ここから本文です
堀カズアキ「新風日記」
二年ぶりに復活
ちょっと間が空いてしまいました。お久しぶりです。
今年もあと2か月に迫ってきました。
今月から年末にかけて今年は忘年会のゲストとキャンペーンと仕事が入っており結構忙しくなりそうです。嬉しい限りでございます。頑張ります!

さて、そんな中我がふうりん会(旧堀カズアキ歌謡学院)のメンバーも頑張っております。
皆さんカラオケ大会で着々と入賞していて僕も嬉しい限りです。

ついこの間、市川市文化会館でNAK市川支部による市松歌謡祭が行われ、ふうりん会メンバー二人が出場するとのことで僕も見に行ってきました。
他の仕事が入っていた為、メンバーの歌唱は聴けなかったのだがライン動画で送ってもらって聴いた所、二人ともまずまずベストを尽くせたのを確認。

その日会館の大ホールでは藤井フミヤコンサートが行われた為駐車場は満車。
何とか周囲のコインパーキングに車を停め、17:00近くに仮の姿で会館の小ホールに潜入。
メンバーと合流ししばし、上級の部と岡千秋先生のコーナーを楽しんだ。

そしていよいよ結果発表。
正直、僕はやはりNAKはレベルが高いイメージがあるから、なにかしら入賞に引っかかればいいかなと思っていた。
次々呼ばれる中、一人は熱演賞を獲得! おお、やったぜ!
しかしもう一人はなかなか呼ばれない・・・。
とうとう、ベスト5が壇上に。
僕もダメかな〜と思ってた矢先、なんともう一人が呼ばれた!マジか!
結果はなんと3位!
これは凄い。
ふうりん会初の快挙だ。壇上で嬉しそうにしている教え子を客席から見ていてなんだかほのぼのとした気分だった。
これが心からおめでとうの気分なのかな。

イメージ 1

3位を獲得した、Shamiママこと中村裕香さん。ついにここまで来ましたな。やったぜ!この勢いで目指せ優勝だ。

イメージ 2

歌を初めて今回で3回目の大会で熱演賞を獲得した、島田侑加子さん。
飲み込みも早いし、努力家でもあります。この調子で行けば上位入賞も時間の問題かな。

イメージ 3

僕だって頑張ってますよ。とりあえず僕の最近載せておきます。


そんなこんなで祝勝会は船橋のお気に入りのホルモン焼き「きのした」で祝杯。

まあ中には僕が教えてるので「所詮堀だろ」と言ってる先生方もいると耳にしますが、あたしゃね、これでも下積み7年やって歌の事は散々叩き込まれたし、カラオケ大会荒らしで一昔前までは千葉でも有名だったんだよ。その知識と経験と裏テクを教え子に伝授してるのさ。裏テクって?タダじゃ教えられないね。知りたければ・・・。

おっと、キャラが変わってしまうところだった。

とにかく、おめでとう。

ではでは

湯ぱらカラオケ大会

先日、佐倉市にある温泉施設「湯ぱらだいす」で全カラ主催のカラオケ大会が行われた。
6階建てのビルでトレーニングジムやプール、温泉、などの施設。
5階が宴会場になっており、そこで行われた。

僕はゲストの他集計係などのスタッフ兼で出演。

しかも僕の教え子3名が審査でエントリー。
やはり教える立場になると、教え子達の事が気になり過ぎて自分が歌う以上に密かに緊張する。
審査員は審査員長の佐田みさき先生他5名の審査員。

それぞれの歌唱を聴き、皆ほぼほぼベストを尽くしたように思え、とりあえずは一安心。
そして結果は見事3名とも、審査員賞、敢闘賞×2で入賞。
内、二人は来年行われるグラチャンの認定書ゲット!

さすが、ふうりん会(堀カズアキ歌謡学院)!

これも僕の教え方がいいか・・・・・と言いたいけど、やはり皆ストイックで歌に対して努力を重ねた結果が出たと思う。
その分、賞をもらった時の皆の嬉しそうな笑顔を見た時は僕も素直に嬉しいし、顔もほころんでしまい感動してしまいました。
こういう光景は何度も見たいですな。

イメージ 1 

Shamiママの中村裕香さん、見事グラチャンの認定書ゲット!

イメージ 2

カラオケ大会始めて今回で2回目の出場の島田侑加子さん。見事敢闘賞ゲット!

