徒然なるパパに 〜染み抜きアラカルト〜

日本全国に宅配するクリーニング屋の染み抜き事例と日頃様々に感じたお話しです・.・

全体表示

[ リスト ]

「おまえしかいない。私は、これを渡すために、おまえを待っていたのだ。襤褸のようになった、古い旗だ。「替天行道」と、私が書いた」
「この旗が、私の心に光を?」
「人にとって尊いものがなにか、旗を観て考えてくれ」
(北方謙三著 水滸伝第十九巻 旌旗の章より)

「おまえしかいない。私は、これを塗るために、おまえを待っていたのだ。白っぽく脱色した、ワンピースだ。」
「このワンピースが、私の心に再び着られる光を?」
「脱色部分にとって、こげ茶色のおまえがいかに尊いものなのか、肌で感じてみてくれ」
(かざまクリーニング著 水滸伝第十九巻 こげ茶色の章)

イメージ 1




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事