全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1012ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

自慢

今のうちに自慢を言っておくと
私は石神井育ちで
今、広瀬すずが東映動画(大泉学園)に入社した1956年に生まれた。
も少しで出てくる手塚先生の虫プロは石神井公園駅の隣の富士見台だ。
今は間に練馬高野台駅ができたけど。

私が少年の頃はディフェンスが甘かったので、友達と何となく遊びに行って、
まさに失敗した絵をアニメーター(だかなんだか知らないが)のお兄さんにもらった。
なんとなくセルも貰った。
あと、焼却炉の焼け残りのセルも持って帰った。

要するに石神井の漫画少年は広瀬すずとそーとー近場で生きてたんだ。

広瀬すずとすれ違った可能性もある。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

6月3日(月)のにんげん

朝、夢。
お芝居かなんかで、役がつく夢を見る。

困る。
が、何かお祭りみたいに高揚してる。

こんな夢見るなんて、飯田一雄にんげん座のにんげんになったなあ、と思う。

練馬から押上。

途中、プール。

今日は、コントなんてさらうまいと思うが、すぐ、水中ウォーキングで、さらう。

プールサイドに帳面を持っていく。

机周りにちょうどいいサイズノートがないので、古い帳面を持っていった。

この帳面が、小4の夏に、よほどやることがなかったんだろう、算数の自習のために作った帳面。「夏休み勉強ノート」と表紙に書いてある。10ページほど、教科書かドリルかの答えが書いてあって終わっている。
残ったとこもったいので使う。

イメージ 1



クスグリ思いついちゃあメモ。

そしたら、係員のバイト君に、ノート持ち込み禁止なので、次回からやめて下さい、と言われる。

うちへ着く。

飯田一雄先生からのお手紙が届いていた。

お身体は回復してるようだ。

相変わらずの程良く浮かれた文章。

もうすぐお会い出来るのが楽しみだ。

ま、それだけですが、何か?

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

6月2日の「いだてん」が遂に面白くなりました。

女子高の先生の赴任しました。

女子高の中心になる女の子が抜群にいい。

早く朝ドラの主演をやっていただきたい。

女の子が集団で行ったり来たり。
カナクリ君も右往左往。
両者の対立があっという間に解決。

あーいった集団の頑張ったりするのが私好きだから。

大河ドラマ的な面白さじゃないけどね。

まあ、何でもいい。
私が面白きゃ。

「ばばばっ」というのがおそらく熊本の方言で、
「じぇじぇじぇ」の二番煎じを狙っているようだが、
そのコトさえ突っ込んでもらえない。


土曜の昼だったか、役所広司がNHKに出てた。
クドカンはVTR出演。

全部ちゃんと見たわけではないが、
うまくいってるテイで話が進行してる。


痛々しい。
腹が立つ。

お互いを罵り合うようなサービス精神はないのか。

そこまで行かなくても、自分の非力を謝罪し合うよなパフォーマンスとか。


週刊文春では、宮藤官九郎の「いだてん」言い訳が続く。画期的ではある。

あ、そーか。
役所広司や志ん生や四三や阿部サダヲとかグッと脇に回って、出なくていいから、あのやり投げ女子高生と綾瀬はるかを主役にすればいい。
あと7ヶ月。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1


横着な独身男がうちで作るような。

見た目でわかるよな。

店の表に写真が貼ってあって値段も出てない。

だからこそ旨いか?と思う馬鹿さ加減。

卵が手抜き。
ゆで卵二つ割り。
薄焼き卵じゃない。

トマトが手抜き。
ミニトマト置けばいい。
切らなくていい。

チャーシューが、冷たいそばに乗せる代物じゃない。
脂どーん!
熱いラーメンならアリだが。
まず、細切りにしろって話だが。

海老だとかクラゲだとかのお愛想一切無し。

これ1・5玉なのですが、
私にはスープが足りない、
恥ずかしながら、スープ飲むほうなので。

「カラシないの?」
と聞く。
あるようなこと言うが、なかなか来ない。
ないならないで食うので、他の人に聞く。
きた。

イメージ 2

カラシ盛り過ぎてはがしてきたようだ。
「紅しょうがもついてました」

イメージ 3

と言って別の小皿を持ってきた。

で、
餃子

イメージ 4

これがうまい!
びっくり。
こーゆー感じの展開だったので全く餃子期待してなったから。
以前何回か食べたが感心はしなかった。

ストレートな少年の味。
青春餃子。

今度ラーメンと一緒に食おう

麺1、5玉
餃子で、935円。

しかし、手を抜くことだけを考えて店で出す食い物が存在するんだね。ここの冷やし中華のように。

この餃子もそうかもしれない。
が、うまい。

人生餃子。

開く コメント(0)

木曜日のデスマッチ

赤江珠緒たまむすび木曜パートナーピエール瀧コカインの為、週代わり。
ピエール瀧のつなぎというよりは、後釜選びコンテストと見た。


赤江珠緒ABC時代の先輩アナは、思い出話ばっかりでダメだろう。

ビビる大木は、発展性、緊張感がない。

東京03の飯塚は、びっくりするぐらいクオリティが高かった。水曜パートナー大吉先生と同じように的確に突っ込む。この年代の有能な芸人さんの力量に感心。が、大吉先生に似過ぎか。

土屋礼央。飯塚と同じように突っ込む。そして、オリジナルのウンチク話が面白い。伊達に裏でパーソナリティをやってなかったね。が、有能過ぎて、赤江がかすみそうだ。

佐藤二朗が凄かった。ピエール瀧と同じだった。初対面の赤江珠緒のポンコツを上手いこと説明した。ピエール瀧の放送を聞いて勉強したのか。勉強して出来るもんでもなかろう。同じ体質なんだろう。

ずんの飯尾。実は、次週飯尾と聞いて、それがあったか!決まりだな。新しい!と思った。が、ダメだった。人が良く、あるいは気づかないのか、赤江珠緒のポンコツをスルースルー。気を使いながら時間だけが過ぎていった。

来週、ブルボン。
さて。


佐藤二朗がいいかな。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1012ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事