ピ吉の鑑賞日記

気が向いたら時々書きます(2019/01/06)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

稚内全日空ホテルの朝食はバイキング。牛乳がおいしかった。(何とも味気ない感想だ)
少しホテルの周りを散歩して早速出発だ。何しろ今日は移動が大変。網走まで夕食までに着かねば
ならないのだから。

まずは宗谷岬に向かった。途中「間宮林蔵渡樺の地」の碑があった。(解説は写真1枚目。碑は2枚目。)
何しろ風が強い。息ができないくらいである。小学生の頃だったか勇気ある間宮林蔵に感動した
覚えがある。感慨深いものがあった。

まもなく宗谷岬。バスが立て続けに来る。合間を見て「日本最北端の地」の碑を撮影。(3枚目)
知らないおじさんも写ってしまった。ごめんなさい。
細君は寒さに耐え切れず土産物屋でお買物。利尻昆布を買ったそうだ。
小生は、その間寒さに耐えて近くにある宗谷岬の歌の碑に移動。地図(4枚目)と歌が流れる宗谷岬の
碑(5枚目)を撮影。

次はクッチャロ湖だ。(6枚目)白鳥がむやみに群れをなしている。餌付けされているのだろうか
人見知りをしない。異様なものを感じた。昼食はクッチャロ湖畔でとった。ありきたりのものだ。
細君は「鮭餃子」なるものにチャレンジしていたが失敗だったようだ。

道はひたすら平凡だ。左に海、右に山といった風景が続く。カーナビで目的地の「網走観光ホテル」を
入力しておいたが、寄り道しようにも他のルートがないのである。しかし、運転手は小生だけではない。
細君もよく頑張ってくれた。初めての北海道が気に入ったようで、快調に長距離を運転してくれたのだ。
小生は助手席で、少しくうつらうつらと眠ったくらいである。細君は車も信号も少ないので、いたく
お気に召したご様子であった。

小休止はしたものの先を急いで気ぜわしく運転して「網走観光ホテル」に着いた。一般道のみで
320km以上走った。想像していた以上に何もない道であった。回転寿司もない、ファミレスもない。
牧場はたくさんあった。道の駅はところどころにあった。

7枚目はホテルの下の網走湖で撮ったもの。鮭がうじゃうじゃいる。8枚目の手前に7枚目の溝が
あるのだ。鮭は溝で流れに逆らって泳いでいる。写真には写っていないが鳥が鮭を狙っている。鮭は
養殖で当地で放流されたものらしい。9枚目に詳しく書いてあるが、養殖の鮭には産卵能力がなく、
7枚目の鮭はここで死ぬとのことであった。

「網走観光ホテル」は何の変哲もない温泉付き観光ホテルであった。(「街道をゆく」で有名な
司馬遼太郎先生が宿泊と、誇らしげに掲示したあった)小生は鬼怒川や伊香保に行き慣れている
(以前仕事でよく行った。最近は温泉で会合や忘年会は機会が減った)ので感心することは何も
ないが、細君は喜んでいた。何よりである。

写真の8枚目の網走湖畔で「カムバック サーモン イン 網走湖」というイベントが開催中との
ことで、18:15から夕食にした。夕食は温泉付き観光ホテルにありがちの平凡なものであったが、
細君は喜んで大いに食べていた。

夕食を終わってテレビを見たら「わが心の大阪メロディー」が始まった。脱税常習大魔王の上沼恵美子
大先生が司会をしておられたが、見はじめてみると面白かった。五木ひろしの「ふるさと」がよかった。
今度、忘年会で歌おう。
フィナーレは「大阪ラプソディ」であった。海原千里・万里時代の上沼恵美子のヒット曲である。
この歌も大好きである。カラオケで時々歌う。皆で大合唱して終了となった。見ていていい気持ち
になった。

「わが心の大阪メロディー」のせいで「カムバック サーモン イン 網走湖」は翌日に行くこと
にした。したがって「風林火山」は観ることが出来なかった。残念!

閉じる コメント(8)

顔アイコン

ピ吉さん、こんにちわ。私は仕事で札幌しか行ったことがないので、うらやましい限りです。北海道の食べ物は何でも美味しい気がしますよね。

2007/11/8(木) 午後 8:46 [ サイキックマニア ] 返信する

サイキックマニアさん。
コメントありがとう存じます。札幌は20年ほど前に初めて行き、
数年前にも行きましたが、きれいで都会でよい街ですね。

2007/11/8(木) 午後 10:34 ピ吉(pikichi) 返信する

この時期、北海道はさぞ寒いでしょうね。でもそれこそ北海道の醍醐味。ロマンを感じます。

2007/11/8(木) 午後 11:49 なっちゃん0904 返信する

なっちゃん。
寒いと感じたのは最初だけでした。すぐに慣れました。人間の身体
って都合のよいものですね。

2007/11/9(金) 午前 0:05 ピ吉(pikichi) 返信する

顔アイコン

『白鳥のフンに注意』という看板も一緒に写されるセンス、
さすがお見事ですッ!!これは味のある画像ですね〜★(笑)
カムバック サーモン・・・というイベントの名前も
興味津々になってしまいました。

2007/11/9(金) 午後 10:00 [ hama_chos ] 返信する

浜地さん。「白鳥のフン注意」は意図したものではありません。
この湖は白鳥がいっぱいで異様な雰囲気だったのですよ。
「カムバック サーモン・・・」は手作り感あふれる素朴な
好感が持てるイベントでした。

2007/11/9(金) 午後 10:22 ピ吉(pikichi) 返信する

顔アイコン

昨年知床へ行きレンタカーで移動したが信号もなく道路も空いていてついついスピードが出てしまったのを思い出します。

2007/11/10(土) 午前 0:02 houmei 返信する

homeijpさま。
コメントありがとう存じます。確かにスイスイですよね。
北海道は快適でした。また行きたいです。

2007/11/10(土) 午前 0:12 ピ吉(pikichi) 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事