風こぞうのブログ

昭和の記憶と資料を頼りに書き込んでます。

全体表示

[ リスト ]

記事に何たび、書き込みしたか覚えてませんが私の理解者(勝手に思ってるだけ)である、ブロ友の「よっしーさん」に答えます。
※書庫の過去記事と重複してます。
 
『里中満智子』
最近は雑誌連載はされてないようですが高校2年のとき(1964年)「ピアの肖像」で第1回講談社新人漫画賞を受賞され、次々にヒット作を飛ばし続け、少女漫画の黄金時代といわれる1970年から1980年にかけて、少女漫画を常にリードされた女流漫画家さんたちの中でも大御所といわねばならないでしょう。
 
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
過去記事でも述べてますが私が里中作品に始めて、出会ったのは「少女フレンド」に連載中だった昭和47年発表の「あした輝く」でした。
妙に心に残った作品でコミック化されたと知った際に買い求めました。
その後も記憶に奥深く残り、昭和58年に長女が生まれる前から(生まれる子は女の子と決め付けてました)この「あした輝く」の女の子の名前からちよっと捻り長女の名前を考えました。
 
「あした輝く」・・・週刊少女フレンド・昭47年〜48年連載。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
  ※所持していたコミックの里中作品は現在、娘に送ったので転載しました。
この頃の少女雑誌は確かに活力に満ち溢れ、女流漫画家もわたなべまさこ、水野英子、牧美也子の少女漫画開拓者を筆頭に浦野千賀子、本村三四子、西谷祥子、忠津陽子等々・・・並居る大物女流漫画家が出揃ってました。
 
         月刊「mimi」・・・昭和52年連載。
 
イメージ 8
      少女フレンド・・・昭和48年
イメージ 9
 
 
イメージ 12
 
昭和51年 ・・・少年マガジン連載。            
イメージ 14
 
イメージ 15
昭和50年・・・なかよし連載。                
 
イメージ 16
 
少年マガジンでも水島新司氏の「野球狂の詩」シリーズの"ウォッス10番"
続編となる"ガッツ10番"は里中満智子さんが女性を描いた共作でした。
 
昭和49年4.5号
イメージ 13
 
イメージ 10
 
イメージ 11
野球の才能はあるが生きるのが不器用な富樫平八郎と夕子のハートウォーミング・ラブストーリーでした。
現在も漫画界以外でも活躍され、少女漫画史に足跡を残された里中満智子さん、創作を大人漫画に行かれましたが私は決して忘れることの出来ない女流漫画家さんです。
 

この記事に

閉じる コメント(14)

顔アイコン

我儘なお願いにこんなに早く答えて戴き、本当に有難う御座います。ナイスを十万個くらい入れたいけれど、機械操作がお粗末なので一個しかよう入れられません事が残念です。何もお返しをできませんが。本当に感謝感激、落涙狂喜させて貰ってます。

2012/9/15(土) 午後 2:06 [ よっしー ] 返信する

顔アイコン

ハハハ・・・よっしーさん(^_^)

あれも、これもと書きたかったのですが過去にも記事にしてるので
コンパクトにまとめてみました。
そのように喜んで頂くと内容のまずさに恥ずかしいです。
私自身も若死にさせてしまった女房との新婚時代を思い出し、胸が熱くなってしまいましたよ。
私が付けた二人の姫は名前で徳することが多いと言ってます。
里中さんの漫画に出合わなければ考えられなかったでしょう。

2012/9/15(土) 午後 3:17 [ 風こぞう ] 返信する

どうも失礼しました(。-_-。)

里中満智子好きでしたね(^_-)

昔、女の花園にお邪魔した時
好い香りが、、、^^;

2012/9/15(土) 午後 8:00 [ 悪たれ小僧 ] 返信する

顔アイコン

いらっしゃ〜い、大歓迎です。悪たれこぞうさん(^^)
ギドラキュラさんほどクオリティーのレベルはハイではありませんが
私なりに楽しんでます。
女の花園・・・?それってピンサロですかぁー。
同じ「こぞう」のハンドルネーム、仲良くしましょう。