いや〜よかったよかった・・・・えっ、僕?
もちろん僕も歌いましたよ。
頑張っています「冬灯り」と久々カバーで「かあちゃん」。

冬灯りもよろしくです。

ではでは

千葉県歌謡作家連盟

僕の恩師、作曲家 佐田みさき先生が立ち上げた「千葉県歌謡作家連盟」。
千葉県の作詞家、作曲家、編曲家、歌手を集め千葉県の演歌歌謡界を盛り上げていこうというのをコンセプトにした組織体。

第1回の旗揚げイベントが昨日、鎌ヶ谷のコーラスラインにて行われ僕もゲストとスタッフで参加した。

作詞家、作曲家、編曲家、歌手、一般の方達で約100名を超す人が集まった。

まず、一般の方の歌唱発表から始まり、オリジナルを持ってる方の発表、そして各作詞作曲家の新作発表会、プロ歌手による歌謡ショーとこんな流れ。

僕は新作発表で作詞家の麻崎恵先生と相方の杉本バッハさん作曲の「潮騒のララバイ」を歌った。
歌を依頼されこの日に向けて密かに練習してたのだ。
練習と言っても覚えるのに時間を費やしたが歌ったのが一回くらいしか練習できなかったから若干不安だったがまあ得意の3連ムード歌謡だったから一応問題無く無難に歌った。

実はこの日密かに気にしたのは、作詞家で大江豊さんの曲など手掛けている高木知明先生にお会いすることだった。

イメージ 1

高木先生は実は僕の高校時代の恩師で日本史を教わっていた。
とてもユーモアがある先生で生徒にも人気があった先生だった。
何年か前に高木先生が作詞家になったと高校時代の関係者から話を聞いてて知っていたがこうしてお会いするのは、20数年ぶり。
当然、高木先生は僕のことは覚えてなかったか高校の時の話でいろいろ話せてよかった。

最後のゲストコーナーでは「冬灯り」を披露。

イメージ 2

イメージ 3

しっかり高木先生にも聞いて頂けてたしよかった。
このことをトークのネタにしたらみなさん驚いてた。

世の中狭いですな。

ではでは

快挙

この2年の変化の一つとして、一年前から僕も歌を教えるようになった。
生徒は今のとこ5名。毎週コツコツレッスンする人もいれば、大会前に一夜漬けのようにレッスンする人、自宅が遠くたまにしかレッスン出来ない人、出張レッスンの人、レッスンのスタイルは様々。
まあ、どんなスタイルにしろ皆大会で、上位入賞を目指してるのは変わりはない。

そんな中、NAC主催の春のカラオケまつりで僕の後輩歌手の原みよ子さんのデビュー曲「風列車」が課題曲になり、僕の生徒の一人がそのテープ審査に応募した。

その結果がつい最近発表され、結果は139名応募の中、優秀歌唱賞だった。
順位としては10位以内。

イメージ 1

イメージ 2

船橋の馬込沢にある「カラオケ居酒屋shami」のママこと中村裕香さん。
僕の教え子第一号、つまり一番弟子。
見事な快挙を成し遂げました!

これもすべては僕の歌唱指導のおか・・・、と言いたいところだけどこれは裕香さんの努力の賜物ですね。
裕香さんは毎週月曜のレッスンを一年前からコツコツ受けていて徐々に声の出し方、表現力などテクニックが上達してきた。
最近大会でも入賞率も高くなり、今回このような結果をもたらした。

おめでとうさん。

「カラオケ居酒屋shami カラオケ教室」のご案内。
毎週月曜17時〜から開催。
・料金 1レッスン2000円 30〜50分(楽譜を2枚用意して下さい)
・ジャンル 演歌歌謡曲、ポップス他
・講師 堀カズアキ(Webkoo所属歌手 全国カラオケ指導協会指導講師)
・後援 ふうりん会

こんな感じでやってます。

テープ審査用音源も録音を受け付けてます。
音が広がらない僕愛用のマイク「オーディックスOM5」を使用。ちょっと特殊なやり方で何度でも録り直しができ納得いくまでできます。
ディスク代・操作で料金は別途で500円です。

よろしくお願いします。

ではでは


お誕生日会

船橋市馬込沢にあるいつもお世話になっている「カラオケ居酒屋shami」では、常連のお客さんには誕生日会を設けている。
先月の僕の誕生日(7月4日)にはやって頂きました。

先週末の土曜日は常連のいつもお世話になっている方の誕生会。
いつも僕の曲も歌って頂いて、僕の誕生会も主催して頂いたので僕も喜んで参加。

毎回行われるシャンパンタワーの儀式後のシャンパンも頂きながら歌で盛りあがりとてもいい会でした。
しかし、僕も歳なのかやはり以前ほどお酒も弱くなり出来る限り万全な体制を整えてもやはりシャンパンは効きますな。
次の日は若干二日酔いで頭が痛かったでごわす。

ではでは

イメージ 1

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事