ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全408ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

       日曜日に組まれていた子供の部活が・・急に休みに変更。。
    聞けば(土)の内容がハードだった?ので体を休めろみたいな感じ。。
 来週は新人戦だったりもするので必要なことなのかな?ひと昔前なら逆じゃないかな?

   そんなことを想っていると・・子供>よぉ〜〜し 海で体を休めよう!おぉ〜♪
         やはりこうなるか・・・de 午後から海へIN。

   まず、明るい時間は本命カワハギの、その他はいろいろ狙いで・・こんな感じ。

イメージ 1

 子供は狙い通り釣りに来れたことがモロに顔に出て・・開始からずぅ〜っとニタニタ顔。。。

      ただ、釣り自体は本命の顔は見れず・・別魚はこんな具合に
      まずは通称オジサン(ヒメジ)子供が釣ってもオジサンね。。

イメージ 2

   次はメバル→カサゴ→ベラ各種→毒魚各種・・で暗くなり第一ラウンド終了。。
                逃がす前の魚がこちら↓

イメージ 3

   第二ラウンドはエギング。 しかし・・こちらは潮が全く効かず期待薄の中・・
            唯一、子供が乗せたのがこのタコ!

イメージ 4

     そして第三ラウンド突入。 といっても、翌日は朝練があるので・・
  実質最終ラウンドのメバ・カサ。。 ここで初めて前記事の磯スパイク実戦投入。。

  使用した感じも申し分なくて子供>おぉ〜〜滑らない!と気に入った様子でしたが
  釣り自体は潮もなく・・アタリも無く・・といった感じで泣きの延長戦突入。ヤッパリ

       で・・・ワタリングはというと・・ こんな感じで。。。

イメージ 5

     こちらは毎度のごとく絶好調となり、今回もうまいこと締めくくれた
              子供の海遊びとなりました。。。


この記事に

       今年も子供の磯シーズンが始まろうとしておりますが・・
    ただ今年も・・昨年同様、部活やら用事やらで出撃回数は限られそう?

     そんな中にあってちょっと気になっていたのが磯用のシューズ。。
 以前はまだ足も小さかったし、動きやすさ重視でこんな感じのモノを履かせてました。
  けれども最近になって・・足もだいぶ育ち、そろそろ Sから→Mクラスまでに。。

   こうなると本来の釣用スパイクの中からの選択数も増えてきたかな?な感じ。。
   まぁ〜〜まだね、スグに育つであろうし、スパイク自体にも慣れていないので
    手始めに手ごろなモノを探し始める。 そこで選んだのが・・・コレ!

イメージ 1

     品は阪神素地のスパイクシューズ・ハイカット(マジックタイプ)
  阪神素地はアタクシも鮎用のスパイクタビを愛用しており、結構気に入っている。

 それにコレは・・子供にはありがたいマジックタイプなので紐ほどけ等の心配もナシ。
  また、うちの子は・・足の甲も広いので・・・甲の部分のマジック調節も。。
    ご機嫌で家の中を試しに履いて・・フローリングは傷だらけ。。^^

    そんなことで・・次回の磯入りからはオニュ〜スパイク投入だぁ〜〜と
      意気込んでおりましたが、さてさてどうなるでしょうか。。。



この記事に

  昨夜は仕事後に単独で磯へGo。 まず向かったのは小潮まわりでのウエーディングP。
  しかし、チョットしたことがあり・・車止めには停められず深夜になるのを待つため
 ホーム磯へ向かう。 ココはマズメから撃っておられたという先行者さんの姿もあるけれど
  お話ではサッパリ。。。もう丸二年この地は様子がおかしい感じ。。 けれども・・
     時間調整で一時間程転々とする。。 そこにNAKAさんがお見えになり、
       シーズンぶりのご挨拶。 お話ではエギ&メバの二刀流。。
          お話中、コウイカを秒殺は見事な出足し。。。

  アタクシはというと・・・二ヶ所目・三ヶ所目を観てまわり、シーバスっ気ナシ確認。。
 最後にもう一度深夜のウエーディングP。 しかしココは・・裏本命のパラダイスとなる。

