ここから本文です
はやまの思い出ブログ
マンホールで綴る思い出ブログと御朱印の旅とエトセトラ

長野県の駅弁


ご訪問ありがとうございます

白馬村最終日47で午前券を買いまして
13時のバスでホテル戻る事にしました。

ゴンドラに乗ったら間に合わないかも・・・
下のリフトで時間調節をしようとしたら

CLOSE
なんてっこたテラコッタ


イメージ 1


仕方が無いので切り上げてバスを待つ事にしました。

暖かい紅茶を飲んでほっこりしてますと


Tさんが突然
「リフト券返却せなアカンやん!」


おお!
よく気が付きました。

八方はお持ち帰りリフト券ですが
47・五竜の共通リフトは
保証金の500円を預けて
リフト券を返却したら500円が戻って来るというシステムです。

私はすっかり忘れていたので
まー気が付いてくれて良かったです
たまには役に立ちますね。

ホテルに戻ってロッカールームで荷作りをしていますと
男性が大きな声で
「ああ!」
と言うので顔を見たら

小さな声で奥さんに
「リフト券返すの忘れた」
と言うてます。
小さな声でも聞こえてますよ〜

大体こうなるんですよね(笑)
ウチはセーフでした。へへ

さて

イメージ 2

長野駅までバスで送ってもらい
時間があったのでMIDORIでお土産を見たりしてますと
駅弁の文字が


覗いてみますと
ソースかつ弁当だけ売っています。

駅弁屋ではなく
明治亭と言うソースかつ丼屋さんのお弁当でした。

暫しお弁当とにらめっこをして
迷いましたが
折角長野まで来たので買う事にしました。

イメージ 12


イメージ 13

明治亭ソースかつ丼弁当

ヒレかつ4枚1,560円な〜り
たっかー!

美味しいですが
たっかー!

今度はお店で熱々を食べてみたいです。

では

今迄長野駅で購入した駅弁のご紹介




信州夢回廊







信州寺町弁当






信濃の国食浪漫








信濃路幕の内弁当



以上長野県の駅弁でした。



イメージ 5


イメージ 7

北陸新幹線E7系かがやきで無事帰って来ました。

イメージ 6



イメージ 4



イメージ 3

銚子方面行の「しおさい」が停車していました。255系

イメージ 9

これは↑行く時に乗ったあさまです。

イメージ 10

あさまからは富士山も

イメージ 11

浅間山も

イメージ 8

綺麗に見えていました。

以上
白馬物語…おわり

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。




おまけ

葉山からの富士山です。

イメージ 14



イメージ 15



イメージ 16


ご覧くださいましてありがとうございました。





この記事に


ご訪問ありがとうございます

白馬物語Ⅳ

今回の最大の目的は
以前撮り残したカラーマンホをGETする事でした。

と言う訳でスキーから帰って来て
夕食までの間に駅方面へ散策です。

イメージ 1


ノンカラーのデザインマンホは沢山あります。

イメージ 2


規格蓋

イメージ 3

こちらもテトラ模様の規格蓋

歩いていますと足湯がありました。

イメージ 7


こんな所に足湯なんて贅沢ですね
横には・・・
何でしょう???

石碑?道祖神?お地蔵さん?

イメージ 4

そんな田舎道を通り抜け国道に出ました。

イメージ 5


取り敢えず駅に寄り

イメージ 6

観光案内で付近の地図を貰って
駅構内に入ります。

イメージ 8

特急あずさは一日一本

電車の無い時間帯もありますね。

乗り遅れたらえらいこっちゃです。

イメージ 22

ホームへは扉が閉まっていて入れなくなっていました。

さてさてカラマン探し

以前岩岳に行った時に
白馬駅のロータリーを回って
左折して
橋の手前にカラーマンホがあったはず。

ですが

道路標識を見ると

岩岳は右折方面・・・


ん―――

記憶違いかな?

どっちに行こう?

岩岳の手前で見つけたので

取り敢えず岩岳方面に行ってみました。

イメージ 10

↑此処を右に曲がって暫く歩きますが
ちょっと雰囲気が違うような・・・逆方向かな・・・?


