今日の景色

毎日の生活(今日の景色)を写真で記した日記です。

全体表示

[ リスト ]

岸和田の城下町を散策し梅渓寺、圓教寺を訪ねました。
寛永17(1640)年、岡部宣勝が藩主となり、
岡部氏13代がつづき、明治維新まで岡部氏が代々、
泉州地域を治めていました。


江戸時代の幕府・藩と領民
泉州(岸和田以南)地域は、ほとんど岸和田藩の領地でした。
江戸時代以降宗教の信仰、活動は、幕府のもとで
本山をもっていなかった寺院は、本寺をすべてもつ末寺となり、
領民は、旅行・結婚等は寺請が必要とされ、
亡くなると檀那寺に葬られるようになります。
また、幕藩体制のなかで、家の宗教が決められ、
家は寺、寺は本山、本山は幕府に組みこまれ統制されます。

初代岡部宣勝と梅渓寺、
1640(寛永17)年、摂津高槻から岸和田藩主として6万石で入城し、
そのとき、宣勝は母の位牌等をうつし、墓碑を梅渓寺に建てます。


イメージ 1

     岡部家初代岸和田藩主の母(家康の姪)の墓碑がある梅渓寺

岡部宣勝(1597-1668)の父長盛の妻は
徳川家康の妹に准じる洞仙院として、墓碑がたてられています。
初代岡部宣勝の妻は、母が松平康元の娘で、
松平康元は家康の異父弟で、家康とは縁戚関係になります。
曹洞宗梅渓寺の末寺が正法寺(小垣内)、法願寺(朝代)、来迎寺(和田)、西方寺(成合)と四ヵ寺があり、いずれも熊取に在り、
熊取13ヵ寺の内4ヵ寺が梅渓寺の末寺です。

初代岡部宣勝と円教寺

イメージ 2

     岡部氏に強訴し、斬首の刑に処された人の墓碑がある圓教寺
     (日蓮宗、岸和田市五軒屋町7-9)

岡部宣勝が入城の際、前任の松平氏時代に藩の石高が、
領地はそのままで、5万石から6万石へ増高されたため、
領民の負担が重くなります。

イメージ 3その軽減を求めて領内108ヵ村の百姓たちが強訴に及び、
彼らは、岸和田城の堺口御門に宣勝一行を待ち受けて、
1万石の年貢減免を嘆願します。
これは、松平時代の2割増もの年貢を背負い、厳しい収奪に苦しむ領民が起こした騒動。
強訴して処刑された人の墓碑の由緒によると、城主岡部宣勝は群衆の主たる者を投獄し、農民の窮状を詳しく訴えた
沼村庄屋川崎久左衛門を、
法は曲げられずとして、津田川の刑場で斬首の刑に処した。




この碑は死後160余年を経て、同刑場に有志によって建てられたもので、
その後1899(明治32)年に
円教寺(日蓮宗、五軒屋町)の境内に移したとある。


イメージ 4


これに対し、宣勝は総石高から3000石を減免し、
村々に減免分を割り当て一揆を未然に防いだ。
次いで、岡部宣勝は領内全地域から、
地区をとり治める七人を採用した。
各地区ごとにおかれた七人は、「大庄屋」七人衆と称せられ、
郡代の民政諮問に応じる職であった。
苗字帯刀を免許されて毎月数日会所(ごうかいしょ)に出勤した。
 
(郷士代官)   熊取   中 左近      中氏       
(同    )    熊取   中 左太夫     降井氏   
(代官庄屋)   岸和田  岸久左衛門    岸氏      
(筆頭庄屋)   佐野   藤田十郎太夫   藤田氏
(同    )   佐野    吉田久左衛門   吉田氏
           樽井   脇田右馬太郎 
          畠中    要源太夫
 
泉州地域は、岡部宣勝以来、明治維新に至るまで岡部氏の統治をうけ、
七人衆は近世を通じて変わることはなくつづいた。

イメージ 5

    
           正保期和泉国所領配置図(正保期1644-1648)


岡部宣勝が入城以後、岡部氏十三代がつづき、
明治維新をむかえます。


安土・桃山時代                
1583(天正11)年  羽柴秀吉、家臣中村一氏を岸和田城主とする。
1585(天正13)年  岸和田城合戦(3月)
               秀吉軍と根来衆和泉近木川付近にて合戦(3月20日)
               秀吉軍の根来攻め(8月)             
               羽柴秀吉、中村一氏を近江水口へ移し、
              小出秀政を城主とする。
             
1586(天正14)年  岸和田藩領内検地          
1587(天正15)年  小出秀政1万石の大名になる。
1597(慶長 2)年  岸和田城完成(文禄4年.1595年城主小出秀政起工)
1600(慶長 5)年  関ヶ原の戦
              小出秀政が円教寺建立
江戸時代
1603(慶長 8)年  徳川家康、江戸幕府開く。
1605(慶長10)年  徳川秀忠、2代将軍就任。
1614(慶長19)年  大坂の冬の陣
1615(慶長20)年  根来盛重 日根郡29ヵ村の和泉代官(-1619)
               大坂夏の陣 豊臣氏滅亡
              
1619(元和 5)年  小出吉英、但馬国出石に転封。
               松平康重、岸和田藩主となる。
               根来盛重、大鳥・和泉・南郡の地の代官(-1641)
                              島原の乱
1640(寛永17)年  松平康重没。松平康英襲封、播磨国山崎へ転封。
               岡部宣勝岸和田藩主となる(6万石)。
              領内108ヵ村農民、1万石の増高取消しを求めて強訴。
              熊取谷の中左近、降井左太夫が岸和田藩の大庄屋7人衆


イメージ 6



1月29日



  


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事