風こぞうのブログ

昭和の記憶と資料を頼りに書き込んでます。

闘うヒロイン

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

アンドロ仮面

イメージ 1原作・石森章太郎
画・吾妻ひでお
イメージ 2

イメージ 3イメージ 4

イメージ 5イメージ 6

イメージ 7イメージ 8

イメージ 9イメージ 10

イメージ 11イメージ 12

イメージ 13イメージ 14
〜今日も有意義な一日を-------------------------------------------------- 〜

この記事に

開く コメント(6)

監獄学園…森川葵

イメージ 1

泣きホクロが魅力的な葵さん。

私が注目してる女優さん。
但し、NHKの出演番組は観ません。
映らないからです。
彼氏が出来たようで、それはそれで
良かったネ。

そんな葵さんが出演した番組『監獄学園』
ストーリー
東京都郊外の共学化されたばかりの
元女子高に入学した五人組-----------
女子風呂を覗いたばっかりに裏の生徒会
に罪として懲罰棟(プリズン)に投獄された
男子生徒五人の学園生活を描いた
学園コメディーなのだ。



裏生徒会書記・緑川花(演・森川葵)…空手のインターハイベスト4の実力を持ち、瞬殺の蹴りを繰り出す体育会系の暴力女子。
男子たちからは"暴君"と呼ばれ恐れられているが、フツーの時は一般的な女子高に居る純真な
お子様なのである。


囚人のキヨシにオシッ○をしてるところ、まともに見られてしまいキヨシを執拗に苛める。
イメージ 2
「ん〜〜〜、もう我慢出来ない〜」













しゃがみ込んだ花の真上にはキヨシが居たのだった-----------------------------------
イメージ 3

イメージ 4















イメージ 5

イメージ 6

フゥ。。。。。。。。。。。。
恍惚の表情を浮かべる花。











ドスンッ!!
イメージ 7

ン"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア" wwwwwwwwwwwww
アニメだと---------------------------------------------------------
イメージ 8












イメージ 9

イメージ 10












イメージ 11

ションベンしょうとトイレに入ったキヨシにリベンジする花------------------------------
やおら、パンツを下ろすと「アンタにかけてやるンだから !!」
イメージ 12













「ぶっかけてやるゥ」


イメージ 13

アニメだと-------------------------------------------------------------------
イメージ 14

















イメージ 15

イメージ 16

「見ちゃダメだ」















「あ、あれはメデューサーだ !!」
イメージ 17

「見続けるとオレのオレのエリンゲは、い、石にされちまうぞ。。。!!」
イメージ 18













イメージ 19

チ○コ、チ○コと連発する花、声優さんは若いから真っ赤になってアフレコしたンだろね。
恥辱のヒロイン…森川葵さんでした。

今日はブロ友さんの記事が少ないけど、「森友文書改ざん・集中審議」観てたンだろなぁー。
私もNHKじゃなく、日テレのLIVE、ズッと観てましたよ。
「丁寧にわかり易く・・・」と何度も言ってたアベ、ワザとだろね、のらりくらりと答弁を引っ張りながら
時間稼ぎ。。。どこまでも姑息で卑怯なヤツなンだろ。
「早くゲロして楽になった方が得策じゃないの」



この記事に

開く コメント(4)

「火星にかわって、お仕置きよ !」

イメージ 1
…なンて決めポーズをとってるのは"火野レイ"
火星を守護とするセーラーマーズだ。

演じていたのは。。。そう、今は人妻・北川景子。
この時、確か17歳--------------------(?)
イメージ 2
炎と情熱の戦士だ。
期待してるでしょ、してるよネェ〜

風こぞうのおぃちゃんは、期待を裏切る事はしません------------------------断じて !!
イメージ 3
あぁ、これじゃなかった。 ~~~ (*¨*)ノ

