徒然なるパパに 〜染み抜きアラカルト〜

日本全国に宅配するクリーニング屋の染み抜き事例と日頃様々に感じたお話しです・.・

全体表示

[ リスト ]

「あの二人の旅は、長いのだろうな」
「長くて、短い。そんなものだろう。何年もかけて、宋江殿は準備された。その準備の、総仕上げの旅になるのだからな」
宋江が、梁山泊に入山してくる光景を、朱公は思い浮かべた。
替天行道の旗が、風の中で音をたてている。
(北方謙三著 水滸伝第三巻 輪舞の章より)


「あのジャージについた染み抜きは、長くかかるのだろうな」
「長くて、短い。そんなものだろう。1時間以上もかけて、7本のジャージを染み抜き処理した。その処理の、総仕上げは見てのとおりだからな」
会津自然の家の職員が、見明山に入山していく光景を、風間は思い浮かべた。
流線型の青い車が、風の中でマフラー音をたてている。
(かざまクリーニング著 水滸伝第三巻 林部の章より)

イメージ 1




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事