2012/9/15(土) 午後 8:38 [ 風こぞう ] 返信する

顔アイコン

あざ〜っす(^o^)v

違いますよ〜♪

里中満智子☆
仕事場です♪

30数年前ですが
綺麗でしたよ(^з^)-☆

2012/9/15(土) 午後 8:53 [ 悪たれ小僧 ] 返信する

顔アイコン

里中さんの素晴らしさは言うまでもありませんね。
どの作品も魅力あふれるものばかりです。
私は、昔のなかよし作品を読んだだけですが、ストリーの歯切れの良さに心を打たれたものでした。

私の知らない作品もこれから読んでみたいと思います。

2012/9/15(土) 午後 10:41 りなち 返信する

顔アイコン

悪たれ小僧さん-☆

オフィスだったですかぁ。
行かれたのですねー。
里中満智子さん、自身の漫画キャラ同様、美人ですよね。
羨ましい話、聞きましたー。

2012/9/16(日) 午前 6:32 [ 風こぞう ] 返信する

顔アイコン

りなさん、ドーモです。

持ってたコミック、全部、娘たちに送ってしまいました。
少女漫画時代の里中作品、若い人にも受けてる様です。

2012/9/16(日) 午前 6:37 [ 風こぞう ] 返信する

顔アイコン

渡辺さんは、ミステリーも、愛憎関係も、色々の本が、,里中さんも、感動物が多くて好きで,いっぱい本が、ありました。子ずかいは、ぜんぶ、本ばかり、泣きながら、読んだり、父から、、良く怒られてました。外で、運動したり、、身体を、鍛えろ、と、、弱い子になると、、

2012/9/16(日) 午後 7:07 [ さんみげる ] 返信する

顔アイコン

さんみげるさん-♪

愛とは、絆とは、男と女とは・・・人間賛歌を謳いあげた里中作品
決して身体を鍛えるだけが良いとは思いません。
両方、必要なのではないでしょうか。
片寄ってはダメだと思ってます。

2012/9/16(日) 午後 7:20 [ 風こぞう ] 返信する

私は里中さんが手塚先生の大ファンだと知った時の喜びは例えようもありませんでした。
「さすらい麦子」と「スポットライト」と郷ひろみをモデルにした漫画が懐かしいです。

2012/9/16(日) 午後 10:11 ユリア 返信する

顔アイコン

ユリアさん-♪

「さすらい麦子」・・・忘れてました、画像を追加することで
「お許し下さい、ユリアさま」山のフドウのセリフでした(北斗の拳)

2012/9/17(月) 午前 8:01 [ 風こぞう ] 返信する

風こぞうさん、「さすらい麦子」の画像貼り、ありがとうございます♪
私は里中満智子さんが少年マガジンに描くと知った時、どんな漫画なんだろうと思ったんです。
薄幸の美少女が様々な苦難に負けないで、ひたむきに生きる作品が多かったので、いまひとつイメージがわかなかったんです。
やっぱり、少年マガジンでも同じようなストーリーなのかな?
ところが、連載が始まって、びっくり!
ちっちゃい麦子ちゃんて女の子が、いつもお胸を丸だしにしてるんですもん!
なんだか、里中満智子さんにがっかりしてしまいました。(苦笑)
でも、それを除けば麦子ちゃんはとっても可愛い女の子だったと思います♪
そういえば、「キャンディ・キャンディ」のいがらしゆみこさんも少年漫画に「ぼくのブラジャー・アイランド」って、エッチな作品を描いていたみたいですが、そちらは読んでいません。
風こぞうさん、ご存知ですか?

2012/9/17(月) 午後 6:10 ユリア 返信する

顔アイコン

ユリアさん-♪

気がついてくれてありがとサンデーす。
サンデーではなく月刊・少年マガジンの昭和62年の5月号〜8月号までの短期連載ですが原作付きで掲載されてますね。
エッ!何で知ってるかって・・・それは企業秘密ってそんなものではなく、ネタばらしをすると少女、少年漫画の全史を資料として持っているからです。
でも、立ち読みの常習犯でしたから覚えてますよ。
「さすらい麦子」に似たもので「姫がいく!」もありましたね。

2012/9/17(月) 午後 6:35 [ 風こぞう ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事