徒然なるパパに 〜染み抜きアラカルト〜

日本全国に宅配するクリーニング屋の染み抜き事例と日頃様々に感じたお話しです・.・

全体表示

[ リスト ]

「まったく、この梁山泊というところは、怪物のようなやつばかりいる。きのうは、李陸が来て、板斧を作ってくれと言うし。李陸は、片手で軽々と岩を切る」
「それも技だ。おまえも、どんな鉄よりしっかりした鉄を鍛えあげる。見事な技を持っているではないか、湯隆」
「おまえたちのような怪物と、同じに扱われたくない。俺は、人間だぞ」
(北方謙三著 水滸伝第七巻 烈火の章より)

「まったく、この絹ブラウスは、水に弱いものである。先日は、化粧品がつき、ちょっと水で擦っただけと言うし。絹ブラウスには、軽々とスレが生じた」
「それも技で修正できる。どんなスレであろうがしっかりとスレを直してあげる。見事な技をもっているではないか、等々」
(かざまクリーニング著 水滸伝第七巻 スレ劣化の章より)

イメージ 1






.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事