ここから本文です
kazuのdata file
私的データーブック。

書庫全体表示

久しぶりの投稿

いやぁ〜。
仕事が忙しくてブログから遠のいていました。

毎日、ブルーライトを浴びながら仕事しているので、寝付く事ができず身体ヘロヘロです。

今後も、定期更新できる状態では無いので、ご勘弁を。<(_ _)>

今年の盆休みは14〜15日の2日のみ。

少しでも有意義な休みにしようと、朝から大木銃砲店まで実包を買いに行ってあれこれと談話。

煎餅カジリながら3時間も居着いて居ました。
中には本日初心者講習会を受講し銃の選定に来ている方もいました。
どうやら狩猟に重きを置きたいようなので、ベレッタのA400(自動銃)とプレチャージを選んでいました。
昨今、ハンターによる事故が多いので、御節介ながらも《定期的に射撃練習はしてね💛》とは言っておきました。

その後、自宅へ戻り植木の剪定。
文明の機器を使ったので数分で終了。

すぐさま、今晩の夕食は鰻重にしようと、準備を開始。

今回の為に小さい七輪も購入しました。⇓⇓⇓⇓
イメージ 1

炭は当然、備長炭を使用。
今流行で加工品の備長炭は使いません。

火つきが悪いのでハンマーで割って置きました。⇓⇓⇓⇓
イメージ 2

事前に購入しておいたブツも用意。⇓⇓⇓⇓
イメージ 3

パイン材のウナギ用、まな板には事前に斜に穴を空けて置きます。
この方が捌く時に針が抜けてしまう事も有りませんし、ウナギを固定する時簡単です。
素人が使うにはパイン材一枚板の物で十分です。(集成材は水に弱いので不可)
イメージ 4

ウナギは生簀から出してビニール袋に入れ30分ほど冷凍庫に入れて置きました。
素人にはこれが一番かなと。
これも、10分経てば元気に復活してしまいます。
イメージ 5

”ファイヤー”とばかりに備長炭に火を入れます。
団扇なんかで、チマチマと仰がずに文明機器であるドライヤーで空気を送り一気に点火。⇓⇓⇓⇓
イメージ 6

炭が赤くなったら焼き始めます。⇓⇓⇓⇓
イメージ 7

白焼きにしたら今度は30分ほど蒸します。
こうする事で焼く事で身が収縮し堅くなったウナギの身が僅かな力で簡単に解れるようになります。
⇓⇓⇓⇓
イメージ 8

蒸している間にウナギのタレを作ります。
分量は適当です(笑)
吉田ソースをベースに微調整する感じ。⇓⇓⇓⇓
イメージ 9

再度、タレを付けながら4回ほど繰り返し焼きます⇓⇓⇓⇓
イメージ 10

ハイ。
完成。
天然ウナギは火を通すと縮んでしまうので大き目にカットしたつもりがこんなに小さくなってしまいました。

そうなる事を想定して45cmクラスのウナギ2匹と50cmクラスのウナギ1匹使いました。
見た目悪くても一応2段重ねの特上鰻重です。

イメージ 11

臭みも無く、美味しゅう御座いました。

60cmクラス3本生簀にいるので、冬までエサ喰わせて太らせようと思います。
あっ。
3本の内、ウナちゃんも含まれています。
これから、成田温泉に出向きマッタリしてきます。

  • こんばんは。
    激務ご苦労様です。この二日間は貴重ですね。
    ところで、ついに頂きましたか!
    なんたって天然物ですから、さぞや美味かったことでしょう。
    また冬頃に頂く時、食い手が足りないようならお手伝いに伺いますので、いつでも申しつけ下さい(笑)

    よい休日を!

    [ 仕遊空間 ]

    2017/8/14(月) 午後 8:26

    返信する
  • こんばんは

    天然ウナギ、高級な贅沢ですね。
    これで夏も怖くないですね^^
    ナイス☆ポチッ

    [ koda ]

    2017/8/14(月) 午後 8:28

    返信する
  • 顔アイコン

    包丁の裁きをみたかったが、自撮できませんね。本格的ですね。
    痛風に気を付けてください。狭心症など心臓にきますから。
    現役時代2-3度痛風の発作が足にありましたが、最近は全くないですね。

    kent

    2017/8/15(火) 午後 1:22

    返信する
  • 顔アイコン

    > 仕遊空間さん。
    こんにちは。
    3週間前に釣って来たウナギ。
    ようやく食べる事ができました。
    備長炭に火を起こす関係で気軽に焼く事ができませんが、ガスで焼くよりも焦げ目も少なく、且つ芯まで火が通りますので臭みも無く美味しかったですよ。
    これ。
    都内で食べたら数千円しますから、私のような庶民には食べれないです。

    [ kazu ]

    2017/8/15(火) 午後 1:39

    返信する
  • 顔アイコン

    > kodaさん
    こんにちは。
    ウナギ屋さんのウナギは大半養殖物ですので身のチジミが少ないですが、天然物は火を通すと思った以上にチジミますわ。
    私は、幼少の頃から親に(ウナギ食べたければ自分で獲って来い!)と言われていましたよ。
    笑われてしまうかもしれませんが結果的に社会人になっても料亭のウナギは食べたことが無いです。(笑)
    釣る楽しみと食べる楽しみがあるので、期間限定ですが釣りごたえがあります。

    [ kazu ]

    2017/8/15(火) 午後 1:45

    返信する
  • 顔アイコン

    > kentさん
    こんにちは。
    実を言いますと、45僖ラス2本捌いた時に包丁の初付けが鋭角に立ち過ぎていた関係で刃が骨に引っ掛かり綺麗に捌けなかったので、鈍角45°に研ぎ直してから捌きました。
    45僖ラスはカッターの方が捌きやすいかなって感じです。
    私の出向く釣り場はデカくても60兒澆泙蠅覆里膿賄呂蠅涼擦ぅΕ淵包丁購入で良かったですわ。
    黒檀の柄は滑らなくて良い感じでしたよ。

    [ kazu ]

    2017/8/15(火) 午後 1:52

    返信する
  • 顔アイコン

    おひさしぶりです。屋内炭火焼のあんな方法があったとは!換気も楽ですもんね。そういえば、先日 大木さんのところで空気銃を購入しました。電話口から聞こえたお客さんとの会話、もしかしたらkazuさんだったり・・・

    [ オンブ ]

    2017/10/3(火) 午前 9:33

    返信する
  • 顔アイコン

    > オンブさん
    こんばんは。
    その後、身体の調子はいかがでしょうか?
    備長炭へのドライヤーを使った火起こし法は、20年前に出向いていた竿師(竹竿を作る職人)より教わりましたが腱鞘炎の腕には楽ですよ。
    それとココの所射週末は大木銃砲へ出向いていたので夕刻でしたら私かも知れません(笑)

    [ kazu ]

    2017/10/3(火) 午後 9:25

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事