人にとっては、心の安らぎになりえるかもしれませんが、旧建物の素晴らしさを知る人にとってはきっと疑問が残るでしょうね。高層化されたり、まったく違う建物に建て替えられたりすることがほとんどですので、このケースはより議論がさかんだったのでしょうね。私もこれなら建て替えないでほしかったと思います。でも、かたちだけでも残ったのは幸いなことだと思います。

    Kayo

    2012/1/12(木) 午後 10:25

  • ひでさん
    お返事が大変遅くなり申し訳ございません。
    全く姿かたちがなくなってしまうよりは、こういう形のほうがきっと良いと思います。でも全く同じ外観であるというだけに、それならどうして保存してくれなかったのか…と悔しさがこみ上げてきそうですね。辰野さんもきっとそんなお気持ちだろうと思います。それでも、辰野さんの建物の特徴に親しむことができ、建築に興味を持つきっかけとなることができるなら素敵だと思います。これからも大切にされてほしいです。

    Kayo

    2012/1/12(木) 午後 10:29

  • そにぃさん
    「覆輪目地」ということばを教えていただいてありがとうございます!
    レンガの継ぎ目(目地)が丸くなっているのですね。これは貴重な職人技なのですね。
    こういう細部まで心をこめて丁寧につくられていて、近代建築はつくづく感動的です。
    京都文化博物館もこの工法のようです。辰野さんのレンガにはやはり魂がこもっていますね。
    TBもありがとうございます♪

    Kayo

    2012/1/12(木) 午後 10:39

  • 丁寧なお返事有難う御座います。
    京都市中の文化財に至らない程度の、洋風建築や、建造物は、結構難しい立場の様子です。

    赤レンガ時代の建築・建造物だと、元々、限られたものしか作られていませんし。
    今に残るのは、数も限られますので、迷い無く、どの程度か残す方向が多いみたいですが。
    私立の医院や、一部改装を必要と成ったビルなど。
    時折、物凄い難しい問題が起きている事を、耳にします。

    話に聞くところでは、日仏学館や、橋の欄干まで。
    確かに、失われたものは再現しても、再生・レプリカでしか有りません。
    ただ、移転保存…東京の近代の文化財などでは、一定の成果が有ったような気がしています。
    京都でも、国鉄二条駅の移転保存のように、(現二条駅が凄く素敵だとは思いませんが)良い知恵が発揮される事を望んで止みません。

    みぃにゃん

    2012/1/16(月) 午前 3:06

  • みぃにゃんさん、再度コメントをくださいまして大変恐縮です。ありがとうございます。
    文化財の大切さ、歴史の重みを最も知っているはずの京都でさえ、近代建築は危うい状況なのは本当に懸念されます。
    何でも即残す、というふうに決め難いのはわかりますが、それにしても残念な状態だと思います。オーナーさんの事情もありますし、難しい問題ですね。どんな状況にあってもなんとか保存や移築など、受け継ぐことができるような制度が整ってほしいと思います。
    フジタホテルの解体も痛恨の思いでした。
    旧二条駅舎などのような例が増えることを私も心から望みます。

    Kayo

    2012/1/19(木) 午後 9:53

  • 丁寧なお返事有難うございます。
    ホテルフジタ京都・・・純粋に、営業・経営的な面からの、建て替えだったので、なんとも、残念な気持ちは有ります。

    ただ、営業的・経営的な、建て替えで失われる残念さはさて置くとした場合は。
    ホテルフジタさんの、鯉を泳がせるような丁寧な空間演出は評価するとしても、建物そのものの遺産価値は、ランドマーク的値打ち以上のものはならず、其処に、建物自体の文化的価値まで考え併せた時に、
    旧舘は、ランドマーク的価値は有っても、最近の和風・日本風、街観促進から観て、決して最適とは言い難いのでは無いでしょうか?
    ホテルフジタ京都は、経営・営業上の建て替え=営利性があって残念とは言え、事実上の廃業で有り、もはや、移転保存は望めない以上、あたしは、解体止む無しと思います。
    恐惶謹言。

    みぃにゃん

    2012/1/25(水) 午前 5:48

  • みぃにゃんさんありがとうございます。
    フジタホテルは一度ロビーを訪れたくらいでそのときは建築のことも知らず惜しいことをしました。建物というのは持ち主や立地、経済性などさまざまな条件がすべて揃ってはじめて保存されますね。すべて大切な建物なのに本当に口惜しいことです。フジタさんの経営上の困難がきっかけの解体ですが、あの鴨川に上品にたたずむ姿は忘れ難いものがあります。
    新しいホテルがたくさんの幸福を生むことを祈るばかりです。

    Kayo

    2012/1/27(金) 午前 9:49

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事