そば処ふるかわ

ホームページhttp://www.takahata.or.jp/ippin/furukawa.html

全体表示

[ リスト ]

「高畠石のまち歩き」の成果を展示しております。
 現在「高畠町郷土資料館」においてミニ企画展“地域の宝再発見展”が開催されております。
 高畠町は凝灰岩(通称:高畠石と呼んでいます)が豊富で、縄文草創期には岩陰で先人たちが生活をしていたことが知られています。町内には石で作られた古墳が多数現存しております。又生活の場でも色々な活用がなされてきました。そんな今から40〜50年前で普通にあった風景を今に残されているのが高畠町です。
 「高畠石採石道具類」「一二八石」「高畠石製石風呂と石の流し」
手前の「一二八」といわれる石は8月に行われた「石工サミット」で先輩石工さんが実演で切り出した実物の石です。
イメージ 1
 東北芸術工科大学の北野博司教授のゼミ生、そして”高畠石の会”と協同で行った「高畠石のまちあるき」の成果の報告がされています。
・高畠石の石切技術
・ナツカワに見る高畠の庭園文化
・高畠石製サイロの秘密
・屋敷明神は語る
・石の鳥居について
・高畠まちあるき〜石切場編〜 等多彩な報告です。
イメージ 2
 他に「竹森薬師堂〜文化財からたどる歴史と信仰」などが展示されておりますので、ぜひ見学においで下さい。
平成26年11月23日(日)まで
開館時間:午前9じ30分〜午後4時30分
入館料 :一般100円  学生50円  高校生以下無料
休館日 :月曜日
 
高畠町郷土資料館
〒992−0302 山形県高畠町大字安久津2011
TEL・FAX 0238−52−2543

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事