ここから本文です
アイエエエエ! ジンジャ!? ジンジャナンデ!?
旧・クモノカケラのブログです。道南から神社・お寺の御朱印情報などを二次元も絡めて発信します。

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

日吉大社 (ひよしたいしゃ・ひえたいしゃ)




延喜式:名神大社

旧官幣大社、別表神社、二十二社、山王総本宮、艦内奉斎神社(戦艦「比叡」)






日吉大社は京都の北東の表鬼門である比叡山の東側の滋賀県大津市坂本に鎮座していて、都を守護するために裏鬼門を石清水八幡宮が、表鬼門をこの日吉大社守護しています。

全国にある山王・日吉・日枝と付く約3800社の総本宮で、延喜式では名神大社、朝廷から格別の崇敬を受けた二十二社の一社。

旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社になっています。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/4b/b1/kazuki133/folder/1567585/img_1567585_34176301_0?1183119254
「日吉大社特有の『山王鳥居』」

創建は比叡山延暦寺の創建よりも古く、崇神天皇7年(紀元前91年)に八王子山(牛尾山)に大山咋神を祀ったのがはじまりです。

その後、最澄が天台宗比叡山延暦寺を創建し、日吉大社はその鎮守社として祀られます。

比叡山の『比叡』(ひえい)はもともと鎮座していた山の名の『日枝』(ひえ)に由来しています。


平安時代には仏教が大きな力を持つようになり、日吉社の祭神は釈迦如来の化身、垂迹(すいじゃく-下のほうで説明します)ということで崇敬を受けることになり、『山王権現』などとも呼ばれるようになります。

ちなみに『山王』は最澄が留学していた唐の天台山国清寺の地主神「山王元弼真君」に由来しています。


安土桃山時代には有名な比叡山焼き討ちによって社殿や神輿が全て焼失してしまい、現在の社殿はそれ以降の再建です。

また、明治期の廃仏毀釈によって仏教色の強かった日吉大社の仏閣は取り除かれ現在の状態になっていますが、中世以前の絵図には広い境内に多宝塔など多数の仏閣が存在していました。






「日吉大社」という名称は『山王二十一社』の総称で、それぞれ上七社・中七社・下七社と別れています。

その中でも一際崇敬を集めているのが「上七社」の西本宮・東本宮・白山宮・樹下宮・宇佐宮・牛尾宮・三宮宮で、今回紹介するのはこの「上七社」


本地仏としてそれぞれの社殿には神仏習合の名残で祭神と同じくいろいろな仏様が祀られています。

『本地垂迹(ほんちすいじゃく)』というのですが、つまり仏様が日本の神様の形となって現れたという説です。

近くに比叡山延暦寺があるせいか仏教がメインの考え方になっています。




西本宮 (にしほんぐう)

旧称:大比叡

神紋:牡丹

祭神:大己貴神(おおなむちのかみ)

本地仏:釈迦如来

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/4b/b1/kazuki133/folder/1567585/img_1567585_34176301_1?1183119254
「西本宮 楼門(重文)」

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/4b/b1/kazuki133/folder/1567585/img_1567585_34176301_2?1183119254
「西本宮 本殿(国宝)」

まず西本宮は上七社の筆頭で、大黒様として知られている大己貴神を祀っています。

本地垂迹の考え方で言うと『釈迦如来』が日本の神様である『大己貴神』の姿を借りて現れているという事になります。


西本宮は上七社の筆頭になっていますが祀られたのは東本宮よりも新しく、天智天皇7年(668年)3月に飛鳥京から大津京に遷都するにあたって、大和朝廷の守護神であった大己貴神を大和国一の宮の「大神神社」から御神霊をお迎えして、大津京や国家鎮護を願ったのがはじまりです。

国宝の本殿は日吉造りで、天正14年(1586年)に再建され、慶長2年(1597年)に改造されたものです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/4b/b1/kazuki133/folder/1567585/img_1567585_34176301_8?1183119824




東本宮 (ひがしほんぐう)

旧称:小比叡

神紋:双葉葵

祭神:大山咋神(おおやまくいのかみ)

本地仏:薬師如来

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/4b/b1/kazuki133/folder/1567585/img_1567585_34176301_3?1183119254
「東本宮 楼門(重文)」

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/4b/b1/kazuki133/folder/1567585/img_1567585_34176301_4?1183119254
「東本宮 本殿(国宝)」

創建時に八王子山(牛尾山)に祀られていた大山咋神の神霊を麓にお祀りしたのが東本宮です。

最初に祀られたのは大山咋神ですが、先に西本宮が造られた為、しばらくは拝殿や本殿の無い古式の信仰形態でした。

その後、小さな祠が建てられ、平安時代には日吉造りの社殿になりますが、戦災で焼失。現在の国宝の本殿は文禄4年(1595年)に再建されました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/4b/b1/kazuki133/folder/1567585/img_1567585_34176301_9?1183119824




宇佐宮 (うさぐう)

旧称:聖真子

神紋:橘

祭神:田心姫神(たごりひめのかみ)

本地仏:阿弥陀如来

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/4b/b1/kazuki133/folder/1567585/img_1567585_34176301_5?1183119254
「宇佐宮 本殿(重文)」

