ここから本文です
はやまの思い出ブログ
マンホールで綴る思い出ブログと御朱印の旅とエトセトラ

ご訪問ありがとうございます

大阪マンホール探索のつづきです。

JR京橋駅から放出で乗り換えて

イメージ 1

鴻池新田で下車。

鴻池新田は東大阪市ですが

イメージ 15

寝屋川を越えると大東市です。

イメージ 2
野崎に位置する野崎観音への野崎参りの道すがら、
舟と陸とでかけあう情景が描かれています。(大阪府HPより)

何それ?
って感じですけど。

『河内名所図絵』巻六中挿絵より引用したそうです。

何それ?
って感じですけど。


イメージ 3


中環方面に歩いて行きますと
また東大阪になります。

イメージ 4

スピー落とせの看板は大東市ですが
マンホールは東大阪市

この辺が境界でしょうか

さて

ここかな〜
と入って行きますと

イメージ 20
(3月30日なので桜が咲いています

住宅街に出たのでまた戻り
階段があったので上ってみますと

イメージ 6

何やら公園のようです。

イメージ 5

平日なので誰もいませんがな。

イメージ 7

目的地はあれっぽいんやけどな〜
行ってみますが行き止まり。

丁度トイレをお掃除されていた方に

「ここからは行けないのですか?」
と訊ねますと

「はい、階段を下りて川沿いに歩いて大きい通りに出てすぐです」

なんてこったパンナコッタ

ここでもやってまった

折角上ったのにまた下りて(エレベーターもありますよ)
教えてもらった通り川沿いを歩きます

イメージ 8

中央環状に出ました。

昔々、京都から八尾まで仕事で通っていた時がありましたけど

イメージ 9

その時はここにあった事さえ知りませんでした(笑)

イメージ 10


【鴻池水みらいセンター】にとうちゃこ

入り口付近で見つけたマンホールです。


イメージ 11

広域下水道↑

流域下水道↓

イメージ 12
旧大阪府のマンホール
太閤さんの「千成びょうたん」を図案化した府章の周りに、
大阪の木である「イチョウ」と
大阪の花である「梅」を描いています。(大阪府HPより)

イメージ 13

カラー版ですが
随分錆びているように思います。

イメージ 16

東大阪市のカラーハンドホールですが
これも錆びていますね〜

おお!

なんと!!

京橋で探してしたマンホールがありました


イメージ 14
花博記念マンホール蓋

ここで見られて良かったのかどうかビミョ〜〜


さてさて受付で
マンホールカードを頂きました。


イメージ 18

イメージ 19

いつのもように
「このマンホールは何処に有りますか?」

「ここです」

と展示蓋を案内されました。
じゃなくって・・・


イメージ 17

折角なので記念写真をパチリ

そして・・・

つづく引っ張りますよ〜






おまけ

昨日のお散歩から

イメージ 21

台風の塩害です

イメージ 22

塩害です

イメージ 23

森戸神社の松も

イメージ 24

塩害です

イメージ 25

落ち葉を綺麗にお掃除されておられました

鎌倉でも今年の紅葉狩りは無理のようですね

イメージ 26

台風の海とうって変り穏やかな海でした

イメージ 27

富士山には雪がかぶっているそうですが
残念ながら見えませんでした

イメージ 28

ヨットが気持ち良さそうに走っています

こういう穏やかな日々が続きますように


最後までご覧いただきましてありがとうございました。




この記事に

マンホール蓋を探しに


ご訪問ありがとうございます

大阪マンホール探索のつづきです。

堺筋本町から森ノ宮へ移動。

イメージ 1


そこからは使い慣れた環状線で

イメージ 7


京橋へ向かいました。

イメージ 4


イメージ 5


情報ではJRから京阪に行く途中にあるという事なので

向かいの京阪まで行きます。


有りました有りました


イメージ 2

EXPO 1990 花博のマンホール。
中央に大阪市の花パンジー
周囲に大阪市の木桜がデザインされています。

イメージ 3

少し色が違うかな?

そして
もう一種類

花ずきんちゃんのマンホールがあるらしいですが

イメージ 6

パネルはありましたが
マンホールが見つかりません。

イメージ 10

1990年・・・鶴見緑地まで見に行きましたよ。
お花、好きなもんで
ちなみに
1970年の万博も行きました。
何歳で行ったかは内緒(笑)

さて

取り敢えずマンホールを探しに
その辺をウロウロします。

イメージ 8

グランシャトーがおまっせ〜
の近くで

イメージ 9

都島区のカラーマンホをGET!