イメージ 1

        まさにワンキャスト二本づつのサンマサイズのサヨリ。。。


  今回は前回に比べ・・手も足も出ない程のサヨリ群でお土産釣りには良いけれど
 対シーバスとなると・・多分ダメ。。今年はサヨリが大きい分、ちょっと厄介な面もある

       サヨリがある程度抜けないと・・マルは始まらないかなぁ〜・・
             といったところで・・おかず釣り。。

イメージ 2

    けれども・・途中で痛恨のライントラブル発生。手で回収していたら・・
 ルアーは根にくっつき・・結構頑張ったけれど海に奉納。。ライン再起不能となり納竿


               結局お土産はこんな感じ。。

イメージ 3

   家に帰るなり・・ボクをおいて行くから・・と言われるであろう釣行でした^^;
        やはり抜け駆けは良いこと無いな〜といったところです。。。


この記事に

   前回の子供との釣行で・・運よく掛かったアオリイカ&地タコ&その他は・・
  まずアオリイカからサクサクっと包丁を入れてお刺身用にこしらえ、こんな具合に。

イメージ 1

  と同時に、子シーバスも開いて半夜干しにして、お次が地タコを茹で上げる(写真ナシ)
           そして最後にワタリガニをカニ汁に。。

イメージ 2

 そして・・アオリイカの身をしっかりと寝かせた後、地タコと鮪スキミを添え・・
     下駄に盛り、アオリと合わせた三種盛り一人前はこんな感じ。。。

イメージ 3

  今回のアオリは食すには丁度好いサイズでしたので、身もネっとりとして食べ頃。。
     そんなことで今回も・・おいしくおいしく食せた海の幸でした。。



この記事に

      昨日は夕マズメっ頃から海へIN。 場所は三浦の堤防各所です。
   天気も良かったので現場は多目的の釣人で賑わい、少しの間は空き待ち。。

  ただ、この時間を利用しベイトっ気の様子をみて歩く。 お話では、前日より・・
  はるかにイワシっ気が少ないヨ。 と、サビキ師の方が言っておられたのが気になる。

  けれどもこの釣りは潮さえ効けば雰囲気は出てくるので、とりあえずエギング開始。
  釣り始めから一時間、潮も効き始めた頃、やっと常夜灯にウルメの姿も見え隠れ。

  と同時に・・聞き気味にシャクっていたアタクシにグイっと一発、前アタリをもらう。。
 スグにエギを送ったけれど次に触ることはなく、この事を子供に伝え集中を高めさせる。

  そして・・ややあってラインを走らせるアタリ! で・・あぁ〜乗ったわ〜
         となりまして・・500gUPのアオリイカ。。

イメージ 1

  この後・・潮がたるむ頃まで子供は頑張っていたけれど、次は出ず・・エギ終了。

  潮位が落ちるタイミングで第二弾のメバリング開始。 ただコレも人が多くて・・
  空いた所探し。 その間、いくつかの所で子メバに遊んでもらえ、こんな具合。。

イメージ 2

 そこでアタクシも並んでロッドを振り・・小さなライズを見つけてバチャバチっと子シーバス。

イメージ 3

   コレに納得のいかない子供は・・粘り決定でメバ、一時間の延長も結果は✖。。

    そしてお次が・・潮位が無くなるタイミングで第三弾のタコング開始^^
    こちらも今回は・・何時ものようにアっ気無くイッパイ!とはいかず・・
           結構苦戦し・・やっとサでこのイッパイ。。

イメージ 4

   どうも納得のいかない子供は・・・最終戦までもつれ込み、ワタリング開始。。
     と同時に・・コレは得意なんだ!で・・型物を捕獲し始める。。^^

イメージ 5

     そして・・このところのストレスを全て解消し、気が済んだ頃には・・
       アタクシがヘロヘロ。。。 という・・子供の海遊びでした。。。


 ロッド D社 Saltist ST-EG862 I トーナメントZ2500 Egi Specialスプール
 ライン キャストアウェイ PE 1号 フロロ 2.0号  エギ YO-ZURI アオリーQ
 子供> D社 Saltist ST-EG76    REVROS 2500 RapalaのRAPINOVA-Xエギング1号
                          ゴールドサクラエビ他、 3.5寸
……………………………………………………………………………………………………………
ロッド・D社  TROUT-X 55UL レブロス2000 ・ADVANCE 5lb. OFTスクリューテール
            D社 PHANTOM - TR 66 ルビアス1500 > 自作カブラ 銀テープ 1.4g


この記事に

全408ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事