ここから本文です
木漏れ日に歌う
新しい事を探そうかな!☆

書庫心にいつも青い空

すべて表示

イメージ 1

     20数年間

     心の深い所に溜め込んでいた涙は

    愛の物語を見るたびに流れてくれた様です

    気の強い意地っ張りも

    もう終わっても良さそうです

    やっと素直な自分で生きてもいいのかな

    
    これからは

    もう涙はためない様にします

    我慢はしない様にします

    
    そうして生きれば

    見える世界もきっと変わると思います

    
    生きるって事は

    楽しいんだよと言えない人生だったけれど

    それも自分が選んだ事です

    嬉しい事楽しい事が必ず来ると信じて

    苦しさを夏休みの宿題の様に35年


    そうして

    健康で今もこうして生きていられる事こそ

    私が生きた結果なのかな


    まだ生かせてもらっていますから

    涙が無くなって軽くなった空っぽの心に

    これからは

    沢山の笑顔を残そうと思っています


    一つ

    私の人生の大きな山を越えた様です

    また違う景色が見えるのでしょうね

    スノーマンの歌詞のように


    そして

    終わりと始まりが交差する

    カーテンコールの歌詞のように


    結婚するまで29年

    妻になって37年

    母になって35年

    
    今は

    その全ての時に感謝しています

    
    自分に

    頑張ったねと言ってあげます

    頑張れて良かったねと言ってあげます




    


    皆様

    私は書く事で本心を表現して生きてきました。

    ペンで文章を書く事など、今は昔の時代ですが、

    私は好きなのです。

    両方出来るってうれしいですよね。

    
    この記事で、このブログの投稿は終わります。

    本当にありがとうございました。

    


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事