イメージ 9


国道沿いを歩きますが
有るのはノンカラーのデザインマンホールばかり

イメージ 11

橋まで来てしまいましたがな

イメージ 13


イメージ 12


イメージ 14

松川

やっぱり逆方向やったんや〜


観光案内所で貰った地図を見ますと
村役場が書いてありましたので
役場の前にあるかもと行ってみます。

イメージ 17

役場の前にはマンホールすらなく

こうなったら役場で訊いてみよう

1月4日、仕事初めですね。

総合案内の方に
「下水道課はどこですか?」
と訊ねますと

不思議そうな顔をして
「一番奥です」

スキーウエアを着た変なおばちゃんだなあ・・・
みたいな顔をしています。

はいはい!
変なおばちゃんですよ〜自覚アリ

一番奥なので
奥までに行く途中
なんか色んな視線を感じますが

上下水道化課の人に

「マンホールの蓋の事が分かる人いらっしゃいますか?」

「は?」

ですよね〜
益々変なおばちゃんですよね〜

「カラーマンホールを探しているのですけど」

と言うと


「暫くお待ちください」
と奥に入って行かはりました。

男の人が出てきて
「なんですか?」

「カラーマンホールを探しているのですけど」

「八方の街の中にあります」

「ああ青いのですよね。それはもう見つけまして」

「オレンジ色のを国道で見かけたんですけど」

近くにあった地図を出してぺらぺら〜
駅付近の地図を見せて貰って


「駅の向こう側の歩道に2枚だけあります」


やっぱり・・・

「ありがとうございました」
2枚・・・結構レア物ね。



帰る際に


ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世
のぬいぐるみがありましたので

イメージ 18

何課の人か分かりませんが
そばの人に
「写真を撮っていいですか?」

と訊ねますと


ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世
の前にパネルがあったのですがそれを外して

「どうぞ」

おお!優しい!!


「あちこちのお土産屋さんに売っていますよ」

おいおい宣伝課!!(笑)

そう言えば
〇〇課のパネルにひょっこりはんみたいに
ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世
が描かれていました。

全面的に
ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世
を推しているみたいですね。

役場を出ますともう暗くなりかけていました。

今から逆方向に行くのは無理と判断して
今回もオレンジ色のカラマンはおあずけです

イメージ 15



イメージ 16


トボトボ、ツルツルとホテルまで帰ったとさ。




おまけ


長野で買ったお土産です。

ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世
のぬいぐるみは買ませんでした。



イメージ 21



イメージ 19



イメージ 20


これ
めっちゃ美味しかったです



イメージ 23
再登場





この記事に


ご訪問ありがとうございます

白馬物語Ⅲ

ホテル白馬からは
五竜・Hakuba47・八方尾根・岩岳への
シャトルバスがあります。

二日目は47へ行きました。

イメージ 1

ゴンドラを降りると
何だこりゃ?

映画で見た事あるある。

イメージ 2


そして
こちらは↓

イメージ 4

キングコング?
ちゃいますね。

ゴーゴーカレー?

なんでしょう?


さて

この日も雪・曇りで前日と同じ様な感じでした

ゴンドラまで降りようと思って滑っていたら
ありゃ?
行き止まり!

違うリフト乗り場に行ってしまいました。

短いリフトをまた乗って仕切り直しです。

ゲレンデマップを確認

ゴンドラまでのコースを滑ります。

結構楽しいコースです。

ですが何度も滑っていますと
板を外すのがめんどくさくなりまして

今度はリフトを乗り継いで頂上まで登って一気に下まで滑ります。

も〜〜〜
ヘロヘロになりました

イメージ 3

ランチは下のレストハウスで

イメージ 5

私は大好きなソースカツ丼

Tさんは海賊なんちゃら???

注文したら

「7分程かかりますがいいですか?」

「ハイ」
お盆を持ってずーっと待っています。

7分どころか10分程待っています。

「今頃ニワトリを捕まえに行ってんのとちゃう?」
関西人はだいたいこんな事を言いますね。

やっと出てきたなんちゃらです↓。

イメージ 7

ボリューム満点ですね。

午後からは少し晴れ間が出たり

イメージ 8

五竜に行ってみますが
人が多いので47に戻って滑っていました。

イメージ 6

47の方が空いていて滑りやすかったです。

そして

三日目はお天気が良かったので八方へ行く事にしました。

ホテル前でシャトルバスを待てますと

到着したシャトルが既に満席

え―――!