摂社の宇佐宮は元々西本宮に大己貴神と合祀されていた田心姫神を天武天皇3年(675年)に遷し創建されました。

本殿は慶長3年(1598年)に建てられたものです。

「宇佐」と付くので八幡大神を祀っているのかと思いきや、祭神の田心姫神は又の名を「多紀理毘売命(たきりびめのみこと)」で宗像三女神の一柱で海の神様ですね。



白山宮 (はくさんぐう)

旧称:客人

神紋:杉

祭神:菊理姫神(くくりひめのかみ)

本地仏:十一面観音

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/4b/b1/kazuki133/folder/1567585/img_1567585_34176301_6?1183119254
「白山宮 本殿(重文)」

摂社 白山宮はその名の通り白山比弯声劼虜弯世任△覽突姫神を祀っています。

本殿は天正17年(1589)の再建で拝殿共に重要文化財に指定されています。



樹下宮 (じゅげぐう)

旧称:十禅師

神紋:十八葉菊

祭神:鴨玉依姫神(かもたまよりひめのかみ)

本地仏:地蔵菩薩

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/4b/b1/kazuki133/folder/1567585/img_1567585_34176301_7?1183119254
「樹下宮 本殿(重文)」

ちょうど東本宮の前に横切るようにして鎮座しているのが摂社 樹下宮です。

祭神は東本宮の祭神の大山咋神の奥さんの鴨玉依姫神。

仲良く同じ境内に鎮座しているけど旦那さんの前に横向きに鎮座。レディファーストということなのだろうか。

本殿は文禄4年に建てられたもので重要文化財。本殿の下には湧き水があるらしい。




牛尾宮 (うしおぐう)

旧称:八王子

神紋:崩れ菊

祭神:大山咋神荒魂(おおやまくいのかみあらみたま)

本地仏:千手観音



他の社殿から離れた八王子山に鎮座している二つの宮のうちの一つが摂社 牛尾宮です。

元々ここが創建時に大山咋神が祀られていた場所です。

現在は大山咋神の荒魂が祀られています。

時間が無かったため未参拝。





三宮宮 (さんのみやぐう)

旧称:三宮

神紋:五七の桐

祭神:鴨玉依姫神荒魂(かもたまよりひめのかみあらみたま)

本地仏:普賢菩薩・大日如来



他の社殿から離れた八王子山に鎮座している二つの宮のうちのもう一つが摂社 三宮宮です。

大山咋神荒魂が祀られている横に鎮座しているのが奥さんの鴨玉依姫神荒魂。

同じ場所に夫婦の荒魂が鎮座しているので、夫婦喧嘩になったらどえらい事になるのではないかと少し思ったり…。

夫婦喧嘩に巻き込まれたくない参拝者は麓の遥拝所で参拝することができますよ。




御朱印は西本宮の授与所で頂けます。

『上七社(7枚)』と『三十番神(5枚)』のが頂けますが、全て貰うとなると12枚になるので3600円かかります。

12枚のうち東本宮の御朱印と三十番神のうちの一つは東本宮前の授与所で頂ければいけません。

欲しいけれど一度にはきついような…。



・戦艦「比叡」

帝国海軍の戦艦比叡の艦内神社にはこの日吉大社の御分霊が祀られていたそうです。

私の祖父も比叡に乗艦していました。

この記事に

  • 顔アイコン

    すっごぉーーーい!Σ( ̄ロ ̄;)大きいね!思ったより規模がデカイ!!東本宮、西本宮・・・沢山あるのも初めて知りました。さすが日吉大社。本殿がみんな同じような造りで、狛犬が面白い配置になっているのもとっても新鮮です!!
    とっても力作だし、記事の内容も勉強になりました!もちろん傑作ポチッしますね!(* ^ー゚)ノ-☆

    因みに、ちょうど神社クイズをさっき作ったところなんですけど、伽月さんは私の問題の6番は答えがでているようなものだなぁ・・・ヾ(;´▽`Aアセアセ

    keinoheart

    2007/7/1(日) 午後 9:10

    返信する
  • 日吉大社は近江神宮に行ったときにたまたま道路案内で見つけて近くだから寄ったのですが、ホント行ってよかったと思いましたね。国宝・重文だらけですもんね。拝観料取られても仕方がない^^。東本宮のご朱印の文字は私がもらった方の勝ち!なんてネ^^。

    トオル

    2007/7/1(日) 午後 9:35

    返信する
  • 顔アイコン

    Keiさん、こんばんは。ポチありがとうございます。もうちょっと見やすく書ければ良かったんですけど、中々Keiさんのようには行かないなぁ。

    あ、ホント。答えですねコレは。でもちゃんと読まないと出てないから大丈夫かな…?

    高倉伽月

    2007/7/1(日) 午後 11:44

    返信する
  • 顔アイコン

    トオルさん、こんばんは。拝観料は維持のためには仕方が無いさっ!(と神社の場合は思います)

    東本宮の御朱印は orz マケタ... うちの時はおばちゃんでした。しかも最初行った時に授与所に誰も居なくて焦りましたよ…。

    高倉伽月

    2007/7/1(日) 午後 11:52

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事