風こぞうのブログ

4月21日、『風こぞうのブログ』は活動停止致しました。

全体表示

[ リスト ]

元ネタは昭和41年・増刊「少年サンデー」の読みきり「縄と石捕物控』石森章太郎である。
既刊で掲載されていたと思うのだが「週刊少年サンデー」に連載途中だったか(?)
題名が「佐武と市捕物控」に変更されたような記憶がある。(うら覚えなのだ)
 
週刊少年サンデー・・・昭和42年11号〜33号連載。
ビッグコミック・・・昭和43年4月号〜47年4月10日号連載。 
 
サンデー版では幼く描かれていた佐武だが劇画ブームの影響か、青年誌のビッグコミックでは成長して登場していた。
 
アニメ版・・・昭和43年10月〜44年9月(全52話)
イメージ 1
 
原作漫画では佐武の生い立ちは甲斐の寒村を貧苦の為村を出た佐武を江戸で岡っ引きの佐平次に助けられ、佐平次の娘、みどりと一緒に暮らす設定だったがアニメでは人を斬ったため、追われる無宿人夫婦の子として生まれていた。
手がかりになったのはお守り袋の中に入れられた素性を書いた紙きれでした。本当の事を知った市やんは佐武には黙って、今は亡き親父の灯篭を「流してやれ」と佐武に渡します。
イメージ 2
佐武の父親、源太・・・成長した佐武と再会しますが追われる者と追う者では
名乗る出ることが出来ません。
昔の仲間の罠にはまり殺害されてしまいます。
イメージ 8
順序が逆になりましたがアニメのオープニング。
「罪は憎いが○○憎まず人を斬る、斬るも縛るも人の為、闇を切り裂く男意気
おぼろ月夜の佐武と市」・・・小林昭二さんのナレーターですが何と言っているのか○○は聞き取れません。
 
佐武・・・下っぴきだが佐平次親分が病床の為、行動する。
     先端の尖った十手に縄を繋いで使う捕縄術の名手。
イメージ 9
相棒の居合いの達人、市やん。
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
アニメ製作はスタジオ・ゼロ、東映動画。虫プロ・・・放映の度に製作元が変わります。
作画も精度が良かったり、乱暴だったりと変化しまくってました。
イメージ 14
 
イメージ 15 
 
相棒の市やんの紹介、忘れてました。 
子供の頃、馬に蹴られたことから視神経切断され、失明しますがその不安から剣を学び居合い抜きの達人・・・座頭市の流用ですね。
 
原作漫画のみどりと佐平次。
イメージ 3
 
アニメのみどりと佐平次。
イメージ 4
 
イメージ 5
原作漫画では佐平次亡きあと、佐武とみどりは所帯を持ち男の子が生まれました。
TV実写版は昭和56年から57年にかけて三浦友和、梅宮の辰兄ぃ、名取裕子でSPドラマ化されましたね(全4話)
しかし、アニメ版に携わった人たちには演出にりんたろう、真崎守、鈴木伸一
村野守美、監修に東映の時代劇、巨匠・松田定次監督が関係していました。
 
最後にラーメンの鈴木さんの能書き。
イメージ 6
 
イメージ 7
     

閉じる コメント(9)

顔アイコン

素晴らしいです。ファミリー劇場で放送していたのを録画していました。だから、もう一度、ゆっくりじっくりこっくりと観なおしてみます。

2012/10/7(日) 午後 3:34 [ よっしー ]

顔アイコン

追記:

「縄と石」・・・確認するとタイトルは「縄と石」ですがサブタイトルが「佐武と市捕物控」だったんですねぇ・・・。

2012/10/7(日) 午後 3:37 [ 風こぞう ]

顔アイコン

また一言多くてすみません。

・別冊少年サンデー版もありましたね。

・ナレーション「罪は憎いが憎まぬ人を、斬るも縛るも人のため、、、(闇を以下同じ)」だと思います

・ドラマ版は、なべおさみ版のほうが多い話数で作られています(連続ドラマ)。「十手野郎捕物控」と改題されているので検索では判りにくいですね。

また出しゃばってすみません。<m(__)m>

2012/10/7(日) 午後 4:49 [ 空飛ぶアカエイ ]

顔アイコン

よっしーさん:

私もスカパーでRECしましたよ。
全話、観てませんが結構、背景に実写を絡めて面白いです。
フルアニメじゃないのが良いです。

2012/10/7(日) 午後 4:57 [ 風こぞう ]

顔アイコン

アカエイさん:

なるほど、意味繋がりましたぁ。
なべおさみさんのものは全くの別物として扱いました。
〜そこがアカエイさんの良いとこです〜

2012/10/7(日) 午後 5:06 [ 風こぞう ]

私はこのアニメは観てないのですが、スタジオゼロを、手塚先生がスタジオボロと言い間違えたと、永島慎二さんが漫画で描いていたと記憶しています。
スタジオゼロは、なんでも藤子不二雄さんが関わっていたそうですね。

2012/10/7(日) 午後 7:18 ユリア

顔アイコン

ユリアさん、ワンバンコです♪

トキワ荘出身の漫画家で設立され、石森、鈴木、角田次郎、両藤子、後から赤塚さんも参加しました。
オバQ、パーマン、怪物くん等、全作ではありませんが製作されてますね。
結局、鈴木氏が残り、アニメの中で「スタジオ・ボロ」で登場してます。

2012/10/7(日) 午後 8:50 [ 風こぞう ]

顔アイコン

風こぞうさん

阿公も漫画は覚えているのですがどれを見ていたのでしょう?年代的にはビッグコミック版だと思うのですが、TVアニメは殆ど覚えていません、この頃は就職して仕事が大変忙しい頃だったからと思います。

2012/10/8(月) 午前 8:00 阿公

顔アイコン

阿公さん:

アニメは内容が大人向けだった為PM9:00からの放送でした。
途中から7:00台になりましたが。
多分、ビッグコミックじゃないでしょうか(ウーン)
私はサンデー版は読みましたがビッグコミックは買ってまで読んでなく立ち読みか散髪屋で時々読んだ程度ですよ。

2012/10/8(月) 午前 8:54 [ 風こぞう ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事