かゆちの実践小型低位株トレード★★

★★少し独断と偏見を多く記事にしたいと思っていますので、よろしくお願いします。☆☆

※※株※※

すべて表示

急落の消えた相場(NYダウ)


イメージ 2
イメージ 1




持ち株の少なかった日本鋳造に上方が出て大きく上がりました。


日東化工、高砂鉄工が頑張ってくれました。


明日は上方の出たJエスコムに期待ですね。PTSではかなり上がっていますが。


総資金はかなり増えました。


日経20099円(−44円)

信用−0.13% 現物+0.24%

手数差26000円

岡三+77%(5850)
松井+88%(2453)
楽天+95%(2532)
ライ+88%(5281)

岡三3636  +75
松井1655  +34
楽天2202  +39
ライ3066  +85

出金SBI 200
  岡三 80
  松井 30
  楽天 40
  ライ 80



日経平均が3カ月間高値安定で大きく動く気配がないですがマイナー株にとっては絶好の稼ぎ時だと
思います。


このような状態の時個人は大きな余裕がありますからあちこちで仕掛けて来ますから、早い目に
仕込んでおいて上がればありがたく利益を稼がしてもらえばいいだけです。


今日の日経新聞に「急落が消えた相場」と載っていましたが、NYダウは6年間一日で5%超えの
急落を記録していないようです。日経平均の方が大きな下げは多いように思いますが、2011年以降
ほんとうに大きな下げはないですね。2013年5月頃の下げのように大きく上がってからの20%〜30%の
下げは少々無理な信用の使い方でも何とか対応が出来ますからね。


ほんとうに怖いのはリーマンショックの時のように30%〜40%下がってからの暴落です。もちろん
想定外はあってはいけませんからどんな相場も対応できるように準備は必要です。


震災の時は日経平均は20%前後の下げで大したことなかったですが低位株の下げなどは50%〜70%
下げる銘柄が多かったので少し信用を建て過ぎていれば退場も否定できなかったですね。
低位株の場合、部分的にはリーマンショックよりも大きかった印象です。


急落を心配している個人は少なくないように思いますが、急落があれば逆の意味でまたチャンス到来ですから
安いとこをありがたく頂けばいいだけです。


今はしっかり上げ相場を堪能して利益をしっかり伸ばせばいいだけですね。暴落を心配するのではなく
暴落が来てから対処しても遅くはないですね。上げ相場でたっぷり口座外資金を増やしておけば
暴落などはまったく怖くないです。


しかし6月からは一気に上げるのではなく適度に調整を入れながらですから意外と好相場は長続きする
可能性も否定できない可能性もありますね。というよりもう去年7月からですから一年以上好相場が
続いていますが意外と過熱感がないのがいいですね。


それととにかく健康には注意が必要です。今年はかなり暑いですから食生活は特に注意したいです。


病気になれば元も子もないです。金儲けと健康は表裏一体です。どちらが欠けても辛いです。


とにかく胃、腸、肝臓、膵臓、腎臓などに負担をかけないことが大事です。


負担をかけないというのは冷たいものを食べない飲まない。消化の悪いものをなるべく食べない。

添加物や加工食品はあまり食べない、かなり内臓に負担がかかります。

血糖値が上がるGI値の高い食べ物はなるべく控える。とにかく血糖値が上がると癌になりやすかったり
太りやすかったり、生活習慣病にかかりやすいなど。

白米など白く精製した食べ物はGI値が高い物が多いです。白米や精白糖などは栄養分をほとんど捨てて
糖分だけにしているようなものですから美味しいのは当然ですが血糖値が上がりやすいのも当然です。

ブログリンク

更新

アキの株日記

ふりむかないで

懐かしい曲ですね。昨日聴いてました。 WINK - 愛が止まらない ふりむかないで(M.V.) / Wink

サラリーマンのセコイ株

現状の確認

イエレン発言から利上げ後退。 米国経済指標からドル安。 19.20日は日銀会合。現状維持。 だたし、GDP上方修正かも? 企業の決算発表近づく...

未登録です


.


みんなの更新記事