furu-log

「次の休みはいつ?」45歳サラリーマンの練習不足日記
15日、第6回能登半島すずウルトラ、なんとか完走。

102km=12時間31分25秒

リポートは順次(笑)

この記事に

開く コメント(0)

3回目の釜石

9月3日、釜石はまゆりトライアスロン国際大会。
2年ぶり3回目の出場だった。

イメージ 1






















イメージ 2











イメージ 3





















イメージ 4







イメージ 5









イメージ 6

この記事に

開く コメント(0)

萩往還リベンジ

イメージ 1
クリック合戦に勝利。
さて、練習せんといけんな。
1回の練習20〜40kmを30〜60kmに増やしていこう、徐々に。
体調もはやく治さなければ…。
とりあえずの目標は、珠洲ウルトラで100kmベスト(12時間半以内)。
そして、おかやまマラソンサブ4だな。(ゆるい?)

この記事に

開く コメント(0)

2017皆生完走記〜ラン編

記録によるとランの出発は午後2時13分31秒。
前年より43分ほど遅い。
しかし、制限時間まであと7時間17分。
完走は、きっとできるだろう。

さてバイクフィニッシュにさかのぼる。
バイクをラックに掛け、着替え。
とりあえず準備していた甘酒を飲む。
冷やし使用のブルー缶の甘酒が、夏の日差しでホットに(笑)
メットを脱ぎ、アームカバーを外し、ノースリーブから半袖に着替える。
折り返しにゼリーを預ける予定が忘れていたため、持って行かなければならなかったのに、忘れる。

マーシャルのたまおねえさんにあいさつして出発。

スタートエイドで、氷をもらい、冷たいコーラを注入。おにぎり食べたっけ(覚えとらん)。
さて、走り始める。
6分/km〜みんな速いよ(涙)
体が重く全然走れん。体力限界。

【0〜10km】 1時間32分28秒
同時に出発したのが3人ぐらい。いきなりついて行けずすでに敗色濃厚。
海岸に出るまでは走るか〜と思いながら時計を見ると6分/kmを切る表示。
そんなに速く走れるわけねーよ、少しスピードを落とすと、歩かずにはすむ感じ。
ジョイフルにノーリミメンバーがいて冷たいドリンクでも用意していてくれるだろうと、そこまではとりあえず走るか〜と、走ってみるが、誰もいない…。
一気にテンションダウン(笑)
すぐあった最初のエイドでとりあえず座り込む。
同じように(笑)疲れて座り込んでいる中学生ボランティア君とちょっとお話し。
彼らもたいへんだ〜「君たちのおかげで走れているんだよ、頑張ってね」とエールを送る!
街中を過ぎ、町工場地帯へ。バイクと同様、スピードが遅いため、なかなか次のエイドにたどり着かず、のどが渇いたり暑くてふらふらになったりしながら耐える。
10km前後だったかな〜ノーリミメンバー現れたのは…記憶が曖昧。

【10〜20km】 1時間24分31秒(2時間56分59秒)
米子-境港の国道に出る、やっと。
ここが長いんだ。
クルマがどんどん通るからうるさいし。
走ったり歩いたり、エイドで座り込んだりしながら少しずつ前へ。
恒例のモンベルのそうめんエイド、空港前のアイスエイドは確実にクリア。
空港から境港の街までが遠いのなんのって。

【20〜30km】 1時間31分51秒(4時間28分50秒)
20km、3時間は切ったけど、ハーフで3時間は無理か〜ガーミンでの中間点は3時間10分ぐらいだったと記憶。
20kmすぎ、カナコと山部君らが。いつものブルーの応援場所じゃなそういえば。
折り返しにスペシャルを預け忘れていたので何の楽しみもなく〜って言ってたら、23さんとかずろん。
今回はボクが遅いので、すこからボクまでの時間が長すぎ〜応援のマネジメントもたいへんだったろう。
折り返すと、まあ、遅いなりにまだ走る元気は少しだけ残っている。
完走は確実にできる、と、なぜか最初から確信していたので、あとはタイムか〜。
折り返しは5時半すぎだったかな。6分/kmで20㌔走れば一昨年と同じぐらいのタイム〜とか、無理な妄想も。
ただ、折り返してから、ぼんやりとフィニッシュタイムは8時半ごろかな〜と予想。

【30〜40km】 1時間30分29秒(5時間59分19秒)
残り10kmを切ると、薄暗くなってきた。暗くなる前に街中まで帰っておきたい。
町工場地帯で日が暮れて真っ暗になるとさみしすぎる。
残り10kmぐらいのところで再びノーリミメンバー。
すこにゃん、だいぶ前にフィニッシュしとる。
サリーちゃんが追いついてくる。速いな〜折り返しではだいぶ差があったのに〜。
エイドで一緒になったり、併走したり。
抜きつ抜かれつしながら、街まで帰ってくる。
感慨深いものはなく、もうすぐビール、みたいな。
山ちゃんだけを目指して!

