全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

青水「空前の大不況ですね、自動車業界は」
後澤「…そうらしいな」
青水「そうなると、ますます面白い車がなくなっていきますね。どのメーカーも失敗が許されないから、おのずと売れ線ばかりになって」
後澤「…そうかもな」
青水「デザインも全部売れ線の似たり寄ったりになったりしませんかね」
後澤「ま、企業の幹部もそこまでバカじゃないだろう。これからはメーカーそのものが淘汰されていく。他社と同じでは生き残れんさ」
青水「ブランドアイデンティティの確立が必要になってくる、と。確かに、どのメーカーもデザインでも独自色をだそうと躍起になってますけど」
後澤「この流れに乗り遅れているのはスバルくらいだろう。逆に力を入れているのはマツダか。日本じゃあまり評価されないがな」
青水「マツダが出たところで、今回はCX−7なんてどうです?」
後澤「なんでも」

青水「以前SUVはオンロードスポーツ寄りにする必要があると後澤さん言っていましたけど、CX−7はその極端な例ですよね」
後澤「スポーツカーであるRX−8のデザインアイデンティティをそのまま使っているからな」
青水「見所は独立した形状のフロントフェンダーと、リアフェンダー上部でキックアップしたベルトラインですか。Aピラーやボンネットの角度もスポーツカー並だから、非常にスポーティ」
後澤「フォルムだけでなく、面の構成も洗練されている。Aピラーとショルダー部、ボンネットのプレスラインを同一面にしてグリルまで落とすところも悪くないが、そのラインが折れてそのままヘッドライトにつながっているあたりも面白い。このおかげで、独立したフロントフェンダーにも一体感がある」
青水「ハリアーやムラーノのようにディティールにはそれほど凝ってませんね。それが逆にスポーツっぽさを引き立ててるとも言えますが。僕はこの割り切り方には好感が持てますね。高級もスポーツも、みたいなあざとさがないし」
後澤「ブランドアイデンティティを表したデザインとしては、秀逸と言っていいだろう。ただ…」
青水「ただ?」
後澤「これがSUVのデザインとして正当なものかというと、疑問がないでもない」
青水「ないでもない、って珍しく煮え切らないですね。僕はこのデザインは評価できると思いますけどね。それに後澤さん、以前エクストレイルの時に新しい提案が欲しい、って言ってませんでしたっけ?」
後澤「このクルマのデザインに新しい提案はないさ。あるのはブランドアイデンティティとしての統一イメージだけだ。そこが問題なんだ。アイデンティティの統一は結構だが、それをそのままSUVに当てはめるのが妥当かどうか」
青水「SUVのデザインとして上手く落としこんでいるかどうか、ってことですか」
後澤「抑揚があるスポーティなデザインをSUVに適用するのはいい。しかし、SUVはもともとフェンダーは盛り上がるものだし、上下に厚みもある。これをそのままスポーティしても、妙にふくれあがった筋肉質の肥満体ができあがるだけだ」
青水「肥満体は言い過ぎな気もしますけど。まあ確かに実物見るとちょっとモコモコした感じはありますが。走るキントウンというか…」
後澤「同じ統一デザインでも、初代アクセラの方向性の方がSUV向きだとは思うんだがな。しかしこれだけSUVが増えてくると、これくらい個性がないと埋没するのも事実だ」
青水「デザインレベル自体は高いですからね」
後澤「マツダのデザインは三菱と並んで国産の双璧だろうな。ま、両者とも軸足が海外にある関係で、国内では十分評価されないがな」
青水「はいはい。いやいや、しかしようやくここまで来ましたね。残るはあと1社ですよ」
後澤「各社1台でいいのか?SUVを複数だしているメーカーもあるが」
青水「ギク…」

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事