ここから本文です
虹色鉄道
☆Railway trains, Architecture, Gourmet, Characters, …etc.

書庫全体表示

渡辺節さんの作品リストに、「京町堀分譲施設付住宅」という建物があります。1961(昭和36)年の竣工です。

大阪の京町堀に、渡辺節さんがつくられた「家」があるのかといろいろ調べているうち、UR都市機構の物件案内ページに、「京町堀 URライト」という団地がありました。
http://www.ur-net.go.jp/kansai-akiya/osaka_chu/0711.html

完成年月は同じ1961年。
ひょっとしてこの建物かもしれないと、ずっと気になっていました。

そしてついに訪れてみました。

地下鉄中央線の阿波座駅の9番出口から少し歩いたところにあります。
このあたりには、年輪を経た素晴らしい建物、それなのに有名ではない建物、「気になる建築」がずらりとならんでいます。
そんななかに、その建物を見つけました。白い壁の、トラックが前に停まっているあたりの建物です。
イメージ 1


建物の全景です。
規則正しく並んだ窓に茶色のタイル…すぐに、綿業会館の新館を思い出しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/kay31527/35172090.html
イメージ 2


1階はスーパーだと思っていたのですが、今は向かいに新築されるマンションの案内所になっているようでした。

右側にある階段。
選りすぐりの石が使われているように思いました。
イメージ 3


茶色のタイルは、ところどころ色が違い、補修のあとかなと思いました。
イメージ 4


それがまた、可愛げのある雰囲気を醸し出していました。
イメージ 5


見上げると、最上部に有刺鉄線のようなものがありましたが、丸みがあって心和む形でした。
イメージ 6


イメージ 7


このあたりは建て詰まっていて、建物を裏から眺めることは無理かと思いましたが、道がありました。
少し日陰になっていて、人通りもほとんどありませんがのどかな通りでした。
イメージ 8


この道から、建物の背部が見えました。
イメージ 9


この、塔屋のような部分を見たころから、私はだんだんとこの建物のことを、やはりそうなのではないか、と信じる気持ちが高まって行きました。
イメージ 10


いずれにしろ、最近の建物にはない、心遣いのあるデザインです。
イメージ 11


この建物は、コの字形になっていました。
イメージ 12


最上階の上部のデザインが印象的でした。
イメージ 13


お部屋のドアを開けてみたい衝動に駆られました。
イメージ 14


ここに佇んでいると、同じく渡辺節さんの建物かな…?と思っている、茨木の旭化成の寮を思い出しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/kay31527/18443742.html

開かれた窓が素敵でした。
イメージ 15


とても丁寧につくられた建物だということが、素人の私にも伝わってきました。
人々の幸せを呼ぶコンクリートが、ここにもあるのだと思いました。
イメージ 16


どういう部屋なのかわかりませんが、当時のままと思われる、趣のある窓がありました。
イメージ 17


サッシも窓ガラスも、もうどこにもない貴重なもののように感じられました。
イメージ 18


建物を1周まわって、もう一度この建物名を見ると、たとえどの方が設計されたにしろ、大切な宝物であることを痛感しました。
イメージ 19


この建物のような「旧公団住宅」は、近年とても人気で、住民どうしの交流もさかんなようです。
朝日新聞2012年5月16日記事にも、「DANCHI 居心地段違い」として活気ある旧公団住宅のようすが取り上げられ、単なる改修ではなく時代に合わせた機能を加えた「リノベーション」がさかんに行われていることが、京都の「観月橋団地」を例に紹介されていました。
(デジタル版)
http://www.asahi.com/culture/intro_m2/OSK201205150080.html

スクラップアンドビルドのこの時代のなかで、昔からあるものが見直され、希薄になりつつある人間関係にあたたかみが取り戻されるきっかけとなっていることは本当に喜ばしいことです。

京町堀の住宅も、大阪らしい、人間味のある街並みが残るこの素敵な場所で、ますます輝いていくことを祈ります。

イメージ 20

  • 顔アイコン

    Kayoさんこんにちは。
    とても貴重な建築ですね。
    塔屋の四角なブロック積み、昭和30年代の建築の証で東京でもよく見かけましたが、今では皆無となってしまいました。子供の頃、モダンで見ているだけでうっとりしていました。
    住戸の玄関が内開きで外国のようですし、さまざまな新機軸が取り入れられた傑作だと思います。スチールサッシや、「日本住宅公団」の銘板が撤去されずにあるところも素敵です。

    継承したい、素晴らしい記事に☆!

