ここから本文です
虹色鉄道
☆Railway trains, Architecture, Gourmet, Characters, …etc.

書庫全体表示

記事検索
検索
阪神高速で豊中方面から大阪方面へ向かうとき、淀川でJRの線路の真横を走ります。(神戸·宝塚線、塚本〜大阪間)
日頃一緒に過ごしている電車たちと出会うことができ、いつも誰とすれ違うか楽しみです。

イメージ 1


いつもは運転していたり余裕がなかったりでしたが、今回初めてカメラを向けることができました。

207系が見えました。

イメージ 4


車番も見たかったですが、背伸びしても見えず惜しかったです。

イメージ 2


ピンク色が素早く通り過ぎるのが見えました。
はくとさん!
速くて、最後尾しか映りませんでしたがはくとさんと出会えてとてもうれしくなりました。

イメージ 3


元気が出るひとときに感謝し、今度はちゃんとダイヤを把握しておきたいと思いました。

新しい14時頃の京都駅で一緒に過ごして、はくとさんにさらに親しみが増しました。
https://blogs.yahoo.co.jp/kay31527/41517226.html

昔から、マロン(117系)との共演は多いですがこのふたりのコラボは不思議な癒される雰囲気があります。

並んだときに映るマロンライトもよく探します。

京都駅6·7番線で並んだ時の、はくとさんの窓に映ったマロンのライト。

イメージ 2


案内の鉄道員さんの姿も映りました。

励まされて感謝です。

イメージ 1

新しい14時、京都駅

3月のダイヤ改正で午後のマロン(117系)の時間が少し変わって、新しく14時26分京都発を担当することになりました。

14時頃の京都駅には、はくとさん(スーパーはくと)が居て、マロンとのいろいろなツーショットを見ることができます。

0番線のはくとさんと連絡橋下のマロン。

イメージ 1



やがてはくとさんがマロンのとなりに来ます。

イメージ 2


すてきな十字窓とはくとさんのスタイリッシュな顔が調和します。

はくとさんの三角窓とのハーモニーも素敵です。
運転席から見る風景も、さぞ素晴らしいことと思います。

イメージ 3



この時間、マロンは折り返し運転ではないので向日町からやってきました。
はくとさんは両手にマロンになりました。
https://www.instagram.com/p/BioBUyUFT0A/

長年慣れ親しんだ14時41分京都発はマロンではなくなり名残惜しかったです。でもこの時間も、素敵な旅に連れて行ってくれそうです。

最近お気に入りのお菓子、かわみち屋さんの蕎麦ぼうろ。

優しい蕎麦の風味に癒されます。

マロン(117系)に持ち込むと、パッケージのカラーリングがマロンに似合って明るい気持ちになりました。

イメージ 1



いつか缶入りを買ってみたいです。

http://www.kawamitiya.co.jp/user_data/sobaboro.php

ハーゲンダッツにマロン入りのものが登場するとうれしくなります。

気になっていた「栗あずき」をマロン(117系)でいただいてみました。

イメージ 1


思ったより混雑していて座れるのが遅くなり、もう溶けてしまったと思ったら、表面がやわらかくなるまでお待ちくださいと書かれていて安心しました。

イメージ 2


買ってから20分くらいたってしまいましたが食べ頃でよかったです。

とても手の込んだアイス。
ハーゲンダッツのホームページの解説によると…
https://www.haagen-dazs.co.jp/company/newsrelease/2018/_0111.html

「黒糖を隠し味に加えた風味豊かな小豆アイスクリームに栗ソースを加え、柔らかなもちを載せました。もちの上には、栗の粒をぜいたくに混ぜ込んだ、粒あんをたっぷりかけました。ふっくらと炊き上げた艶やかな粒あんが奏でる本格的な和の味わいが楽しめます。」

まずあずきとのびのびのおもちのおいしさにびっくりします。

イメージ 3


そこにマロンソース入りの黒糖風味のアイスとのハーモニーが加わって、とても優しい味わい。いろんな味がしますがすぐには何かわからず、その不思議さが楽しいアイスでした。
あずきあんの中のマロンがあまり意識できなかったので、また食べてみたいです。

マロンの長椅子では人目を気にしてあまり何か食べるということはないのですが、この日は不思議と食べやすく、コーナーの台にアイスを置いて食べていると、アイスが超高級ソファとテーブルの素晴らしさを演出してくれたようでした。

癒しのひとときに感謝。

イメージ 4


イメージ 5

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事