ビジネスマン格闘日記

ある時は熱く、そしてあるときは惰性で、そして現在は生涯の趣味として

田中洋輔先輩

田中洋輔先輩は、自分にとって(朝岡先生や中村知大先輩と並んで)御茶ノ水支部での師匠にあたる存在でした。

というのも、自分は普段、空道の稽古に参加できるのは、日曜選手クラス(通称サンデー空道)での稽古のみなのですが、その指揮を取られていたのが田中先輩でした。

なのでそんな先輩が転勤にて御茶ノ水支部を離れるので、非常に寂しい気持ちで一杯です。(このブログが掲載される頃にはもう異動された後だと思いますが…)

ここで田中先輩の略歴をご説明させて頂きます。

元々高校時代は柔道部早稲田準支部で空道を始められ2016年北斗旗全日本-240級王者、2016無差別三位という輝かしい実績を誇る名選手であり、強靭なフィジカルのに裏付けされたテイクダウン力が持ち味であり、打撃から一気に組付いて極め…まで持っていくスタイルは「テイクダウン空道」と畏怖される名選手でした。

初めての出会いは今から約4年前。仕事の関係で一時期は大道塾を離れ、修斗などのリングで活躍された後、御茶ノ水に復帰された時のスパーリングでした。

私自身、空道では北斗旗予選や地方大会で入賞レベルですが、キックではある程度勝ち越しており、また沖縄拳法も含め打撃には多少の自信はあったのですが、田中先輩とのスパーでは、打撃が交錯した瞬間に組み付かれ、テイクダウンからのキメ突き関節でなどで瞬殺され、相当ショックを受けてしまいました。

そらからというもの、日曜クラスで直々教わる事になり、毎週約3時間に渡るハードな稽古を重ねました。

日曜クラスは、マット運動から始まり、その後はスパーを中心に立技、組技、寝技、補強…と満遍なく行うのですが、最初は中々体力が付いていかず、稽古後は疲労困憊で歩けないほどでした。

正直当時は日曜道場に向かうのが憂鬱な時もありましたが、先輩がムードメーカーとして明るい雰囲気で引っ張ってくれたお陰で稽古後を続ける事ができました。

そんな稽古を重ねながら、田中先輩の試合でセコンドとして喜びや苦しみを出来たことはとても心に残る思い出です。

特に2017年のアジア大会での脛骨骨折から、世界大会で復帰するまでの一年は、本当にドラマチックな時間だったと思います。

骨折直後は、世界大会出場はもう無理かとも思われましたが、類稀なる集中力と努力により、再度代表選手の切符を手にされたときの喜ぶは、我が事のように嬉しかったです。

最後の世界大会では、王者マナヴァシアン相手にテイクダウンを奪うなど、「あわや…」と言う所まで追い詰めながらも最後は壮絶に散ったことが、昨日の事のように思い出され、今でも目頭が熱くなります。

先輩が道場を離れる前に「どんな時にもここに来て練習したい…と思える仲間と場所がある事が大切であり、御茶ノ水はそう言う場所だった…」と言われましたが、その言葉を胸に、皆で御茶ノ水支部を盛り立てて行かねばと言う思いが強まりました。

田中先輩、本当にありがとうございました。これかも益々の活躍を願っております。

イメージ 1

イメージ 2

開く コメント(0)

「御茶ノ水の朝岡選手…本部席までお越し下さい」

それは大会受付待ちの時に流れた場内アナウンスで発覚したのでした。…。

本大会には御茶ノ水から十数名ものメンバーが参加したのだが、いつもカウントする度に一人足りないので皆、不思議に思っていました。

そう。その一人とはなんと、我らが師匠、朝岡秀樹先生だったです!

確かに昨年末の忘年会の時、朝岡先生ご自身が、「現在、ドクターストップがかかる程膝の容態が悪く、何もしなくても将来歩行困難になるかも知れない…。なのでまだ体が動くうちに、もう一度チャレンジしたい…」と仰っていたので、恐らく柔術等の試合か、五段の昇段審査だろうと勝手に予想していました。

そして、最近の先生とのスパーにおいては、先生の攻めがアグレッシブになってきてきたので、試合へ向けて徐々にテンションを上げて来ているのだろう思ってましたが、まさか直近で今回の試合に、しかも一般部で出場されるとは予想だに出来ませんでした。(

