ここから本文です
木漏れ日に歌う
新しい事を探そうかな!☆

書庫全体表示

記事検索
検索

全823ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

スタート

イメージ 1

     20数年間

     心の深い所に溜め込んでいた涙は

    愛の物語を見るたびに流れてくれた様です

    気の強い意地っ張りも

    もう終わっても良さそうです

    やっと素直な自分で生きてもいいのかな

    
    これからは

    もう涙はためない様にします

    我慢はしない様にします

    
    そうして生きれば

    見える世界もきっと変わると思います

    
    生きるって事は

    楽しいんだよと言えない人生だったけれど

    それも自分が選んだ事です

    嬉しい事楽しい事が必ず来ると信じて

    苦しさを夏休みの宿題の様に35年


    そうして

    健康で今もこうして生きていられる事こそ

    私が生きた結果なのかな


    まだ生かせてもらっていますから

    涙が無くなって軽くなった空っぽの心に

    これからは

    沢山の笑顔を残そうと思っています


    一つ

    私の人生の大きな山を越えた様です

    また違う景色が見えるのでしょうね

    スノーマンの歌詞のように


    そして

    終わりと始まりが交差する

    カーテンコールの歌詞のように


    結婚するまで29年

    妻になって37年

    母になって35年

    
    今は

    その全ての時に感謝しています

    
    自分に

    頑張ったねと言ってあげます

    頑張れて良かったねと言ってあげます




    


    皆様

    私は書く事で本心を表現して生きてきました。

    ペンで文章を書く事など、今は昔の時代ですが、

    私は好きなのです。

    両方出来るってうれしいですよね。

    
    この記事で、このブログの投稿は終わります。

    本当にありがとうございました。

    