【40〜42.2km】 22分22秒(6時間21分41秒)
信号で集団になり、走り出してばらける、みたいなことを繰り返しながら、最後の陸橋。
前後にまったく選手がおらず、応援もいない。
これはかなりさみしい。
このタイムで走ってみないと分からないことがたくさんあるね〜。
13時間台の哀愁というか悲哀というか、いや、たぶんほかの人はそんな感じじゃないんだろうな。
必死で頑張っている、そう、歓喜のフィニッシュライン目指して!
1kmきっても真っ暗な道(涙)
何とか最後の競技場内は歩かず、メンバーとフィニッシュ。
終わった終わった!
山ちゃん山ちゃん(笑)

ラン(42.195km)6時間21分41秒=708位/804人
後ろに100人もいない(驚)

この記事に

開く コメント(0)

7:00スタート。
外寄りからゆっくり出発。
いつもよりぬるめの水温、泳ぎやすい感じではあった。
イメージ 1
多少のバトルはあるものの、遅いグループなのでマイペースに泳げる。
今回は750mの中間地点にピンクのブイがあるとのこと、いいのか悪いのか…見えた瞬間、まだ半分しかきてねんか、と。
しかし水温高すぎ。暑い暑い。
のぼせながら上陸すると、大ちゃんがへばってた。暑いのはボクだけじゃないんだな。
折り返しへの上陸は去年と同じぐらいの33分台。
ガーミンをスイムモードにし忘れ、ランモードで泳いでいたのに15分ぐらいの時点で気づくが時すでに遅し。
すごく変な数値(3kmのスイムコースなのに6kmぐらい)がでていた。
前半は前年通りだったが後半、全然進まず。
後半は雲と靄にかすんだ大山を目標物に無心に泳ぎ、やっとの思いでスイムアップ。
わー、後半37分か〜。

結局、スイム(3km)1時間10分46秒=818位

スイムアップのチェックすぐの広場でウエットを脱ぐ。
少しだけシャワーを浴び、トランジションへ。
ゼリーを1本チャージし、バイクウェアに着替え出発。
後ろに100人ほどしかいない(笑)ため、
バイクラックにバイクがほんの少ししか残っていなくて壮観。
すごくすっきりしてて自分のバイク見つけやすい(笑)

バイクスタートは午前8時20分ごろかな。
2回右折し少し行ったところにノーリミ応援隊!
とりあえず、最初は周囲のスピードに合わせて淡々と。
しかしさっきのスイムが暑すぎたせいか、体が激重。
どちらかと言えば、周囲より少し早く、少しずつパスして行く感じ。

