◇急性骨髄性白血病◇格闘記◇

突然の発病〜緊急入院〜格闘中〜なんで俺が…??〜クリーンルーム〜孤独感

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

骨髄移植<当日>※

◇7月
◇◇某日
◇◇◇DAY 0


今回の記事からは、日付を「某日」とさせていただきます。
私の場合、非血縁間移植(骨髄バンクから)の骨髄移植のため、
私に善意の提供を頂けます『ドナーさん』に配慮しまして
日付は非公開とさせていただきます。
記事の投稿日(アップされた日付)とは異なりますので、ご了承をお願いいたします。


■骨髄移植 当日

体調はダルサが増してきましたが、まあ普通にいられるほどで
いよいよの移植当日を迎えました。
これから等分の間は、毎朝採血し血液検査があるそうです。
白血球の値もだいぶ下がってきているようです。

第2の誕生日になる記念すべき日で、
今日の日にちは私にとって一生忘れる事ができない日となることでしょう。

病院事務員さんによって今日の夕方ごろにドナーさんの骨髄液到着するそうですが、
少し不安になってきました。
<本当に夜までに届くのだろうか??>
<もし遅れたらどうなるのだろう??>
<ドナーさんが心変わりしたらどうしよう??>
などなど・・・1人で無菌室にいるとよからぬ事ばかり考えてしまいます。

主治医の先生は、
『安心して待っていてください』
『ちゃんと予定通りに届きますから・・・』
とあっさりと説明してくださいました。

夕方になり看護師さんより
『無事に届いたそうですよ』
『いま、病院内の機械で骨髄液の分離作業をしていますよ』
とお話がありました。

ようやく一安心できました。

イメージ 1
ドナーさんから頂いた骨髄液


主治医Dr□□先生と若手Dr△△先生と新卒Dr○○先生が
立ち会っていただけてまた大勢の方々に見守られての移植でした。


<感謝の気持ち>

この場を借りまして私のために骨髄をご提供くださった
ドナーさんにお礼を述べさせていただきます。

名前もお顔も住んでいる所もわかりませんが、
見ず知らずの私の為にリスクも伴う骨髄液のご提供にご協力いただき
ありがとうございました。

私の様に生きるためには、
どなたかの善意の骨髄提供でしか道がありませんでした。
ほんとうにほんとうに感謝しております。重ねてありがとうございました。

後日、骨髄バンクを通して『感謝の手紙』を送らせていただきます。


<骨髄バンク関係者の方々へ>

私のように身内でHLA適合者がいない場合、
最後の常が骨髄バンクとなります。

主治医の先生の話では、バンク登録しても移植が実現するのは
約30%と聞いています。
それなのに、私の場合は、異例の速さでドナーさんを見つけてくださり
移植までのコーディネイトなど超スピーディに進めてくださり
ありがとうございました。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事