徒然なるパパに 〜染み抜きアラカルト〜

日本全国に宅配するクリーニング屋の染み抜き事例と日頃様々に感じたお話しです・.・

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 先日、関西方面から色修正のワンピースが宅配便で届いた。
 
 ウール製品の場合には、着用後ドライクリーニングしても色かけ部分の色落ちはほとんどない。
 
 しかし、綿・麻製品の場合には、大部分水洗いするので、色かけ部分が水溶性の染料を使っているため色が落ちる可能性が高い。
 
イメージ 2 
 
 つまり、色かけした洋服は、洗濯機で洗った後、再度色かけする必要がある。
 
 今回は、赤っぽく脱色した部分に青色で赤をなくしてから、地色と同じ茶色染料をのせた。
 
 
イメージ 3 2点目は、スカートの脱色を補正染色。
 
 
 お客様がシールを貼ってくれたので、脱色の場所がすぐにわかった。
 
 
 
 
イメージ 4 まず最初に、地色と同じ染料でエアブラシを使い色かけを行ってみた。
 
 
 しかし、色が沈んでしまう。
 
 なので、顔料での色かけを試みた。
 
 
イメージ 5 多少、濃い目の顔料を使用し、生地の表面にほんの少しのせる感じでの色かけ。
 
 
 顔料での修正は、テンセルなどの素材の時にもよく使用している。
 
 染料と顔料には、それぞれ独特な特性があるので、色修正にはどちらもかかせない道具である。
 
================================
   福島県 会津坂下町
  かざまクリーニング
   
http://www.netde-cleaning.com
   maido@netde-cleaning.com
================================ 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事