ここから本文です

書庫タイの旅♪

記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

8日目の朝。
 
チェンマイから寝台列車に15時間揺られ、無事バンコク到着。
 
チェンマイ駅で知り合った、バックパッカーの彼とお別れをする。
半年間、東南アジアを旅していると話していた。
 
イメージ 1
 
 
いい旅を!
 
ホテルに荷物を置き、BTSに乗ってプラトゥーナムへ!
 
イメージ 2
 
 
やはり、バンコクに来たら間違いなく行きたくなる!!
 
ピンクのカオマンガイと言えば!
 
イメージ 3
ガイトーン・プラトゥーナム!!
 
ご存知の方も多いかと思いますが、バンコクで一番!カオマンガイが美味しいと言われている名店です。
 
ちなみに、今年7月やったかな?渋谷に日本一号店出来ましたね。
 
2回ほど行きましたが、完売で一度も食べられへんまんまでんがなぁ(笑)
 
イメージ 4
 
やはり期待を裏切らない、アロイ・マーク!!
 
鶏汁で炊いたごはんも絶妙やし、なんてたって、ナムチム(タレ)がうまいのね〜。
 
僕はここのカオマンガイは、やっぱり好きです。
 
ちなみに日本人のお客さん結構いましたね。
 
って、僕もコン・イープン(日本人)ですが(笑)
 
 
イメージ 5
帰りは、BIGで、
 
お買い物♪お買い物♪
 
この棚だけみると、日本語ばっかりやし、日本のスーパーみたい(笑)↑
 
イメージ 6
 
いつみても、カラフルなタイのケーキ!
 
誕生日に食べタイ!
 
イメージ 7
 
すし、おにぎり、タイ料理が苦手な人も、タイ暮らしに困りませんね。。
 
イメージ 8
 
寒くなってきた(日本ですが・・・)ので、鍋なんかどないでしょうか?
 
奥さん。
 
 
つづく・・・。
 
17時30分バンコクに向けて、ゆっくりと列車が動きだす!
 
列車の旅の始まりです。
 
前日に、アヤタヤに行きたかったのですが、チケットが取れず、1日遅らせて、取ったチケットが2等ファン(エアコンなし)。
 
 
イメージ 1
 
走り出して、間もなく雨が降ってきた。
 
南国ならではの、スコールってやつですね。
 
暑いのに、窓が開けられへんがな(*_*)
 
 
 
イメージ 2
 
食堂車の係りの人が、夕飯どないですか?と、チラシを持ってきた。
 
駅弁ではないけど、列車で食べる食事は、また楽しみ♪
 
イメージ 3
 
列車の連結部分のドアは開いたまま。
 
日本では考えられへんけど、ここはタイと納得する(笑)
 
 
イメージ 4
 
 
北の大自然の中をひたすら列車は走る。
 
イメージ 5
 
 
風が気持ちいい。
 
 
 
イメージ 6
 
 
小さな駅に5分ぐらい停まる。
 
エサを目当てか?
 
ホームには野良犬がたむろしていた。
 
イメージ 7
 
 
年期の入った、ディーゼル機関車。
 
 
 
イメージ 8
 
 
日が暮れて、席まで夕食を運んでくれた。
 
イメージ 9
 
僕が頼んだのは、ゲーン・ペッ(レッドカレー)に、パッ・パック・ルムア(野菜炒め)とトムヤムクンのセット。
 
ごはんが、ジャスミンライスで、オイスターソースで炒めた、豚肉が入った具沢山な野菜炒めも美味しかった。
 
また、列車で食べる、この感じが、さらに美味しく感じさせてくれるかも知らんけど。
 
イメージ 10
 
夕食後は、明日に備え、早めに就寝のつもりやったけど、狭いベッドと、エアコンなしの車両に、窓を開けて寝てたら、虫がいっぱい入ってきた(>_<)
 
なかなか寝れませんでした(笑)
 
イメージ 11
朝を迎える。
 
だんだんと明るくなってくる空、景色を見ていると、清々しい気持ちになった。
 
 
イメージ 12
 
アユタヤで停車中の列車の横を通過する。
 
イメージ 13
 
食堂車に行ってみた。
 
タイムスリップした様なレトロな空間。
 
 
イメージ 14
 
モーニングセット。
 
少し値段が高め(笑)
 
イメージ 15
バンコクに入ると、景色も変わり、めっちゃ賑やかになる。
 
ちょうど、通勤時間帯で、踏切待ちの車も大渋滞。
 
イメージ 16
ほぼ予定通りの時間に、クルンテープに到着。
 
15時間の列車の旅、いい思い出となりました。
 
のんびり旅もいいもんです。
 
今度は1等に乗りたい(笑)
 