やはり今年バイク実走3回目(ホント怒られるレベル)、最初から踏めないし回せない。
30km/hがやっと。先が思いやられる。
今回、バイクトラブルすげーたくさん。スタートから10kmの間まででも3、4人パンク修理してた。
1人は倒れて救急車が来ていた。
気温が高く、湿気もけっこう。エイドでは冷却に努める。
エイドは基本的に3本受け取ることにして、水2本、コーラかお茶1本。
40分に1回程度のペースでゼリー補給。
坂が全然だめだ。歩く地下道、3年前のボランティアポイントなどを暗い気持ちで進む。
さてついに来た、米子道側道を終え、40km手前から本格的な登り。
どんぐり村では大声援。しかし、この坂が全然踏めず、去年の倍以上の距離に思えた。
去年はアウターでガシガシ上っていたのに、ずいぶん早い段階からインナー使った。
ホント登りが長い、そりゃ去年の1.5倍ぐらい時間かかってるようだから長いはず。
やっと第1折り返しを終え、長い下り。
ウエストがボクの倍以上ありそうな人たちにどんどんパスされる(涙)
下りは重い方が速いよな〜そりゃ。
過去2年と比べ、周囲の雰囲気、選手の姿?風景?が全然違う(笑)
ま、でもみんな頑張っているんだ。
ボクも頑張る。
2回通る坂道をおえ、やっとラピスパへの下り。
応援隊はラピスパ(73kmぐらい?)。
今回は中山じゃないんだね。
やっと半分か〜。
ここからジェットコースターへの道。
長い長い登り。ウェーブ群団の応援を受け、前へ!
相変わらず、踏めず。
周囲のペースに合わせて進む。やっぱり登りは抜いて、下りで抜き返されるパターン。
で、前回は、それを繰り返しつつ前に進んでいたが、今回はどんどん後退。
前半からトイレに行きたかったが、全然見つからず。
ジェットコースター中、中山エイドでトイレ休憩することを決意。
やっとのことで中山エイド(94㌔)。
イメージ 2
初めてレース中にバイクを降りる。
ラックが満タンのため、地面に放置。
トイレは鍵が壊れていて片手で持ちながら(笑)
軽量化をすませ、すっきり。
スイカとメロンをいただく。うまい!
エイドでゆっくり過ごし(10分ぐらいかな)、再スタートの時、アフリカンダンスチームに追いつかれる。
しかし風強い。
どこが追いでどこが向かいか覚えていないが、基本的に斜め前から吹いていたような気がする。
帰りのラピスパ(115km)でもノーリミ応援隊。
「遅い」…「よな(笑)」
向かい風〜強すぎです。
ラピスパ過ぎたら微妙に登っているので全然進みません。
米子道側道では20km以下になる(涙)
でも最後、日野川の土手は30km/hちょろでどんどん選手をパスしつつ、何とかバイクアップ。

スタートから40分(一番最初のエイド前)でザバス、1時間20分(米子道側道、エイド前)でワンセコンド、2時間(第1折り返し後)でザバス、次がちょっと空いて(登りが多く余裕なし)3時間20分(ジェットコースター中のエイド前)、帰りジェットコースター中かな〜あとメダリストとマグオンどっかで飲んでるはず。後半記憶なし。でも計6個。

バイク(140km)6時間2分45秒=538位/スイム+バイク593位
こんなタイムでも225人抜き(驚)

この記事に

開く コメント(0)

【備忘録】
15日は朝、取材1本すませ、午前11時、自宅出発。
ことしも23さんがフルサポートしてくれたのでゆっくり体を休めながら米子市まで移動。
移動中、「ゆき兄さんバイク転倒」との報。
午後1時前には皆生着。
スタート地点で23さんが用意してくれていた巻き寿司でカーボローディング。
定宿の「ビジネスインよなご」(1泊2500円=税込み2700円)へチェックインし、2時ごろ受付会場入り。
3時から4時20分ごろまで開会式&競技説明会。
6時半からこれもいつもの?(ワタシは去年から)米子駅のラーメン屋でスタミナ丼+ラーメン900円。
風呂に入り8時すぎには就寝。
今回、部屋は102号でロビー(ってほど広くないが)に近いためけっこうやかましかった。
とはいえ、午前3時ごろまで熟睡、あとはうだうだしながら4時起床。
5時、ホテル出発!
イメージ 1
スタートまでの道のりでバイク事故現場に遭遇、ゆき兄さんのこともあり「バイク気を付けよう」と。
一番近い駐車場に入れることができ、トランジションにバイクをセット、荷物を掛け、アンクルバンドをもらい、ナンバリング。いつものルーティン完了。
朝食は、うどん、あんこの串団子3本。アミノバイタルゼリー1本。
スタート30分前には、スーパーヴァーム1本摂取。
パンとおにぎりも準備していたが、食べすぎかな〜と思いやめる。

荷物を掛けた後、いつもは開いていない隣のプールのトイレが使えることが分かり、
列も短かったので直行! トイレも済ませ、準備万端でスタートラインへ。

この記事に

開く コメント(0)

2017皆生トラ速報

(速報とはいえ2日後だw)
皆生トライアスロン(S3、B140、R42.195)、なんとかかんとか完走。

13時間35分12秒=653位/完走804人/出走923人=完走率87.1%

よくまあこのくらいの練習量で完走できたものだと、
われながら感心、というか、
これは決して褒められたものではないので、具体的な練習量はヒミツにしておく。
詳細は後ほど。

この記事に

開く コメント(0)

皆生へ

スイム、バイク、まだ全然やってないんだけど。
間に合うのか…。
頑張ります。

ちなみに昨年、一昨年のレース前3カ月の練習量は…

スイム=23.5km、17.5km
バイク=318km、390km
ラン=121km、36km

少ないの〜。

ちなみに今もうレース前3カ月に入ってるが、
ラン=144km
前年超えとるがな(笑)