運転手さんが『待っててください』と
ホテルに入って行きました。

47にしようか・・・(47は始発なので)
と悩んでいたら

支配人らしき人が
「ホテルからバスを出しますので」

お〜〜
良かったね。

ホテルのバスは直行だったので
7〜8分ほどで着きました。
シャトルより早いやおまへんか

バスが名木山ゲレンデに着いたので
リフトを乗り継いで頂上を目指します。

イメージ 9


イメージ 11


イメージ 10


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14

と言う事で
板をはずしてリフトに乗ります。
イメージ 15

リフトからも綺麗な景色が楽しめます。

イメージ 16

八方は二度目ですが
前回はホワイトアウトで何も見えず
何処をどう滑ったかも忘れてしまってます。

イメージ 17

晴れればこんなに綺麗なんですね〜

スキー板が無いので降りる時は不安でしたが
ちゃんと速度をゆるめてくれるので大丈夫でした。

イメージ 18
八方池山荘


イメージ 19

みんなが登っているので後に続いて登りました。

結構きついです

そして
とうちゃこ

ま〜
なんと言う事でしょう!

綺麗な景色が360度

イメージ 22


イメージ 29


イメージ 20

遠くに日本海も見えます。

イメージ 23

写真も撮ってもらいました。

イメージ 21

山に登る人

イメージ 24

山から下りて来る人

イメージ 25

滑る人もいます。

イメージ 27

綺麗な景色を堪能して下山。

下りのリフトは二人づつ

イメージ 26

重量制限があるのかな?

下りリフトの景色も素晴らしいです。

イメージ 30


イメージ 28

ではでは
板を履いて滑りましょう。

黒菱から咲花へ

ランチは
北尾根高原テラスで頂きました。

イメージ 31


イメージ 32


イメージ 33

パンがモチモチしていてめっちゃ美味しかったです

午後からは
ここまでゴンドラを乗っていなかったので
ゴンドラを乗りに行きました。

イメージ 34


イメージ 35

ゴンドラ手前のゲレンデがブッシュだらけで
も〜〜〜〜イヤ!

最後はリーゼンスラロームを気持ちよく滑ってフィニッシュ!

バス停には
可愛いお店が出ています。

イメージ 36


イメージ 37


イメージ 38

ホテルで夕食が待っていますので
この誘惑には負けず帰って来ましたよ。

イメージ 39


イメージ 40

今回の八方尾根は最高でした。







おまけ

昨日の散歩から

イメージ 41


イメージ 45


イメージ 42


イメージ 43


イメージ 44

五エム丸の大漁旗


イメージ 46




この記事に

初滑り・・・白馬五竜


ご訪問ありがとうございます

白馬物語Ⅱ

ホテルにチェックインをして
早速スキーに行きます。


荷物を受け取りにレンタルハウスへ行きまして
名前を告げ
スキーバッグとスキーの板が運ばれて来ます。

暫く待っても私のスキーの板が出て来ません

「もう一つスキーの板があるんですが」
と言うと

「そうですか?」
と荷物を再確認してもらいますが

「これだけですね」

え―――!!

なんてこったパンナコッタ


今年初のなんてこったパンナコッタ

ですやん!

持っていた伝票を突き出して

これこれ

追跡調査をしてもらいます。

「配達中」
らしいです。

え―――
4日前に出しているのに

仕方が無いので
「レンタルします」
と言ってスキーブーツを出していたら

フロントから支配人らしき人が来て

「一番いいのを出してあげなさい」

「ヤ〇トに請求しますから大丈夫ですよ」

ほ〜
一番いいのね〜
ええやん

板の長さを決めて

急いで着替えに行きます

シャトルバス出発まであと5分。

余裕のよっちゃんやったはずが
板の行方不明事件であたふた

着替えて出て来たらの車

おお!
私のスキー板が到着

ここでバスの発車時刻になります
これを逃すと1時間待ち

袋から板を出して焦っていると

「バスは持たせていますから」

良かった!

「そのままで行ってください」
スキー板の袋もそのまま
履いて来たブーツもコートもそのままで
出て来ました。

戻ってきたらちゃんと荷物を預かってもらっていました。
ありがたや〜ありがたや〜

そして
待ってもらっていたバスに乗り込み
無事五竜にとうちゃこ!

