ここから本文です
虹色鉄道
☆Railway trains, Architecture, Gourmet, Characters, …etc.

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

Welcome

イメージ 1
                                                    枚方の菊人形

軍師官兵衛の菊人形

毎年11月3日は建築家渡辺節さんのお誕生日ということでお好きだった菊の花を捧げることにしています。明治神宮、近江神宮、京都府立植物園、大覚寺、草津宿などいろいろなところで菊の花に会った思い出にはいつも支えられます。
 
今年はずっと行ってみたかった枚方の菊人形を見に行くことができました。
イメージ 1
                         営業中の遊園地で最古のひらかたパーク
 
 
ひらかたパークでは、明治43年以来、「ひらかた大菊人形」が開催されていましたが2005年に廃止されてしまい、現在は何体かを展示する小規模のものになりました。
イメージ 4
           マンホールにも菊
 
 
イメージ 6
                     駅前の看板
 
今年の菊人形は大河ドラマ「軍師官兵衛」がテーマで、ドラマを毎回欠かさず見て、元気と思い出をたくさんいただきましたので、楽しみな気持ちでいっぱいでした。
イメージ 5
 
 
枚方出身ということでひらかたパークのイメージキャラクター「ひらパー兄さん」をつとめられている岡田准一さんにちなんで、軍師官兵衛の写真展、菊人形、主演映画「蜩ノ記」の関連展示が開催されました。
 
黒田官兵衛とその妻、光(てる)の人形が展示されていました。
まわりに飾られている菊もすばらしく、菊はこんなに良い香りだったのか…と思うほど、会場は優しく穏やかな香りに満ちていました。さすが、菊人形の伝統のある枚方だと思いました。
 
イメージ 2
 
 
官兵衛の人形の顔は主演の岡田准一さんの雰囲気でした。
イメージ 3
ふわもこの菊のきものを見ているとはあたたかい気持ちになりました。
 
 枚方と渡辺節さんの関係は、枚方の香里にある団地を設計されたということがあります。香里の団地はたくさんの有名建築家がかかわられましたが、現在建て替えが進んでいます。渡辺節さんが設計された建物が今も元気でいることを祈りました。
 
 
今年は梅小路蒸気機関車館の展示に車庫を設計された渡辺節さんが登場してうれしいひとときでした。
その展示のなかに、渡辺節さんが天長節(明治天皇のお誕生日、11月3日)に生まれ、それによって「節」と名付けられた、と書かれていました。
いつもに増して祝福に満ちた秋となりました。
これからも渡辺節さんの建物たちが、失われることなく多くの人に幸せを届けることを祈ります。
 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事