全く泳いでいないのでスイムやらないと。
上陸できなければ完走はないので…。

この記事に

開く コメント(0)

萩往還チャレンジ

第29回萩往還マラニックAタイプ250kmに出場。
4月中旬に崩した体調が戻らないままスタートラインへ。
風邪が悪化〜というか長引いているというか、で、なんせ運動してると咳が止まらず呼吸困難に。
酸素がちゃんと取り込めないからパフォーマンスが上がらない。
とりあえず行けるところまで行く、という感じで。

イメージ 1
スタートは午後6時20分。
師匠とゆきと3
人並んでスタート。
椹野川の河川敷に入るとだんだん暗く。
長い夜の始まりだ。
青いちかちかライトの行列がどこまでも…。
なかなか壮観。
13.2㌔の上郷駅、午後7時50分。
20分のロスタイムあり、ギリギリタイムより5分遅れ。ま、だいじょうぶ。
21.8㌔・湯ノ口エイド、20時53分。追いついた。
27.8㌔・下郷駐輪場、21時45分。
特筆事項なし。

32.0㌔・美祢高校から山道に。
44㌔・西寺交差点、エイド未着は36人〜わー最後尾近いな…。
だんだんしんどくなる。
登りきって下りになったころ、急に腹が痛くなり10分ほど停止。
トイレトイレ〜涙。
さっきの水か?

豊田湖は2時50分ごろ着。カレー食べてすぐ、3時出発。
予定時間より30分遅れ(ロスタイムあるから10分の遅れだったんだ、悲観することはなかった)
やっぱりいけんな〜早くも敗色濃厚。
マイナス思考に…なればなるほど呼吸が苦しくなり、やっとの思いで4時10分ごろ俵山温泉着。
そう、このときまだ10分遅れ。
遅くはなかったんだが、気持ちが切れていた。

イメージ 2
標高260㍍の砂利が峠〜歩くしかない。明るくなってくる。
もういいや、って気分になり走れず。走路にはちょうどいいベンチが(笑)=写真。
玉島では、骨拾い隊が出発〜到着まで走っていられるかな〜。
下り、まだ足が出るけどなんか思ったように走れない。

イメージ 3
6時半、新大坊エイド〜40分遅れ。
ゆっくり走るがもうだめだね〜82㌔で海が見える。
はるか遠くに見える油谷島=写真=1周するのね…。
もうここの区間では虫の息。
完全にあきらめていた。骨拾い隊が来るまでは何とか歩を止めないように…と頑張る。

やっとの思いで旧油谷中。
何時ごろかな覚えていない。閉鎖30分前ぐらいかな〜。
海湧食堂のおかゆがおいしい〜ガーミン充電(笑)して出発!

進まない、全然。
バス停のベンチがとってもいい間隔で現れ、そのたびに休憩(休みすぎ)。
やっとの思いで油谷島一周し100km超えるも、もう限界。やめた。

102km。骨拾い隊まだ現れず(笑)
港の堤防で回収バスを待っているところに3人、バイクで登場!
11時半ごろ? 一番遠いところでリタイアしてスミマセン。

回収バスに乗り、次の回収ポイント農協の店でビールを買い乾杯!
川尻岬まで送ってもらい、カレーをいただき、2本目のビールを。
そして大型の回収バスに乗り換え宗頭文化センターへ。
いい天気だね〜
選手が来る前の一番風呂(笑)に入り、体育館で仮眠。
ソッコー眠りに落ちてました。

4時半ごろ?
骨拾い隊にまさに骨を拾ってもらいかなり短い萩のレースは幕を閉じた。
最終回となる来年、体調整えリベンジだな。

骨拾い隊の皆さん、ありがとうございました。
あと、大会関係者、大勢のボランティア、走路沿いの皆さま、お世話になりました。

この記事に

開く コメント(0)

1〜4月まとめ

あす(5月2日)萩往還A250km、スタート。
さてどうなるのだろう。
とりあえず、もうすでに前年に迫る走行距離。
1月=194km
2月=101km
3月=191km
4月=103km
合計=589km
4月は上旬に風邪をこじらせ、後半走れないカラダに。
治らないまま、萩に突入。

とりあえず、一つ一つチェックポイントなりエイドなりを越えていくしかない。
140kmの向こうの世界をちょっとだけのぞきに…。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事