全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

青水「さて、そろそろ終わりが見えてきましたね」
後澤「君の人生のか?」
青水「後澤さんと同じにしないでくださいよ。僕はまだ若いんです」
後澤「ふん、若くても終わりなど急にやってくる。どこぞのF1みたいにな」
青水「いきなり時事ネタですか?しかしあれは驚きましたね、休止ではなく撤退ですからね。社員の心中もいかばかりか」
後澤「あの企業にとっては魂の証明みたいなものだったからな。ま、巷には魂のないクルマで溢れているし、魂抜きもいいのかもしれん」
青水「なんか世捨て人を気取ってますね。じゃあ今回は、SUVのなかでも魂のあるエスクードでいきますか」
後澤「なんでも」

青水「男らしくていいですよね、エスクード。四角いボディに背面タイヤ、変にオンロードを意識していない潔さがありますよ」
後澤「まあな」
青水「後澤さんに言わせると、評価不能のデザインですか?エクストレイルみたいに」
後澤「そうだな。だがこのクルマには、このデザインであるための確固とした理由がある」
青水「ああ、本格的なクロカンの血をひいているという点ですね。一応ラダーフレームも入っているし、FRベースだし、副変速機もある。しかし後澤さんがそんなことを気にしているとは思ってなかったなぁ」
後澤「機能美をデザインの一部とするなら、その形状に理由があるかどうかは重要な条件だ」
青水「確かにそうですね。意味のないダクトとか、見ていて恥ずかしいですもん。GTOとか」
後澤「…ま、恥ずかしいのを分かっていて乗っている奴もいるがな」
青水「はいはい」
後澤「…エスクードについては、本格的なSUVであることがデザインにもプラスに働いている。FRベースであるがゆえにフロントのオーバーハングが短く、サイドビューに窮屈感がない」
青水「そうなんですよね。他のFFベース車とは根本的にプロポーションが違う。だから、四角いクロカンスタイルでも存在感がある」
後澤「フロントやサイドはしっかり面で見せるデザインだ。ウインドウ下のベルトラインと、Cピラーから下りてきたラインがそのままリアコンビランプにつながるあたりも、うるさくない程度に小技が利いている」
青水「リアは背面タイヤのせいでいまいちかと思うんですが。RAV4と似ているという気も」
後澤「背面タイヤのせいでデザインが限られるからな。もともとクロカンやSUVはデザインへの縛りが大きい車種だ。それだけに変にフォルムやラインをいじると、バランスを崩してしまう。エスクードは変に奇を衒(てら)わなかったのが功を奏した良い例だ」
青水「ミニバンと同じですね。箱は箱なんだから、箱をどう見せるかを工夫するべきですよね。変に凝るとどんどん貧乏くさくなる」
後澤「徹底的に凝れば初代のムラーノまで行くんだがな。もっともあれも面で見せるデザインだったが」
青水「さて、ついに6車種まで来ましたね。後はマツダとダイハツを残すのみ」
後澤「本当に最後までやるのか…」

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事