2019年 関西AFVの会

イメージ 1

2019年の関西AFVの会の日時が決定したようです!

イメージ 2

関西AFVの会は「フィンランド物ネタ」と決めていますのでおさらいをしましょうかね?

この記事に

開く コメント(0)

タミヤさんの新商品はHummel (Late Production)の様ですね〜♪ 部分組み立てキャタピラかな?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開く コメント(6)

塗装を進めております。

イメージ 1

イメージ 2

マフラーの、熱焼けによる錆がどの位の物か毎回悩みますねぇ。
ラッカーの基本塗装の上からチマチマと油彩で色付けしてますので、ツヤが若干残ってますね。

イメージ 3

イメージ 4

実車写真にはエンジンデッキ上に箱状のものがありますので、弾薬箱と仮定して設置。
あっ、4号戦車にはバケツが欠かせませんね。

この記事に

開く コメント(6)

「4号架橋車改修 5cm対戦車自走砲」も楽しかったチマチマ工作に終わりを告げ、塗装に入る事になりました。
現存する実車写真は「ジャーマングレー」と「冬季迷彩」に塗装されたものがありますので、今回は「ジャーマングレー」単色と思われる方で塗ろうと思います。

イメージ 1

今回はサフを吹かず、金属部にはプライマーを塗布しておきいきなり「ジャーマングレー」を吹き付けております。モジュレーション塗りと言うよりは、グラデーション塗りになりますね。

イメージ 2

木部はアクリルで塗っておりますが、架橋車時代からの物なのか?改修時に付けた蓋なのか?が判断出来ず、中途半端な塗りになりそうです。

イメージ 3

足廻りは油彩にて泥汚れの雰囲気を狙っております。油彩は調色が難しくない上、若干のツヤが残るので足廻りの汚しに向いていますね。

イメージ 4

砲はもう少し色調を変えようかなぁと思います。別から持って来て有り合わせ感をもう少し出したいですね。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

当時のカラー写真を見ながら、色々と考えている時もまた楽しいひと時ですね。

この記事に

開く コメント(6)

「4号架橋車改修 5cm対戦車砲自走砲」ですが、5cm対戦車砲の高さを2mm程下げる事が出来ました。

イメージ 1

僅か2mmの差なのですが雰囲気がかなり変わりました。記録写真に近くなったかな?

イメージ 2

記録写真では車体上に3名の乗員?の姿が見えますのでコート姿を2名、戦車兵服姿を1名チョイスしてみました、

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

牽引ホールドのバーに、紛失防止用のチェーンを付けたり、フェンダーのリベット付けたり、エンジン部空気取り入れ口の蓋金物をらしくしてみたり、と、楽しかったチマチマ工作は終わりを迎えようとしています。
これ以上弄るとなるとね...

イメージ 6

イメージ 7

牽引ワイヤーは「建築用水糸」ですが、ナイロン製の為に瞬着も効きづらく塗装もキチンとプライマー処理しないとヤバ目ですから、そろそろ金属製に戻ろうかなぁ?コスパは最高なんですがね。

来週辺りから塗り出そうかな?

イメージ 8

最新のAM誌に「泥コン」なるコンテストの記事がありました。詳しくは来月号とありますが、未発表作品となるとコレじゃあ駄目かもしれないので、ネタ探し♪

イメージ 9

バイクをココに載せますか!エンジンデッキやその他にも色々と載せてますね〜♪
でも、キャタピラの接地面は泥が付かないんですね!

イメージ 10

イメージ 11

連合側車両や、現用車両でも面白そうですね!

イメージ 12

フィギュアだけでもそれなりにサマになりますね?車両はパンターかな?

関西AFVの会に合わせた作品にするかなぁ?

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事