数年前、自分の初段審査を朝岡先生の四段審査と同タイミングで受審させて頂いた時、先生の審査試合を拝見しましたが、公式試合での闘いを目前するのは初めてです。

先生の怪我を心配しながらも、どんな闘いをされるのか?期待を持って応援しました。

先生の初戦の相手は、成田支部のH選手。北斗旗出場経験もあり、太気拳のような開手構えから速いパンチに時折トリッキー打撃を織り交ぜてきます。また組み技も瞬間的な背負いなどを得意としており、ブランクを経ての一般部での初戦としては厳しい相手だと思われました。

序盤、いつも通りなサウスポー構えからリズムを刻む先生。 普段御茶ノ水支部で、我々が学んでいる内容通りの攻防で巧く相手の攻撃を躱します。

至近距離で紙一重で躱している訳でもないのに、相手のパンチが何故か先生の顔面を掠めて当たらないのが不思議です。

スピーディな攻防が暫く続くもお互い決定打は無いまま。試合が滞りかけたその瞬間、先生の高速タックル! 相手に上手くガブられるも、そのままプレッシャーをかけ続ける先生…。

柔術やレスリング技術に長けた先生ならどう対応するのか?と思った刹那…。そのまま体をら押し込み反転させながらの、まさかの「脇固め」! スピーディーな展開からのまさかの攻防に、会場は響めいた気がします。

特に柔術やMMA全盛の時代おいて、まさかUWF時代の必殺技が炸裂!

残念ながらタイムオーバーにて一本とはなりませんでしたが、想像を超える先生のテクニカルな闘いに興奮しました。

興奮冷めやらぬまま迎えた二戦目、なんと相手は早稲田所属のT選手。元々朝岡先生は早稲田出身で、卒業後も指導を続けており、現在御茶ノ水所属で元世界王者の中村知大先輩や元全日本王者の田中洋輔先輩は、早稲田出身です。

ということで、相手のT選手は朝岡先生の孫弟子という事になり、なんと年齢差30歳!

どのような世代を超えた闘いがどのような展開になるか、大いに注目されました。

序盤、伸びのある打撃を駆使する相手に対し、先生はサウスポーで小刻みなステップから出入りのフェイントを駆使して翻弄します。相手のリズムを崩すのが絶妙で、殆ど攻撃を貰わない上、要所でプレッシャーを掛けて優位に闘いを進める闘いは、まさに「老獪」と言えました。

中盤まで全体的に先生が空間を支配していたので、あとは後半に有効打を当てるか、テイクダウンしてポイントを取って勝利するのではと思った矢先…。先生が遠間から放った左手ミドルを、相手が受け流してテイクダウン?からのキメ突きで効果! 一瞬踏ん張れずに自ら寝技に持ち込んだようにも見えましたが、相手は先生が潜る瞬間を逃さず、見事なタイミングでキメ突きを放ちました。
その後、逆転の寝技を狙って下から先生は攻め続けますがタイムアップ。残念ながら判定負けとなってしまいました。

しかし年齢差とブランクを超えた素晴らしい先生の闘いに、会場から大きな拍手が巻き起こり、見ていた自分も熱くこみ上げるものがありました。

空道は空手系の武道に比べて歴史が浅く、伝統型も存在しないため、武術的な深さがないと言う意見も偶に聞かれます。

しかし50代の選手が現実的の闘いに近いルールの下、若手相手に闘える技術があるというのは、(勿論その方ご本人の強さもあると思いますが)に、武道格闘技としての深さと可能性(多様性も)を大いに感じるところです。

最近の出来事で言うと、偶々横浜北支部の藤澤雄司先輩とご一緒させて頂く機会があったのですが、その時拝見した直近の先輩のスパー動画に驚愕!

現役猛者選手のパンチを全く貰わず、しかも先輩だけ見えないパンチを当てて翻弄していました。

ボクシング的な反射を要する競技は加齢とともにパフォーマンスが低下すると言われますが、全く衰えを感じさせぬ動きに驚きました。

そして先輩は伝統空手が注目される前から、トップ選手と交流して研究されるなど構築された現在の技術論には眼から鱗でした。

他にも空道界には、浦和支部の渡邊支部長のように古流空手を独自に研究され、57歳にして全日本の一般部で実証される超人がいらっしゃいます。

そんな凄い方々に触発されながら、シニアの試合含め出来る限り競技や昇段に挑戦しつつ、空道の深さを味わっていきたいと思います。

朝岡先生、本当に試合お疲れ様でした。
先生の果敢な挑戦と素晴らしい闘いには本当に感動しました。

またご指導並びに稽古に付き合って頂いた皆様、十分な成果が発揮出来ず申し訳ございません。

これに懲りず、出来る限りはまた挑戦して行きたいと思いますので、

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今後共ご指導の程、宜しくお願い致します。 押忍






















イメージ 1

開く コメント(0)

