kazuの日々の企み!

鉄道模型の日々の作業のメモ書き

レイアウト(Nゲージ)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
こんにちは。

RhBの機関車と客車が発売されたことで、屋根裏にしまってた自宅モジュール(今までは単線モジュール)を引っ張り出してきました。

それがこちら。
イメージ 1


ちなみに本物はこんな感じ。
イメージ 2

イメージ 2

実物は。
イメージ 5


ただ、このモジュール。まだ、未完成のところが多くて。
イメージ 3

イメージ 4


花壇周りと玄関周りが全然出来ていません。
作っていて飽きちゃったんですね〜。

あたらいい機関車のおかげで少しやる気が出てきたので、背景板を作ることにしました。
100均でスチロール板、ボール紙を買ってきて、適当に作ります。
イメージ 5

イメージ 6


だいぶそれっぽくなってきました。

かなこも作り始めました。
イメージ 7


開く コメント(2)

こんばんは。

待ちに待った車輌が発売されましたので、ウチに引っ張ってきました。

RhBの機関車Ge4/4Ⅲです。KATOではアルプスの機関車というなじみやすい名前になっています。
そいつのアルブラ線100周年ラッピングです。このラッピングがかなり好きです。この機関車にはやっぱり、赤と黒が似合います。その色を残しつつのラッピングがやっぱり格好いいです。

イメージ 1


開封です。
イメージ 2


線路の乗せてみましょう。
イメージ 3


今回機関車と一緒に発売された客車、こいつも当然逝きました。
イメージ 4


イメージ 5

早くこいつらに似合うレイアウトを作りたいです。


開く コメント(6)

こんにちは。

のぞみ工房 クモニ83の続きです。


クリームを塗装し、一度マスキングを剥がします。今回は手すりも全て取り付けた状態で塗り分けを行っていますので、結構失敗しましたが、筆塗りでなんとか誤魔化しました。筆塗りにするとその部分の艶が異なって目立ってしまうので、その後、全体に半つやクリアーを吹いて、全体の艶を統一します。
イメージ 1


その後、車体をマスキングして、屋根を塗ります。
イメージ 2


最後に小物を付けて完了です。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


ずっと放置中だったものが一つ片付きました。

さて、次はどれをやるかな。

開く コメント(0)

おはようございます。

墨田川モジュールの架線柱を作りました。

東武の浅草橋の架線柱は変わった形状をしています。
イメージ 1
今回もストリートビューを活用しました。

昔のものはとてもデザイン性が優れていますね。奥が普通の架線柱ですが、効率を優先するとこうなるのでしょうね。

この架線柱の写真を撮るためにストリートビューを見ていましたが、東武の浅草駅も美しいですね〜。
これは作ってみたくなります。
イメージ 2


脱線しましたが、架線柱。CADで適当に図を書いて、プラ板に貼り付けて切り出します。
そして、エバーグリーンの帯材を形に合わせて、縁に接着していきます。
イメージ 1


塗装して、ガイシを取り付けます。
イメージ 3


一つだけなら楽しく工作できるのですが、いっぱいになると単なる苦痛でしかありません。
イメージ 4



モジュールに取り付けてみます。
イメージ 5


やっぱり、架線柱が付くと仕上がったような感じになります。
イメージ 6

なんだか少し高すぎるような気がします。
KATOの架線柱を基準に作ったんですが。。。。。



開く コメント(2)

こんばんは。

万世橋モジュールの曲線橋の続きです。
イメージ 1


この曲線橋、実物は道路の真ん中に橋脚があります。
イメージ 6
上記写真はストリートビューのものです。便利な世の中になったものです。
熊本地震の時に壊れてしまった、ロッキング橋脚でしょうか。
上部構造を支えていますが、自立しないタイプの橋脚です。


当然こんな製品はありませんので、プラ板、エバーグリーンのL型材、KATOのトラス架線柱から適当に作ります。
イメージ 2
物を作るより、ゼブラ塗装の方が全然大変でした。

設置してみます。
イメージ 3
桁との隙間は後で適当に埋めましょう。


手前のガードレールはちょっと形状が違いますが、KATOのガードレールを2段積みにしました。
イメージ 4


こいつも設置してみます。
イメージ 5

なかなか、いいんじゃないでしょうか。



開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事