徒然なるパパに 〜染み抜きアラカルト〜

日本全国に宅配するクリーニング屋の染み抜き事例と日頃様々に感じたお話しです・.・

全体表示

[ リスト ]

「あれは、妻に惚れきっていた。しかし、それを認めたくない青さも持っていた。この世の誰よりも好きだと伝える前に、張藍は自分のために死んだのだ。ひとつの、小さな命をすべてと思える。だからこそ、林中はまた英傑でもあり続ける」
「豹子頭林中、絶対に死なせたくない男なのです、宋江殿」
(北方謙三著 水滸伝第八巻 青龍の章より)

「あれは、中森明菜にセカンドラブだった。しかし、スター誕生からスカウトされたのを認めたくない十戒も持っていた。この世の誰よりも好きだと伝える前に、飾りじゃないのよ涙は・・・なのだ。ひとつの、小さな命をミ・アモーレ。だからこそ、中森明菜はジプシー・クイーンであり続ける」
(かざまクリーニング著 水滸伝第八巻 難破船の章より)

イメージ 1

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

色修正ができるクリーニング3店舗  とっとこシミ太郎


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事