イメージ 12

ビリケンさん
長野で見つけて以来2体目です。
足の裏をコチョコチョして来ました。


イメージ 13



イメージ 11



イメージ 14


結局、花ずきんちゃんのマンホールは見つからず
次の目的地へ向かいました。

つづく




おまけ

かつやへまた行って来ました。


前回お野菜が少ないな〜
と感じましたので
今回は
サラダを注文

イメージ 15

なんと
一人分のビニール袋に入ったドレッシングが
ポンポンと置かれて
え〜〜〜〜
こんなん初めてでした
まあ衛生的でいいかも知れません。

今回は
大好きなソースカツ丼と豚汁

イメージ 16

Tさんは
ヒレかつ丼と豚汁の大です。

イメージ 17

この豚汁の大がお勧めらしいですので
次回は豚汁定食にしようかな。


最後までご覧いただきましてありがとうございました。


この記事に


ご訪問ありがとうございます

大阪マンホール探索のつづきです。

次の目的地は

阪神淀川駅から梅田に戻り
西梅田から本町堺筋本町で下車。

下車した所が船場センタービル10号館


目的地は5号館の2階

なので2階に上って

そのまま5号館まで続いているかと思いきや
行き止まりではないですか


なんてこったパンナコッタ

折角上ったのにまた降りて

道路を渡った所に有りました

イメージ 8

中央区のカラーマンホール。
まだ綺麗ですね。

船場センタービルは初めて来ましたが
沢山のお店が入っていますが閑散としています。

船場と言えば船場太郎
今、何をしてはりますねんやろ?

それは置いといて


繊維問屋街の場違いな所に有りました。

イメージ 1

クリアウォーターOSAKAって書いてあるけど
ここでええんやろか

ドアがいくつかあって
結構、人の出入りがあります。

出て来た人に

「マンホールカードを貰いに来たんですけど」

「ああーここからどうぞ」
ドアを開けてくださり
何やら奥の人に伝えて下さりました。

ドアの中は小さなカウンターがあり
その下に例の物が有りました。

畳一畳くらいの受付なので
精一杯下がって写真に納めたのが


ジャ〜〜〜ン!!


イメージ 2


綺麗なマンホール
やっと見る事が出来ました

暫くすると女性の方が
マンホールカードを持って来てくださいました。

いつものセリフ

「このマンホールは何処にありますか?」

「心斎橋商店街の入り口です」
多分仕事中だったと思いますが
対応して頂きましてありがとうございました。

頂いたマンホールカードが


ジャ〜〜〜ン!!



イメージ 6

イメージ 7



では
展示蓋の他には1枚しかないマンホールを探しにいきます。


イメージ 3

教えて頂いた所です。

有りました有りました


ジャ〜〜〜ン!!


イメージ 4

ちょっと傷が付いていますね
踏まれてなんぼのマンホールですからしょうがないですかな。

商店街を散策
もう少しあちこち見て歩きたかったのですが

イメージ 5

次の目的地へと急がねば

大阪マンホール探索まだまだつづく






おまけ

こぼれ種で植えたプチトマトが
大きくなりなりました。


イメージ 10


イメージ 9

実も付けています。

イメージ 11

花も咲いているので
まだプチトマトが出来るかな


最後までご覧いただきましてありがとうございました。



この記事に


ご訪問ありがとうございます

大阪マンホール探索のつづきです。

大阪市のHPに

 大阪市では、市民のみなさまに下水道を身近に感じてもらい、その大切さや役割を楽しく学んでいただくことを目的に、無料の体験型広報・学習施設、情報発信の拠点施設として平成7年4月に下水道科学館(大阪市此花区高見1丁目2番53号)を開館しました。
 しかしながら、開館から22年経過し、施設や展示物は老朽化が進んでいることから、平成30年4月より安全面等を考慮して休館させていただきます。
 なお、今後については、方針が確定次第改めてお知らせしてまいります。
 休館中は大変ご迷惑おかけいたしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

という事で閉館する前に葉山から
はるばる大阪までやってきました。

どんなけ熱入れてとんねん!

っと言われたいところですが
たまたま行った日が閉館二日前だっただけです

さて

淀川駅を降りたらすぐに看板があり

イメージ 2

こっちの方に歩いて行きますと

大阪市のカラーマンホールがありました。

イメージ 3

大阪城と桜と水流
福島区名入り
駅近は此花区じゃないんですね。

ちょっと汚れているのが残念です。

大きな通りに出ますと

ジャ〜〜〜ン!


イメージ 1

下水道科学館のカラーマンホールの蓋

すんなりとGETできました

この辺、下水道処理場という事で
歩いていますとなんとなくプ〜ンと臭いがします

そんな臭いをかきながら

イメージ 4

とうちゃこ!

イメージ 5


イメージ 6
↑これは何でしょう?



入館して受付の方にいつものセリフ

「マンホールカードはありますか?」

「はい」

これまたすんなり頂けました。

そのマンホールカードが


ジャ〜〜〜ン!


イメージ 16

イメージ 17
ピントが甘くてすみません

展示蓋です

イメージ 14


受付の方が
「もうすぐ地下探検号に乗れますが乗りますか?」

え?何それ?
と思いましたが

「はい」
と即答。

券を頂いて地下へと行きます。

なんか怪しげな階段(笑)

イメージ 7

おお!
これが探検号ですね。UNDERGROUND EXPLORER

イメージ 8


これまたピントが甘いですが
カプセルのような乗り物です。

暫くしたら係の人の案内で
探検号に乗り込みます。

春休みだったので子供達が沢山いました。

え?
大人・・・私だけ?

子供達の中にポツ〜ン

子供達は慣れた手つきでシートベルトをしています。

え?
シートベルトをしなあかんぐらい動くんかい!