年始からあたふたスキーの始まりでした



お天気は曇りですがそんなに寒くはなく
雪はたっぷり
上はパウダースノーで楽しく滑りました

今思えば
レンタルの一番ええ板で滑れた方が良かったかも・・・


イメージ 1



イメージ 2



イメージ 8

ランチは
「手作り料理」と書いてあったところに入りたかったのですが
満席だったので
その下のレストランに入りました。

イメージ 3

めっちゃ空いています。

大丈夫かな〜

イメージ 4

私はいつものカレー1,000円な〜り

イメージ 6

多分・・・業務用カレー
美味しいですよ。

Tさんは親子丼1,000円な〜り

イメージ 5

ちょこっと貰いましたが美味しいですよ。
これはなかないけます

イメージ 7

お店の外には可愛い雪だるま

イメージ 9


初日なので無理はせずに
4時15分のシャトルバスでホテルに帰ります。
これがめっちゃ混んでいまして
やっぱりゲレンデサイドがいいな〜

今回は12月中旬まで雪が少なくて
雪が無かったら観光をしようと駅近のホテルを選びました。

ところがどっこい
年末の寒波で雪がどっさり
スキーが出来て良かったのですが
並ぶのが嫌い、人混みが嫌い
シャトルバスはちょっと苦手な私です




ところで
白馬村でよく目にするこちら↓

イメージ 10

白馬村キャラクター
ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世

名前ながっ!

今回白馬に来て初めて知りました。
これね(笑)




おまけ

マンホールカレンダーより

イメージ 11

イメージ 12




イメージ 13

イメージ 14


ご覧くださいましてありがとうございました。




この記事に

ホテル白馬


ご訪問ありがとうございます

今年のお正月は長野の白馬へ行ってきました。

お宿はホテル白馬

そのまんまやんか!(笑)

イメージ 13



イメージ 15




イメージ 16


館内はスキーブーツでの進入禁止なので
外にあるロッカールームのロッカーに
ロッカーとブーツを入れて館内に入ります

通路が凍っていると
スッテンころりんとなるので気を付けていましたが

あ―――

おっとと
意地でもこけませんよ



夜はイルミで綺麗になりますよ〜

イメージ 17



イメージ 18


さてお部屋の方は

イメージ 1



イメージ 2



イメージ 4


ビジネスホテル並みでしょうか・・・
温泉があるのでお風呂は問題ないですが
設備は古いです

イメージ 3


ミニキッチンやレンジ・冷蔵庫があるので
コンドミニアムっぽいですね。

大事なお食事は朝夕ビュッフェです。

イメージ 5

夕食は4つの時間帯から選べます。

私達は最後の7時15分〜

イメージ 6

遅くても次々と補充されるので大丈夫です


取り敢えず少しずつ取って

イメージ 7

イメージ 8
イメージ 9











気に入ったのをおかわり君です

イメージ 10イメージ 12











イメージ 11


デザートにアイスクリームがあるのは嬉しいですね
いつものクリソで堪能

リンゴの種類はフジ
これまためっちゃ美味しいです


朝は
カレーがありましたよ〜

イメージ 14

イメージ 23
イメージ 24











出汁茶漬けがめっちゃ美味しかったです

ご飯を食べて
カレーを食べて
お茶漬けを食べて
炭水化物のオンパレード・・・ヤバイっすね

続きまして二日目の夜

メニューは替わっていました。
良かったです。
たまに同じメニューのホテルがありますからね。

イメージ 19

イメージ 26
イメージ 20











イメージ 22
イメージ 21











ラーメンは食べ終わりに撮ったので底が見えてます(笑)
スープは醤油と豚骨があって醤油をチョイス
美味しいですが麺は作り置きを温めるのでのびのび〜〜〜
麺類はお蕎麦の方に軍配。
やっぱ信州はお蕎麦ですよね。
蕎麦の実のトロロも美味しかったです

続きまして三日目

ってもうええか(笑)

イメージ 25



ところで

以前岩岳に行った時に撮影したカラーマンホール蓋ですが




白馬三山とカタクリです。

多分これが↓白馬三山だと思います。

イメージ 27

鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳

間違っていたらゴメンなさい。


白馬物語はまだまだつづく



今日から通常業務です。
って主婦ですけどね


今年もボチボチ投稿していきますので
宜しくお願いいたします。





この記事に

葉山からの冨士山


ご訪問ありがとうございます

イメージ 1

今年も綺麗な富士山が沢山見られますように



この記事に

ご挨拶!(^^)!