 
                            つづく・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夕方、チェンマイ駅に到着。
 
今回の旅で、ひとつの目的は寝台列車に乗ってみたかった事です。
 
バンコクをめざします。
 
ちなみに15時間の列車の旅です♪
 
イメージ 2
 
 
イメージ 1
 
敷地内には蒸気機関車が飾られています。
 
イメージ 3
 
ちなみに中にも入る事が出来ます。
 
歴史を感じますね。
 
ことらは駅構内↓↓
 
イメージ 4
 
ちなみに日本との時差は2時間です。
 
イメージ 5
 
 
こちらの年期の入った、ディーゼル機関車が客車を牽引します。
 
イメージ 6
 
タイ国鉄は、ほとんどが世界各国で使用されたおさがり。
 
こちらは、韓国で使用されていた、ナコーン・ピン号。
 
イメージ 7
 
 
そして、こちらは、日本で走っていた、ブルートレインの1等個室。
 
イメージ 8
 
 
昭和時代の客車でありながら、タイでは一番値段が高い客車になります。
 
ほんまは、このこれに乗りたかったのですが、人気車両と言う事もあって購入出来ませんでした・・・。
 
イメージ 9
 
食堂車です。
 
イメージ 10
 
 
間もなく発車します!!!!
 
 
                           つづく・・・。
ナイトバザール近くのお店でランチ。
 
この辺りは、イタリアン&タイ料理みたいな感じの観光客相手のお店が多く、値段も、タイの食堂なんかと比べると、ちょっとお高めで、好んで入ろうとは思いませんでしたが、日中は閉まっているお店も多かったんで、入ってみる事に・・・。
 
 
イメージ 1
 
 
ラートナー(あんかけ麺)
 
カナー(カイラン菜)、豚肉、ニンジンを極太の米麺にかけたもの。
 
味は悪くないのですが、量が少なかった(笑)
 
イメージ 2
 
ゲーン・ハンレー(ミャンマー風豚バラカレー)
 
北部を代表するカレーでもあるので、チェンマイに来たら必ず食べます。
 
生姜の香り、柔らかい豚肉で、カレーは美味しかったのですが、ごはんがパサパサで、ちょっと残念でした。
 
 
 
そして夜はTUKTUKに乗って、ムーカタ(タイ風ジンギスカン)のお店へ!!!
 
 
 
イメージ 3
 
100席以上ある店内は、ほぼ地元のタイ人で満席!!
 
 
イメージ 4
 
 
ちなみに一人159B(約500円)で食べ放題なんです!!!
 
イメージ 7
 
 
日本にも、こんなお店がほしい(笑)
 
 
イメージ 5
 
肉・肉・肉・・・・。
 
 
イメージ 6
 
新鮮、タイ野菜やハーブ。
 
イメージ 8
 
アイスクリームやデザート、南国フルーツも食べ放題!!!!
 
イメージ 9
ナムチム(タレ)も何種類かあります。
 
ほとんど、辛いですけど・・・。
 
 
イメージ 10
 
周りの溝の部分にスープを入れ、焼き肉&鍋が一度に楽しめる何とも素晴らしい鍋。
 
お肉の油がスープに落ち、スープがさらに美味しくなります。
 
イメージ 11
 
 
食べ放題ですが、お肉もそこそこ美味しいし、やっぱりタイはいいですね。
 
腹はち切れるぐらい食べて、飲みました(笑)
 
ぜひ、タイに行ったら、ムーカタお勧めです。
 
 
 
                              つづく・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6日目の朝。
 
チェンマイ最大のワロロッと市場へ。
 
イメージ 1
 
市場周辺は、活気があって、タイの日常を肌で感じる事が出来るから好きです。
 
イメージ 2
チェンマイの台所ですね。
 
 
イメージ 3
市場内にあるカフェ屋台で、ちょっと、ひと休み。。
 
 
イメージ 4
 
甘くて、美味しい〜。
 
市場で色々見た後は、ソンテオに乗って、ニマンへミンへ。
 
チェンマイ市内を走っている赤色のソンテオは一人20B(約60円)で、目的地を告げて、方向が一緒なら乗っけて行ってもらえるので、便利です。
 
イメージ 5
 
風が気持ちいい〜。
 
イメージ 6
 
 
 
 
ニマンへミンのカフェでちょっと涼みます。
 
 
イメージ 7
 
 
息子が、お気に入りのロティです。
 
タイは暑いので、こまめに休憩が必要です(笑)
 
イメージ 8
 
 
 
 
イメージ 9
レトロな車がかわいい。
 
イメージ 10
 
                          つづく・・・。

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事