やっとこさ車両が出来上がりに近付きつつあります。

イメージ 1

イメージ 2

車両前面の増加装甲を兼ねた予備キャタピラがアクセントになりますでしょうか?

イメージ 3

イメージ 4

車内もグレー単色では寂しいので、同じグレーでも色調を変えてみたり、イエロー系の小物を置いたりしております。

イメージ 5

イメージ 6

積荷は既製のレジンパーツを使っておりますが、布地の塗装は難しいですね。

イメージ 7

奥まった場所にある、融けかかった雪...に見えるでしょうか?

イメージ 8

イメージ 9

フェンダー上にも乗せてみました。

さて、苦手なフィギュアに取り掛からねばなりませんね...

この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1

水性アクリル(トールペイント用)を用いて冬季迷彩を塗っていきます。水、もしくはアクリル溶剤で簡単に落とせます(やり直しも容易)

イメージ 2

実車も春先になると冬季迷彩を洗い流すようですから「剥がれ」と言うよりは「溶解」みたいなイメージですかね?

イメージ 3

イメージ 4

白の色味を変えて数色塗り、水で落とした後に油彩にて汚れを入れてみました。装備品も本来ならば白く塗っちゃうんでしょうが見栄え重視ですね♪

イメージ 5

そう言う意味で今号のAM誌は色々と参考になりました!特に巻末のM10が見応えがありましたねぇ♪
また、ここ数号でカラーページが増えている気がしますが、作品をカラーで見れるのは有難いですなぁ♪

この記事に

開く コメント(7)

年明けのインフルエンザ罹患もありましたが、何とか通常に戻る事ができましたので...
ハノマーグ君を塗装してまいります♪

イメージ 1

オキサイトレッド吹き付け。

イメージ 2

ジャーマングレーを吹き付けモジュラー塗装っぽくしてみましたが、少し暗いかなぁ?

とは言え、今回はこの上に冬季迷彩を施しますからまぁいいかなぁ?

イメージ 3

冬季迷彩塗りたて!だとチョッとオモチャっぽくなるので...

イメージ 4

イメージ 5

目指すはこの位のハゲかかった感じでしょうか?

イメージ 6

オープントップの宿命の内部塗装から行います。シャビシャビにした水性アクリルをフィルター塗装の様にした後に爪楊枝でカリカリとチッピング入れてます♪

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

シートや無線機、砲周りも塗り分けて行きますが、もう少し床は濡れた感じが良いかもしれないですね。
今週〜来週で何とか車輌を仕上げたいですね♪

この記事に

開く コメント(5)

自宅にてインフルエンザ隔離されていた間に...チマチマっと作業を進めたフィンランド軍3凸さんですが...

イメージ 1

特徴ある車体後部にある荷物入れをプラ板で作り。

イメージ 2

エポパテで戦闘室前面のセメントアーマーを再現したり。

イメージ 3

太めのランナー(4.5mm位かな?)で戦闘室サイドの丸太アーマーを作って...

イメージ 4

イメージ 5

それとなく組立完了です♪

この記事に

開く コメント(6)

新年早々大当たり〜♪

まぁ、宝くじではないのですがね...

イメージ 1

元旦のお昼頃から熱発し、夜には38度台を行ったり来たり、過去のインフルエンザ体験からすぐさま妻子を妻実家へ避難させ、2日に「休日医療診療所」を受診、物凄い数の患者の中「インフルエンザ検査」を受ける事を伝えると少し優先されたのか?検査→診察→投薬がスムーズに進みました。
が、
ココで感じたのが、患者さんの意識が低い(インフルエンザに罹患して低いもクソも無いのですが)余りにも無防備な人が多すぎ!!
特にインフルエンザA型は高熱にならない傾向が強く「風邪かなぁ?」と勘違いされ易く、また、罹患して直ぐの検査では反応が出ない事も多いので、この時期の病院、診療所等にはインフルエンザ患者が多数居ると踏まえて受診されるべきですよ!
特に、小さなお子さんや抵抗力の低い高齢者を受診させる時には御自身を含め、せめてマスクの準備や、携帯で呼び出してもらえるならば待合室外(車の中)で待たせてもらった方がベターです!!!
明日から、大体の病院等が通常診察になると思われますが、もらわなくても良いインフルエンザをもらって来ないようにご注意下さいね!

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事