今年、ご訪問してくださいました皆様
ありがとうございました

目の手術の事では御心配をおかけしました。
少し制限がありますが普通の生活には支障がございませんので
ご安心くださいませ。

こんな拙いブログに
ナイスやコメントを頂きましてありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。






と締めくくりたいところですが

Tさん

「お年玉や〜」
とか言うて

こんなん買うて来はりましてん↓


イメージ 1


イメージ 2

またやで!


私も
新しいウクレレか
新しいSUPか
新しいリールか
ん―――全部買う!


宝くじが当たらなくても買う!




取り敢えずお正月は
HAKUBA47・五竜で滑っていま〜す

みな様良いお年をお迎えください

ではまた来年




この記事に


ご訪問ありがとうございます

昨日の逗子海岸の夕景です。

イメージ 1



イメージ 2

富士山・江の島は霞んで見えていました。

イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6

夕日は富士山から遠く伊豆半島の方へ沈んでいきます。

イメージ 7




イメージ 8



イメージ 9

サンセット

イメージ 10



イメージ 11
葉山新港のヨット





イメージ 12

綺麗な夕日には全然興味の無いワンちゃん達でした





おまけ

葉山にミサキドーナツが出店したので
OPENの日に行って来ました。

イートインが出来る小さなお店です。


「どれがお勧めですか?」

「一番人気はレモンクリームチーズです」

ここでOPENしたばかりで一番人気は無いやろう
と思いますが

本店は名前の通り
あのマグロで有名な三崎にありまして
鎌倉逗子葉山は4店舗目です。

他店舗での今迄の人気№1がレモンクリームチーズらしいです。


「じゃあそれと、バニラシュガー・シナモンシュガー・ミルクチョコを一つづつください」

「864円です」

ドーナツ4個で864円!

いつもスーパーで4個入り138円ですから
私的にはかなりの贅沢ですわ

イメージ 13
人気№1のレモンクリームチーズ 260円

イメージ 16
中にレモンクリームチーズが入っています。
程よい酸味でレモンの果肉が少し入っているのかな?
爽やかな感じです。


イメージ 18
バニラシュガー 170円


イメージ 14
シナモンシュガー 170円


イメージ 19
まー普通のドーナツです。
美味しいですよ


イメージ 15
ミルクチョコ 200円

イメージ 17
中にもチョコが入っています。
とろけるチョコではなく固めのチョコ。
ふわっとした中に歯ごたえがあってとても美味しいです。

以上個人の感想ですので。

イメージ 20

あっ!そうそう
OPEN記念にロゴ入りのボールペンを頂きました。
ありがとうございました。

おまけのおまけ

値段を気にせずにドーナツが買えるように
宝くじを買いました。

イメージ 21

今迄の最高額は3,000円
しょぼ〜〜〜

皆さんは宝くじとかロトとか買いますか?
最高額いくらでしょう?


ホンマに当たっている人おるんかいな。


最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。


この記事に


ご訪問ありがとうございます

京都大学から吉田神社
そして真如堂方面に行きますと
神楽岡宗忠神社があります。

何回も行っているし
写真も撮ったはずなのに見当たりませんので
HPから写真をお借りしました。


追記

パンフレットが出て来ましたので

イメージ 11


イメージ 12
本殿

イメージ 13
拝殿

コンデジで撮ったらブレブレですやん悪しからず。

京都神楽岡宗忠神社とは

 神楽岡・宗忠神社は、黒住教(本部:岡山県岡山市北区)の教祖である黒住宗忠を祀る神社として、文久2年(1862)2月25日に創建されました。
 黒住宗忠は、安政3年(1856)に朝廷より「宗忠大明神」の神号を下賜されています。
激動の時代であった江戸末期に、大衆のみならず、当時の朝廷においても、孝明天皇を始め、二條家、九條家といった公家の方々の尊信を集めました。建立されて三年後の慶応元年(1865)には孝明天皇が御自ら仰せ出された唯一の勅願所となりました。
当時の資料には、国家安泰の祈願が数多くみられ、名実ともに、国家安泰、万民和楽を祈る神社となりました。(HPより丸パクリ