さて

イメージ 1


    このブログに投稿できるのも後一週間になりました。

    2008年5月14日から始めて、11年と3ヶ月。

    始めた時55歳でした。

    子育ても終わりと思っていました。

    人生は、必ず残った宿題をしなければならない様になっているんだと、

    そう思いながら過ごした11年でした。

    一生懸命だったからと言って、それが確実だとは誰にもわからないのです。

    11年の間、皆様どなたもそうであると思いますが、

    私にも様々な事がありました。

    苦しむ前に、いつも考えました。

    これは、これまで私がしてきたことの中で足りなかった事なんだと。

    超えるべきことなんだと。

    超えられることなんだと。

    いつも一人で、大したことない能力と経験で、

    なんとかなんとか超えて生きてきました。

    その時々の感情を、言葉を選びながら書いてきました。


    ブログを始めてから、知らなかった世界も少しは知ることができました。

    政治の世界など、全く興味もなかったのですが、

    東北関東の震災後は、自分の国の状況を様々な所で知る事が出来ました。

    あの震災後のこの国の多くの人々の感情を読んで、

    人がどんな生き物なのかという事を沢山学べたと思っています。

    恐れは、真実を学んでいない事から起こるという事も、

    人は、恐れで人生を変えられる事も、

    そして、報道がその恐れを煽っている事もはっきりと解りました。

    私は震災後、テレビを見なくなりました。

    
    可愛くて、自分の命より大切と思うのは母心なのでしょうか。

    子供を産む、育てるという事は、本当に掛け替えのない経験でした。


    子供達から沢山の生きる幸せをもらいました。

    一生懸命の結果は、すぐには出ません。

    数十年後です。

    もしかしたら、この世にいなかったかもしれないのです。

    ピアノと、英語と、柔道が出来、体格がしっかりしていたら

    世界のどこででも生きていけると、

    そう思って、夫の給料以外に私も働いて習い事をさせました。

    特にピアノは、2人とも15年以上。


   音楽の力は、目に見えません。

   人の心も、目には見えません。

   思いを表現するのは、言葉と文章だけだと思います。

   それを全部包む様に癒してくれるのが、私にとっての音楽です。

   語っても、全部を理解することなど誰もできないのですから、

   私は、言葉が多くない、または全く言葉がない音楽に、

   人生を救ってもらいました。

   本当に、身も心も疲れ切った時は、クラシックを聴く理由です。


   ブログは、毎日の楽しみでした。

   書く事が好きな、ただの母親の独り言を綴る大切な場所でした。

    大好きだった読書もしなくなりました。

   
   ヤフーのブログサービス終了のお知らせを読んでから、色々思いました。

   そして、ちょうど良かったのかなと思いました。

   切り替え時がきたのねと。


   66歳半ばまでこうして生きていられる事だけで、本当に感謝なのです。

   6月に、頭を強く打つ転び方をしてから、覚悟がもっとしっかり出来ました。

   去る時は1人。


   大切に育てた息子2人は、しっかり自分の人生を歩んでくれています。

   何よりもほっとしています。




   とても幼い頃から、いつも見えない世界を感じて生きていた様に思います。

   いつもずっと守ってもらっていると感じていました。

   物質世界で生き辛かった訳だなと思っています。


   この、とりとめないブログにご訪問下さった皆様、

   11年間、ありがとうございました。

    12月までは、ブログ残る様ですが、それ以降は消えるそうです。

    
   どうしても書きたくなったら、どこかのブログを始めます。

   また、その時に。


   

ひとってさ

イメージ 1

   
   本を読んでいて

   短いセンテンスにグサッと心を刺された事ありません?

   何百ページもある小説で、その部分だけしっかり焼き付いていること


   歌も同じだな

   沢山の歌詞の中で

   短い言葉に

  心を刺されます


  地球は愛の星なんだなと思う


  歌詞はつめこんだ感情


   自分発信なんだよね

   迷惑だ!と叫ぶ人も沢山





  
 

いつか必ず

イメージ 1


   この方のツイッターを読むとね

   いつも思います

   綺麗だなって

   感情も知識も混ぜずに

   現実の状況を

   本当に真っ直ぐなまま書かれていると感じます


   あなたの文章

   好きですと

  いつかお会いできたら言おうと思います






イメージ 1

    最近、もう前に終わったらしいアメリカの音楽ドラマをずっと聞いています。

    そう、ユーチューブでです。

    Gleeと言う、高校生達のクラブの話です。

    ビージーズ、スティービーワンダーと言う昔の曲から、アデル、

    最近の、ブルーノ、マーズ、エド、シーランまで、本当に美しいハーモニーで

    聞かせてくれます。

    本当に歌が上手で感動しっ放しです。

     
    何がどう違うのだろうなと思いながら聞いています。

    最近の日本のポップスは、息子2人の曲以外はほとんど聞いていませんので、

    意見は言えません。

    
    島国と大陸の違いってあるのかもしれませんね。

    食べる物も違うし、よって骨格も違いますから、

    喉や肺の構造も違うのかもしれません。

    
    アマチュアのオーディション番組も見ていますが、

    本当に歌が上手です。

    リズム、体の動き、声の幅、全てが素晴らしくて引き込まれます。

    選ぶ側も挑戦する側も、根っこに個人の自由が太くある感じがするのです。

    苦しみも悲しみも、泣いたり叫んだりしても自分で受け止めて超えていく、

    そんな感じがします。すごく好きです。

    音楽に限ればですけどね。


    全て自己責任という事が、私は好きです。生きやすいとも思います。

    
    66年生きてきた間には、恨みや苦しみを語った事ももちろんあります。

    自分自身が招いた事という現実に、目を向けられない時期もありました。

    ただの弱い人です。


    生きてくる間に、様々な音楽に思いを乗せて泣いたり、元気になったり、

    何だか、ずっとそうだった気がします。


    アメリカの女性は、ハンサムですね。

    きちんと自分を主張し、セクシーさもその一部でしかないみたいですから。

    私は好きです。


    女性らしさを決めつける文化は嫌いです。

    日本に産まれて学んだ事です。


    ますます、音楽が好きになっています。

    限りなくありますからね。



全823ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事