これは楽しみ

係の人がドアを閉めて
真っ暗にドキドキ

動き出しましたよ。

前のスクリーン映像に合わせて探検号は動きます。

下水道を通ってマンホールから飛び出たら
何処の国か忘れましたが世界各地へ行きます。

『どこでもドアー』のような
どこでもマンホールやがな
と思いながら・・・

探検号
右へ左へ揺れて

きゃ〜〜〜


なんて事

には

なりません。

終ってみると

これ
シートベルトいるの?

みたいな感じでした。

子供達には大ウケのようです。

これもリニューアルで無くなるのかな?

今度は絶叫マシンになる様に期待しましょう

折角なので地下から6階までエレベーターで昇り
見学しながら階段で下りる事にしました。

イメージ 9
これはマンホールではありませんよ
各階の目印です

6階はもう終わっていました。
手入れが全然出来ていない感じ

イメージ 10


イメージ 11

バナナが成っていたのが印象的でした。

4階だったかな
『下水処理のしくみ』

イメージ 15

入り口はトイレの便器になっていて
自分がウン〇の気持ちになって
流されて行く…

まあそんな感じでしょうか。

イメージ 12

そして
汚水・生活用水だけでなく雨水も下水処理されるので
100ミリの雨の体験できるブースがあります。

イメージ 13

ボタンを押して3分待って

来た〜〜〜!!

豪雨や〜

ぼっとぼとに濡れる〜〜〜

ってな事はありません。

しかし
イベントの時はぼっとぼとに濡れる体験も出来たそうです。

そしてイベントの時は
マンホールでバーベキューもしていたそうです。

http://hietaro.kameo.jp/archives/images/manholeteppan_osaka_02.jpg
写真はお借りしました

特別にコーティングしたBBQ用のマンホールの蓋です。

これでお肉が食べたかったな〜

これでホットケーキを作ると
大阪市デザインマンホールホットケーキが出来るかも(笑)

今、閉館中の下水道科学館
2020年夏にリニューアルオープンの予定だそうです。

それまでマンホールカード住之江区にある
おおさかATCグリーンエコプラザ
大阪市建設局下水道河川部調整課
配布されています。

下水道科学館を後にして次の目的地へ向かいます。

つづく







おまけ

ちょっと前ですが

先日OPENしたかつやに行って来ました。

イメージ 18

出来立てホヤホヤの店舗です。
夜遅かったので貸切でした。

私はお勧めの全部のせ定食税込853円です)

イメージ 19

豚汁はパカッとできない普通サイズ(笑)

ご飯も結構な量です。

そしてメインは

ロースカツ
ヒレカツ
唐揚げ
エビフライ2本

ん?

エビフライが1本しかない?

食べたんとちゃいますよ

「海老1本折れましたので後ほどお持ちします」
とのこと

暫くしてやって来ました
修理出来た海老ちゃん

イメージ 22

まーかなりのボリュームでございます。

あんこならペロリといけそうですが
私は最後はTさんに手伝ってもらいました。

ちなみにTさんは
海老とロースカツ定食(税込853円)

イメージ 20


イメージ 21

この豚汁が結構美味しくて

写真は無いですが食べ放題のお漬物
大変美味しゅうございます。

満腹満福!

ご馳走様でした。

まだクーポンがあるでまた行きます。



最後までご覧いただきましてありがとうございました。











この記事に

書庫#鉄子の部屋


ご訪問ありがとうございます

今年の3月30日から3日間
大阪に行った時の思い出ブログです。

新横浜からのぞみ新大阪まで。

イメージ 1


イメージ 3


イメージ 2

チコちゃが言っていましたが
東海道新幹線のの色は
煙草のハイライトのパッケージの色から採用されたそうです。

昔は会議と言えば
煙草を吸いながらって事が多かったですね

先日まで再放送されていた
【東京ラブストーリー】を観ていましたが
織田裕二も江口洋介も西岡徳馬も
喫茶店でもバーでも部屋でも煙草をプカプカ
今では考えられないですね。
当時、見ていたのに
こんなストーリーやったっけ?っと
すっかり忘れてしまってました

おっと
話しが横にそれてしまいましたが

もとに戻して・・・っと

3月30日残念ながら
富士山は見えませんでした。

イメージ 4



イメージ 8

新大阪にとうちゃこ。

JR大阪駅から阪神梅田駅

イメージ 10

直通特急で山陽に乗り入れて姫路まで行くんですね。

阪神は近鉄にも乗り入れて奈良にも行くし
便利になりました。

私は普通列車に乗り込みます。

イメージ 6

手動は田舎だけのものと思っていましたが
大阪で見たのは初めてかも。

イメージ 9

乗って来た普通電車を見送って

イメージ 5

淀川駅で下車。

イメージ 7



イメージ 11


桜が綺麗に咲いていました

さて
この後どこへ行ったでしょう

つづく

引っ張りますよ〜(笑)






旅につきものの鉄道、列車
書庫の鉄子の部屋を引越しして来ました。
それと
駅弁も投稿して参りますのでよろしくお願い致します。


ご覧いただきましてありがとうございました。





この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事