神保町の夏目漱石《1・16・火》

1月 落語カフェ入り口のエレベーター横にチラシ。 神保町に夏目漱石はよく似合う。 『2018年は夏目漱石』 じゃなくて、 『2018年は夢月亭清麿』。 随談「体感明治維新」 新作落語ネタおろし『漱石山房夏目漱石記念館にて』 満員。 お正月お年玉木戸銭千円。 小さい声で、シンプルに、軽く。 則天去私!

その他の最新記事

すべて表示

何か虎造次郎長伝のCDを聞く。 何種類か所有してるが、 恥づかしながら引越しの名残りで数枚、仕事部屋にある。 虎造とか圓生は明らかに天才より上の名人。 手塚治虫はデビューこのかた天才。 虎造、圓生と手塚治虫をどっちが上かと、 私にとわれたら、 間髪いれずに手塚治虫と答える。 天才とか名人とか、 物差 ...すべて表示すべて表示

旧正月《1・21・日》

2018/1/21(日) 午後 3:15

母とお餅、 丸武の玉子焼き、かまぼこ、数の子、生ハム、牛佃煮、小女子浅炊き、沢庵、卵スープ、海苔、 全国都道府県駅伝 を見ながら。 お正月だ。

石神井図書館《1・20・土》

2018/1/20(土) 午後 3:08

私が高校生だったころは新築だったような気がする。 夏休みなど通った。 久々に来て見る。 本の並びなど全く記憶にない。 懐かしくもないが。 墨田区、江東区の図書館に比べて人が多い気がする。 ここで借りたんだよなあ 「カラマーゾフの兄弟」 とか 「練馬独立運動史」 とか。



.


みんなの更新記事