平成24年1月7日に頂いた御朱印です。


イメージ 1

そして
宗忠神社から
階段をほいほいほいと下りましたら
正面に真如堂があります。






懐かしい人もおられますようで追加しました


追加しました


追加しました






真如堂の詳しい事は勝手に検索してください。
得意の丸投げです

本堂で頂いた御朱印です。



これから御朱印も小出しにしていきますよ〜





おまけ

Tさんが同期会があったので大阪に行っていました。

いつもはみたらしですが
今回は焼きもちを買って来てくれました。


イメージ 2

パカツ!

イメージ 3

焼いていないような・・・

そして定番の赤福

イメージ 4

パカッ!

イメージ 5

そして横須賀の友人から頂いたおはぎ

イメージ 6

おはぎ茶屋本店は京急バスの後ろに
宣伝のパネルが貼ってあるのですが
いつも見ていて食べたいと思っていたのです。
ラッキー

では

頂きま〜す

イメージ 9
あんこ


イメージ 7
あんこ


イメージ 8
あんこ


イメージ 10
あんこ


もうネタばればれですね。

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。




この記事に


ご訪問ありがとうございます

引き続きもらい物シリーズ

あんこから貰いました舞鶴市のマンホールカード


イメージ 1

イメージ 2



続きましてOっさんから貰いました向日市のマンホールカード

イメージ 3

イメージ 4



同じく長岡京市のマンホールカード

イメージ 5

イメージ 6



同じく大山崎町のマンホールカード

イメージ 7

イメージ 8

ありがとうございました。


舞鶴市は遠いですが
向日市以下は現物を見る事が出来そうなので
今度、帰省した時は写真に収めたいと思います。

そうそう
奈良市のマンホールカードが残り少ないとか…
貰いに行ってくれる人いるかな〜?




ところで
ブロ友さんからの情報ですが
京都大学吉田寮が取り壊されるらしく
大学側と寮生達と対立しているらしいです。
確かに古くて汚い(失礼)建物で
大きな地震が来れば倒れそうですが
歴史のある建物なのでどうか残して欲しいと思います。

さて

昨年帰省した時の散歩道から

イメージ 14




イメージ 15




イメージ 26


吉田寮の南側に有る楽友会館

イメージ 18



イメージ 17



イメージ 16


楽友会館は登録有形文化財として保存されています。

イメージ 19


残念ながら
この日は閉まっていました。

そして

少し路地を入った所には落書き?

イメージ 24


ではなさそう。

此処も寮なのかな?
マンションのように見えましたが
外壁のあちこちに絵が描かれていました。

そして居酒屋?か??

イメージ 25


なかなか面白い路地裏どすえ。

そして

東一条通にある地塩寮(ちえんりょう)

イメージ 20

こちらも登録有形文化財。

イメージ 12


イメージ 11


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


ちょっと調べてみましたら
これを設計したのは
アメリカ人建築家のウイリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrel Vories、1880〜1964)さんらしいです。
このYMCA会館、大正2年竣工というからヴォーリズさんの初期作。

そしてそのヴォーリズさんって近江兄弟社の創業者。
あのメンターム!
今リップクリーム使ってますやん!


京都大学が設置した寮ではないので
京大生以外の学生さんも入寮できるらしいですよ。
宗教も今は問わないらしいです。

詳しくは
勝手に検索してください

では

兄弟?ちゃうちゃう!京大へ

イメージ 29


イメージ 30


実は私

通っていました。

ホンマか!


疑っている人

誰ですか?

ホンマです!

かよってではなく

とおっていました。です

ご近所ですから


イメージ 28


そして
向かいにある
吉田南キャンパスの門。

イメージ 27


イメージ 33

此処も登録有形文化財。

近くには吉田神社があります。

イメージ 31


イメージ 32


2月の節分には大勢の人で賑わいます。



ではでは

京大付近で見つけたマンホールの蓋です。


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 13


イメージ 34

私・・・私設のマンホールでしょうか?

イメージ 35

立派なお宅の前にありました。

そこから見える大文字です。

イメージ 36

明日は高校駅伝ですね。
京の街をTVで観て懐かしむ〜

最後までご覧くださいましてありがとうございました。





この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事