徒然なるパパに 〜染み抜きアラカルト〜

日本全国に宅配するクリーニング屋の染み抜き事例と日頃様々に感じたお話しです・.・

色修正

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

中華のなかで最高の頭脳をもつ管仲には、そういう自覚があったにちがいない。
−−−人には、空虚を原因とする生きかたがあってもよい。
人は何年もかかって変わる場合もあるが、一瞬にして変わる人もいる。
(宮城谷昌光著 管仲 上巻)

イネドのなかで最高のカシミアをもつコートには、脱色した所を綺麗にしたいという自覚があったにちがいない。
−−−コートには、日光を原因とする変色があってもしかたない。
変色には何年もかかって変わる場合もあるが、一瞬にして色修正で戻す職人もいる。
(かざまクリーニング著 カシミアコートの情感)

イメージ 1

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

色修正ができるクリーニング3店舗  とっとこシミ太郎
「おまえしかいない。私は、これを渡すために、おまえを待っていたのだ。襤褸のようになった、古い旗だ。「替天行道」と、私が書いた」
「この旗が、私の心に光を?」
「人にとって尊いものがなにか、旗を観て考えてくれ」
(北方謙三著 水滸伝第十九巻 旌旗の章より)

「おまえしかいない。私は、これを塗るために、おまえを待っていたのだ。白っぽく脱色した、ワンピースだ。」
「このワンピースが、私の心に再び着られる光を?」
「脱色部分にとって、こげ茶色のおまえがいかに尊いものなのか、肌で感じてみてくれ」
(かざまクリーニング著 水滸伝第十九巻 こげ茶色の章)

イメージ 1



宿へ戻ると、厩に人がいた。馬を盗もうとして、赤雷に蹴り倒されたらしい。
「こいつは、うちの厩から馬を盗もうとしたのだ。うちはこれまでに二頭被害に遭っていてね。こんなふうに、馬が自分で盗人を蹴飛ばしてくれると助かる」
「気が荒いというわけではありません。ただ、私たちの言うことしか聞きません」
(北方謙三著 水滸伝第十七巻 朱雀の章より)

今朝、BSのあまちゃん再放送へ戻ると、画面に薬師丸ひろ子がいた。太巻に寿司屋に誘われたらしい。
「昔、小泉今日子を、薬師丸ひろ子の影武者としたのだ。今度は、あまちゃんを付き人としてくれると助かる」
「ずぶんは、高い所が好きというわけではありません。ただ、高所恐怖症なだけです by先輩」
(かざまクリーニング著 水滸伝第十七巻 寿司屋でばったりの章より)

イメージ 1


福島県会津坂下町  かざまクリーニング

色修正ができるクリーニング3店舗  とっとこシミ太郎

「高求などという男を、まともな話し相手とするか?」
李富も聞燗章も、うつむいて黙りこんだ。
「戦には、陽動という策がある。陽動と見抜いたら、動かぬことだ。動けば、隙が出る。その隙につけこむための陽動だからだ」
(北方謙三著 水滸伝第十六巻 馳聚の章より)

「日焼けした所に、まともに地色と同じ色を入れたりするか?」
オレンジ色も黄色も、うつむいて黙りこんだ。
「色修正には、動揺という策がある。地色に足りない色を見抜いたら、その色を入れることだ。地色と同じ色を入れると、全く違う濃い色になってしまうので動揺するからだ」
(かざまクリーニング著 水洗伝第十六巻 こんな感じでどうよぅの章より)


イメージ 1

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

色修正ができるクリーニング3店舗  とっとこシミ太郎

「赤雷」
「えっ」
「名前です。赤雷というのは、どう思いますか、楊令殿?」
「そういえば、雷の音がしていたな。いや、いいと思う。赤雷か。雷とともに生まれてきた馬だ」
 (北方謙三著 水滸伝第十五巻 天弓の章より)

「赤黒」
「えっ」
「Tシャツの色です。赤黒というのは、どう思いますか」
「そういえば、黒には様々な黒があるな。今回は、赤っぽい黒か。デビルマンとともに生まれてきたTシャツだ」
(かざまクリーニング著 水滸伝第十五巻 デビルマンの章より )


イメージ 1



全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事