ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全431ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

    前記事の相模川の状況確認後、一時間程ならテンカラが飛ばせるかなと思い
  もうひとっ走りして道志川へIN。 渓は渇水続きなので餌では厳しい状況でしたが、
       反対にテンカラには好い感じなので早々にテンカラ支度。。。

イメージ 1

        昨年はイマイチだった瀬へ様子をみながら撃っていき・・
        毛鉤付近の水面がパシッと弾け、うまいこと7寸クラス。。

イメージ 2

  けれどもそれほどは続かず・・釣り上がっていると時折群れっぽい魚影が目に入る。。
       よく見ると・・正体は放流アユ(放流河川なので皆デカい)

イメージ 3

      数はそれ程でもないけれど、もうすでに14cmくらいあるので・・
     コレが行ったり来たりしている瀬ではヤマメは出ないよね〜・・de・・
        群れを避けて撃ち始め、綺麗な個体が反応し始める。。。

イメージ 4

   その後もイイサイズがパシャっと毛鉤に出て久々に楽しいテンカラタイム。。。

イメージ 5

            サイズは8寸までで こんな感じ。。。

イメージ 6

    このサイズが揃えば、テンカラで遊ぶには十分ですし、どうであれ・・
   パシャッと出てくれたり、毛鉤直下でギラっと反転する姿が見えるだけでも
 この釣りは面白い。 そんなことで今季お初のテンカラも運よくいい釣りができました。
……………………………………………………………………………………………………………
竿 郡上テンカラ 33  パーフェクトライン 36  リーダー 0.8号 矢引き
              『使用毛鉤はこちら


      県下のアユの解禁も気づけば・・もう2週間となったところで、
   とりあえず相模の流れでも観ておこうかと・・向かった先は競技地区の瀬。。

       まずはシーズンを通して一番入ることの多い一本瀬付近。。

イメージ 1

    昨年(2018)は瀬肩から落ちた中段あたりが丁度中州となっており、
     それなりに変化もあってそこそこ遊べた所でしたが、今年は・・・
         今のところ一流れがザザザ〜みたいな感じ。。

     それと、右岸の肩上が数年ぶりにワンドの入り口となっており、
        この川相は鮎をストックするのに好い感じ。。。

      続いて・・下流へ目をやると、下の瀬肩も結構広くなった感。。。

イメージ 2

        ただ・・石がね〜〜ノロノロイッパイで、こんななんです。。。

イメージ 8

     今年は水が出ていないのでしょうがないと言えばしょうがないですが、
          アユさえ大量に遡上していれば・・ここまでノロが乗ることもないので、
      やはり・・まだ遡上の本体がココまでは届いていない雰囲気。。。

 実際、川見中・・鮎の跳ねを見たのは二度だけなので、居ないことはないかな程度。。
          あと、鵜も居ないのも気になるのですが・・・・

            そしてお次が・・・高田橋の橋前後。。
             ⇩が下流側のいわゆる橋直下の瀬。。

イメージ 3

                ⇩こちらが橋上の瀬。。

イメージ 4

  この上流にある堰が小沢頭首工となりますが、この堰は今年も重機が入っていたので
     堰下はまた砂利が凄くなっており、今現在も中州のような状態かな。。

イメージ 5

 それと・・昨年、高田橋の河原の降り口付近に漁協の囮小屋が設置されておりましたが、
 今年は河原の降り口手前に相模屋さんの囮販売所も出来ておりまして、こんな感じ。。

イメージ 6

 相模屋さんのお話では、これまでの田名店がcloseとなり、河原の降り口へ移転とのこと。

   営業時間も・・以前までのpm2:00頃まで。というのに対し、こちらのお店は・・
            予定では夕方までは営業との事。。

    午後入りのアタクシは、なかなか2時までに滑り込むのが難しかったので・・
               コレが一番ありがたい。。

       そんなことで・・とりあえずは簡単に川見を済ませまして・・
     もうひとっ走りし、道志川へIN。。一時間程テンカラを飛ばし・・・
            とりあえずはこんな感じでした。。。

イメージ 7

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。。











   そろそろ・・子供も含め、アタクシも淡水の時期が来まして、今回のが春の海モノの
   食編最後となりそうですが、前回の子供が掛けた唯一の海苔メジナ&地タコを
           とりあえず、晩のうちにこんな感じに。。。

イメージ 1

 二ハイの地タコは・・良型の半分は真空冷凍へ回し、あとは茹で上げてお刺身用にし、
        後日・・海苔メジナと合わせて盛り付ける。。

    今春最後(予定)の海苔メジナ&地タコのお造り、出来上がりです。。

イメージ 2

  今回は海苔メジナが一枚ポッキリでしたので、子供のお刺身一人前といった感じでしたが
   子供曰く、イイんだよ〜 少ないくらいが一番美味しいんだから・・。。。。
         とのことで、今回も美味しく食せたみたいです。。。

              【この魚の釣行記はこちら


      ここに来ては子供の野球のお付き合い等で時間もとれない中、
       気付けばもう・・県下のアユ解禁まで15日となっている。。

    先日、掛け針までは無事に組み終わったけれど、数モノが終ったことで
  完全に気が抜けており・・その後は何もやっていなかったツケがもろにきた感じ。。

    そこで・・・とりあえずハナカン周りの道具をだしてきてとりかかる。。。

イメージ 1

   ハナカンの形状は・・未だ全く気にしたことが無いので使い慣れたモノで済ませ、
        まずはダダダぁ〜っとこんな具合に編んでゆく。。。

イメージ 2

   編みつける数は、中ハリスの号数別なので、およそ10個づつ編みつけ・・・
            最後にチバリを結んで終わり。。。

  号数は・・昨年は小アユ年だったので・・初の0.4号フロロなんていう細中ハリスまで
   使用して泳がせたりもしましたが、柄ではないので・・今年は0.6号フロロから、
      0.8号と1号の3タイプで・・15本ずつの計45セット。。

イメージ 3

          これで・・お盆過ぎっ頃までは持つ計算。。

  あとは・・コレをバチバチ飛ばしてくれる年になってくれれば・・な期待も少々。。。

   2014年を最後に、相模では大型化していないので、久々に大きくならないかなー
      と想いつつ、まずはハナカン周りまでは済ませておりました。。。。



   前々回の子供との釣行時は、海苔メジナこそ釣れていない釣行となりましたが、
      子供の諦めの悪さから・・執念で捕まえたイッパイのアオリイカ。。
      これを持ち帰ってから、こんな具合にお刺身用にこしらえる。

イメージ 1

 それと・・帰り際に子供が捕ったワタリガニも・・とりあえずカニ汁用にし、こんな感じ

イメージ 2

      そして後日、アオリの身がネットリとしたところで皿に盛る。。
         今回は黄金和え風に・・明太和えも一緒に添え、
           アオリイカのお刺身出来上がりです。。

イメージ 3

      今回はホントは・・海苔メジナのお造りと合わせるはずでしたが、
    釣れなかったので・・なんとなく物足りないお刺身ではありましたが、
 サイズ的には丁度お刺身サイズのアオリということで、まずまずだったかと思います。

              【この魚の釣行記はこちら


全431ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事