イメージ 2

初戦結果に落ちこむ間も無く、次戦の相手はシニア関東重量級王者である高尾支部のAさん。(行徳のYさんとイニシャルが同じ故、こではAと表記させて頂きます。)

この選手は何と、過去に全日本王者Yさんから唯一のダウンを奪って勝利しているハードパンチャーゆえ、ある意味、先のYさんとの対戦より心配していました。

体重が重くなるにつれ、どちらかという若干打撃の質が雑になり気味なシニアクラスですが、Aさんはパンチも蹴りもシャープで美しく、特にカウンターのスマッシュ気味のフックは、数々の相手を沈めて来た凶拳でした。

アップの様子を見ると、鋭いミットワークに加え、自分の(沖拳風)構えや攻撃を想定したカウンターの対人練習しているのが伺えました。

初戦の反省を踏まえ、早めに有利な展開を作る事を念頭に置きながらも、相手のカウンターに対するダッキングとステップバックでの反応を心掛けました。


そして遂に試合開始。
恐らく体重は自分より5kg以上重いと思われるので、(後で知ったら何と10kg以上!)何というか威圧感を感じました。

序盤A選手はサウスポーから小気味良いステップからジャブを刻み、時折重いミドル放ってきます。

アップ時にミット練習を見たときからこのミドルには注意しようと思ってましたので、ステップで躱し〜ローを返すも不発…。

打撃の反応が良さに焦った瞬間、パンチ連打で突っ込んで来ます。

ステップバックでは間に合わない勢いのため、パーリングしながら走り下がり、どうにか被弾は避けました。

しかしこのままでは印象が悪いので、自分から仕掛けないと…。

正面からのパンチ打ち合いは危険ゆえ、遠間から右ハイ…。顎を掠めましたがクリーンヒットにならず、蹴りの勢いを利用してそのまま右ストレートを放つと今度はクリーンヒット!
効果か?と思いましたが、なんと相手は下がらずそのまま必殺左フックを振り回してきます。 この左フックには細心の注意を払っていたのでどうにかギリギリのスウェイバックで躱せました。(後から動画て、よくあそこで躱せたな…と自分でも感心しました)

ここで逃げたら負けてしまう…、肚を決めて相手の左パンチに決死の右クロスを被せますが、ヒットポイントがズレそのまま組合いに!(右クロスはコメカミ入れば倒す自信はありましたが…)

相手の脇を刺せはしたものの、体勢が不十分で逆に相手の首投げを食らってしまいました…。が、投げられた勢いを利用して相手をひっくり返し(横車)からニーオンへと体勢を逆転しキメ突き連打で効果奪取に成功!
(投げに対してのこのカウンター技は、以前山城先生から教わってこの技を知り、また御茶ノ水空道でも稽古されていたため、密かに練習を重ねていました)

その後マウントに移行し、上からの締めを狙うと、相手が手を出して防御してきたので、そのまま腕十字に移行。 プレッシャーが不十分なので起き上がられそうになりましたが、反転しながら極めて一本!

思えば空道を始めて以来、始めて公式試合での寝技での一本勝ち!

その瞬間は、鳥肌立ちそうな程の感激であり、コート際で応援してくれていた菊野から「(打投極)の流れが上手くなった…」と言われて涙が出る程嬉しかったです。

試合後、対戦相手のAさんにご挨拶に行くと、元々極真城南支部出身でその後空道に移籍したとのキャリアをお聞きし、突き蹴りの威力に納得。またお互い次回の再戦を誓いました。

その後、初戦敗戦したYさんが勝ち上がったので、リーグ表上、再戦となるはずでしたが…、ルール上、同相手との再戦は無しという事で?試合は一勝一敗で終わりとなってしまいました…。

ただ、これまで同様のケースにて涙を飲んだ方々も沢山いらっしゃるので、シニア初挑戦における洗礼だと納得させさせました。

前回一般部の試合後は、スネを割って縫う程の怪我をしたので、今回は全く怪我無く終われた事と、自分の同年代での今の実力値がわかったと言う意味で、シニアに挑戦して本当に良かったと思います。

自分の試合の振り返りは以上となりますが、次回は今回の試合で最大のサプライズである、師匠、朝岡先生の試合出場について記載したいと思います。

追記
ご指導頂いた先生方、稽古に付き合って頂いた皆様、本当に申し訳ありません。
再度、稽古を重ねて再挑戦したいと思いますので、今後共ご指導の程、何卒宜しく御願い致します。

イメージ 1

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事