これだよね。
イメージ 4

イメージ 5
パンストを穿かない生足
それもそのハズ。。。。。
ミニスカの下はレオタード
だからなンです。

でもね。
変身を強制解除されると
スッポンポンの全裸に
なっちゃうんです。


そんなシーンってあったぁ


テレビのコミカライズで
連載開始され、今年は
25周年を迎えた。
制作には玩具メーカーが
立会い、しっかりと儲けたのだ。




この記事に

開く コメント(12)

女左膳濡れ燕片手斬り

イメージ 1

市川雷蔵亡き後、失速気味の大映が林不忘の『丹下左膳』をモチーフに女左膳を誕生させた。
主演は安田(当時)道代、相手役に本郷功次郎
長田勇を配している。

1969年6月公開
やくざの五郎蔵(小松方正)一家に追われる娘
お美津を救ったのは、片目片腕の女剣客・"おきん"だった。
助けられたお美津は、老中の座を狙う寺社奉行の寺門河内守(神田隆)が、高円大僧正(沢村宗乃助)のご機嫌取りに献上しようとしていた娘だった。
この1件より、"おきん"は一家に追われる身となった。
そんな彼女の前に、もう一人の追っ手が現れる。
おきんの愛刀に異常な愛着を持つ南部藩主・
青山大膳(小池朝雄)が送った、青年剣士・三輪栄三郎(本郷功次郎)だった。
おきんは、その危難を蒲生泰軒(長門勇)に救われた。
さて、おきんの父も南部藩士だったが、濡れ燕の献上を断わったため大膳に殺され、幼かった
おきんも片手片腕にされたのだ。
栄三郎はおきんの過去を知り驚く。
そんな時、栄三郎の妹・操が、老中の座に野望を燃やす大膳に誘拐され、おきんの爺や・五助が、五郎蔵一味に殺された。
栄三郎とおきんは、大膳らを操る悪僧・高円を
襲った。おきんが高円を斬り、大膳に迫った時
武家姿に変じた幕府目付役・蒲生泰軒が現れ
事件は落着した。

監督・大映時代劇でお馴染み、安田公義







イメージ 2










「おのれ !! 女だてらに何やつだ、名を名のれ !!」
「雲が出た、雨を呼ぶのか濡れ燕、濡れ燕が血の雨を呼んでいる」
「濡れ燕のおきん。人呼んで女左膳 !!」
イメージ 3














イメージ 4

イメージ 5


















イメージ 6

イメージ 7



















イメージ 8

女を忘れたワケじゃない--------------------塀の上から飛び降りる時、「ワタシだって女なんだよ、離れて見ないでおくれ !!」


この記事に

開く コメント(12)

闘うヒロイン・マミヤ


イメージ 1
199X年
世界は
核の炎につつまれた !!
海は
枯れ
地は裂け
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あらゆる
生命体が
絶滅したかに
みえた
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
だが・・・
人類は
死滅して
いなかった !!

週刊少年ジャンプ・・・1983年31号〜88年35号
原作・武論尊  作画・原 哲夫

イメージ 2
ヒロイン・ユリアはケンを待ち続けることで闘っていた。
女戦士・マミヤもまた女を捨てることで闘うヒロインなのだ。
だが-------------------------






















イメージ 15

イメージ 3



























イメージ 4

イメージ 5




























イメージ 6

イメージ 7




























イメージ 8

イメージ 9
























イメージ 10

イメージ 11





























イメージ 12

イメージ 13





























イメージ 14

苦手な劇画を真剣に読むことになったキッカケは、まさにこの『北斗の拳』でした。
初めは、残酷な描写に目をそむけたものだが、これはナンセンスなギャグだと思うようになりました。
作中でのケンのセリフ「お前はもう死んでいる」は"巨人の星"の一徹の"ちゃぶ台返し"と同じく
たったの一度きりなのに印象が残ったのは何故でしょうねぇ----------------------------。

この記事に

開く コメント(12)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事