    [ PBX5 ]

    2012/5/20(日) 午前 9:08

    返信する
  • こんなに素敵な建築がまだ残っているんですね!
    補修のあとも、かわいらしいアクセントになっていて、いいですね!

    昭和30年代ということは、もう半世紀たった建築ですが、全然古ぼけた感じがしません。
    むしろ 昔の建物がもっていた 優しい雰囲気とか、手作りの良さが光る綺麗な物件に感じます。

    決して有名な建築ではなくとも、こういう懐かしさを感じる建築こそ、”レトロ建築”と言えるように思います。

    素敵な物件のご紹介、ありがとうございます。☆

    ひでくん

    2012/5/20(日) 午後 9:26

    返信する
  • おはようございます。修復しながらも大切に使われている

    姿は良いですね(^ー^) それに何となく懐かしい建築に

    思いました。これからも大切に使ってほしいです♪

    ポチ☆です。

    [筆頭・伊達政宗]

    2012/5/28(月) 午前 6:41

    返信する
  • PBXさん
    この穴あきブロック風の箇所がとても貴重な建築方法だと知ることができ、希望をいただきました。本当にありがとうございます。
    渡辺節さんのほかの建物でもとても印象的なデザインですが、昭和の建物に多くみられるとお聞きして、いろいろ見つけてみたくなりました。
    ドアが内開き…?? 本当ですね!細かいところまでご覧くださってありがとうございます。確かに珍しいですね。一度開けてみたいです…
    向かいではマンションが建設中というのにこちらはオリジナルを損なう改修もされず大切に使われていて、このご時世なのに不思議です。旧公団の団地たちがみんなこれからもますます宝物として輝いていってほしいです。
    ☆ありがとうございます。

    Kayo

    2012/6/1(金) 午後 2:28

    返信する
  • ひでさん
    渡辺節さんのおかげで素晴らしい団地に出会うことができうれしく思いました。このあたりの町並みに溶け込んでいて大阪らしいストリートの一員となっていました。
    ひでさんが書いてくださったように、当時の時代にしかつくれないあたたかみのある技に満ちた建物だと思います。外装の茶色いタイルも、よく見るとひとつがとても小さくてキャラメルのようでかわいいです。色が違う部分が補修のあとだとしたらうれしいです。
    公団住宅は比較的大切にされているものが多いようですので、その人気や保存推進の傾向が、近代建築にも及ぶよう祈りたいです。
    ☆ありがとうございます。

    Kayo

    2012/6/1(金) 午後 2:35

    返信する
  • 政宗さん
    なんでも壊して新しくする今の時代、こうして大切にされているのはこの上なく素晴らしいことですね。今の時代に合うように改修される団地も増えてきているようですが、懐かしい雰囲気や昔ながらの部品たちはそのままに、これからも活躍していってほしいと願っています。☆ありがとうございます。

    Kayo

    2012/6/1(金) 午後 2:37

    返信する
  • おはようございます。 外観を見ていると千葉にもこんな雰囲気の

    建物が有ったように思います。それが懐かしさになるのだと

    思います。懐かしい物に出会うと人は笑顔になりますね。

    それはとても素敵な事ですね。

    [筆頭・伊達政宗]

    2012/6/2(土) 午前 7:37

    返信する
  • 政宗さんこんばんは。
    千葉にもきっと昔懐かしい団地がたくさんあるでしょうね。私も見てみたいです。
    懐かしさが生み出すのは笑顔なのですね。大切なことを教えていただいて心があたたかくなりました。ありがとうございます♪
    この建物をはじめ、心を込めてつくられた建物たちが大切にされ、たくさんの笑顔につながるよう祈ります。

    Kayo

    2012/6/2(土) 午後 11:37

    返信する
  • 顔アイコン

    ここの近所に住んでいます。
    ただのさびれたオンボロアパートだと思っていたのですが、この記事を読んで、なかなかレトロで素敵な建物だったのだと気づきました!ちなみにここの1階は、10年くらい前にはスーパーがあったんですよ。 削除

    [ ルンルン ]

    2017/2/11(土) 午前 7:43

    返信する
  • ご訪問ありがとうございます!
    この建物の素晴らしさをお伝えできてうれしいです。
    スーパー、行ってみたかったです。
    最近はリノベーションされた団地が人気ですね。この建物も有名になればと思います。

    Kayo

    2017/2/14(火) 午前 0:01

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事