◇急性骨髄性白血病◇格闘記◇

突然の発病〜緊急入院〜格闘中〜なんで俺が…??〜クリーンルーム〜孤独感

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
◇7月
◇◇某日
◇◇◇DAY −2


今回の記事からは、日付を「某日」とさせていただきます。
私の場合、非血縁間移植(骨髄バンクから)の骨髄移植のため、
私に善意の提供を頂けます『ドナーさん』に配慮しまして
日付は非公開とさせていただきます。
記事の投稿日(アップされた日付)とは異なりますので、ご了承をお願いいたします。


■TBI 放射線全身照射1日目

私の病院では、午前中、午後2回に分けて行われるようで、
2日間で合計4回照射するようです。

昨日までにエンドキサン投与が終わり、体調はさほど気にならない状態でしたが、
病室からストレッチャー(寝台車)で地下2階の「高度放射線治療センター」まで
行くのが通例のようで、私も乗せられました。

イメージ 1

物々しい入り口









イメージ 2

大掛かりな放射線の機械










主治医Dr□□先生が立ち会って頂けた他、
血液内科病棟の看護師さんも見守っていただけました。

放射線科の先生、放射線科の看護師さん、放射線技師さん2名で
行っていただけるようです。

物々しい部屋で大掛かりな機械を前にして、
この大人数の方々に見守られて私自身、緊張の絶頂になってきました。

部屋の片隅のベットに移され、
体のケガキ線にあわせて微調整をしている様です。

眼球と肺の部分を遮蔽していよいよ始まります。
部屋が暗くなり技師さんが
『時間にして15分ぐらいと思いますが、動かずに寝ていてください。』

照射が始まるとあまり感覚は無いのですが、皮膚がほてるような感覚でした。

1回目の照射が無事に終わり、帰りもストレッチャーに乗せられ病棟へ戻りました。
◇7月
◇◇某日
◇◇◇DAY −3


今回の記事からは、日付を「某日」とさせていただきます。
私の場合、非血縁間移植(骨髄バンクから)の骨髄移植のため、
私に善意の提供を頂けます『ドナーさん』に配慮しまして
日付は非公開とさせていただきます。
記事の投稿日(アップされた日付)とは異なりますので、ご了承をお願いいたします。


■エンドキサン2回目

昨日に続いてエンドキサンの大量投与2回目が行われました。

今日は、主治医Dr□□先生がが病室にエンドキサン入りの点滴パックを
持ち込んできました。

1回目と同様で先生がCVにつないでいただけました。
今日も、投与中はベットで横になるような指示で寝ておりました。

昨日の投与と、ほぼ変わらない状態で進んでいってます。
さほど、気分が悪いとか吐きそうとかはありません。

主治医の先生によりますと、投与から約6時間後が吐き気のピークと
説明いただきましたが、私の場合、一向にその気配がありません。

昼食もご飯意外ほぼ完食+差し入れの唐揚げ&ポテトまで完食で
3時には、おやつでカステラ3切れまで食べました。

吐き気予定時刻の、5時半〜6時の夕食は、焼き魚とフルーツ、ご飯少しを
食べましたが、やはり一向に吐き気は、模様しませんでした。

その後、主治医の先生が病室へ様子を見に来てくれましたが、
個人差がありますが、エンドキサンでここまで普通の方は珍しいそうです。

万全な、体調管理とスタミナが功を奏したのでしょうか。
◇7月
◇◇某日
◇◇◇DAY −4


今回の記事からは、日付を「某日」とさせていただきます。
私の場合、非血縁間移植(骨髄バンクから)の骨髄移植のため、
私に善意の提供を頂けます『ドナーさん』に配慮しまして
日付は非公開とさせていただきます。
記事の投稿日(アップされた日付)とは異なりますので、ご了承をお願いいたします。


■エンドキサン1回目

本番のエンドキサンは500mlの生食に薄めてあるそうです。そのほか、
ウロミテキサンとカイトリルんとラシックスなどを投与するそうですです。

いよいよ、11時に投与の始まりです。
若手Dr△△先生と新卒Dr○○先生が病室にエンドキサン入りの点滴パックを
持ち込んできました。抗がん剤は、医師で無いと扱えない決まりがあるようです。

私のCVにつないでいよいよ始まりです。

投与が始まると、ベットで横になるように指示が出て、半分うとうとしていましたが、
何か、体が火照るような感じがありました。気分はさほど変わらない様子です。

投与が終わるとしゃっくりが出てきだして
プリンペランやリボトリールを投与していただきました。

1日目のエンドキサンの吐き気ですが、私の場合、全然起きませんでした。

主治医の先生や看護師さん方の注意もありまして、
病院食の昼食は、ほぼ完食したのですが、
夕食はおかずの魚とフルーツのみで済ませました。

想像では、相当の副作用があると覚悟していましたが、少し調子抜けの感じです。


■TBI(放射線照射)事前検査

午後になり、地下2階の「高度放射線治療センター」へ全身照射の事前検査に行きました。

はじめて行くのですが、地下2階のエレベーターを降りると、
物々しい廊下が続いていて、あちこちに放射線注意の標識がありました。

突き当たりの自動扉を開けると受付があり、手続きを済ませ、
ベテランタイプの技師さん2名と看護師さんでさらに
物々しい扉を開けて、入室しました。

私は、放射線治療はもちろん始めての体験で、設置してある大掛かりな機械を眺めていました。

今日は、CT撮影などで放射線を遮蔽するところを検査して、体中にマジックペンで
ケガキ線を引かれてしまいました。
肺の部分と、眼球の部分を遮蔽するそうです。
◇7月
◇◇某日
◇◇◇DAY −5

今回の記事からは、日付を「某日」とさせていただきます。
私の場合、非血縁間移植(骨髄バンクから)の骨髄移植のため、
私に善意の提供を頂けます『ドナーさん』に配慮しまして
日付は非公開とさせていただきます。
記事の投稿日(アップされた日付)とは異なりますので、ご了承をお願いいたします。


■準クリーンルームへ引越

骨髄移植の前処置に向かって午前中に準クリーンルームに引越いたしました。
この部屋は、以前抗がん剤化学療法のときの入室した部屋です。

広さは大変広く、落ち着く部屋です。トイレとドレッサーも完備です。

イメージ 1

準クリーンルーム









イメージ 2

この部屋で、前処置の大量補液の点滴とエンドキサンなどの投与となるようです








■点滴始まる

午後から、前処置に備えて大量に補液の点滴が始まりました。

イメージ 3

この病院では通常500mlの補液を使うようですが、
今回は1500mlの大きなタイプの補液を使うようです。

補液は24時間で4000mlの投与です。

移植後経過良好です

骨髄移植後経過良好です


イメージ 1

7月より移植準備のため、記事更新が出来ず
訪問いただきました方々にご心配をおかけしました。

骨髄移植も無事に完了しました。
現在、その後の経過治療中で、ようやく相部屋に出られました。
無菌室内ではとてもPCを開ける状態では無く、移植の厳しさを痛感いたしました。

約2ヶ月ぶりにPCを開き、徐々に記事を更新していきますので
ぜひぜひ、遊びに来てくださいます様ご挨拶申し上げます。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事