そば処ふるかわ

ホームページhttp://www.takahata.or.jp/ippin/furukawa.html

全体表示

[ リスト ]

旧高畠鉄道高畠駅舎等が国の登録有形文化財に!!
 長年、高畠町のシンボルの一つとして親しまれてきた旧高畠駅舎が、国の有形登録文化財(建造物)に登録されることが国の文化審議会において決定されました。
イメージ 4
イメージ 3
イメージ 2
イメージ 1
旧高畠駅舎は、昭和9年(1934年)に木造の駅舎を、初代高畠駅長で鉄道技師でもあった長島多吉さんの設計により、地元で採取した凝灰岩「高畠石(瓜割り丁場)」を使用し高畠石の玄関口にふさわしい重厚な駅舎が完成しました。
  アーチ型に組まれた石枠にはガラス窓、車寄せを思わせる駅の玄関口、屋上には整然と並べられた装飾の石など、贅をつくした駅舎です。
  近年はこの旧くてモダンな駅舎に惹かれ、テレビドラマや映画の撮影に利用されております。

◆ 高畠鉄道
  明治20年代から30年代にかけて、高畠でも長谷川製糸工場や両羽製糸所などの他、多くの製糸場が操業を始、33年4月に糠ノ目駅が開業しました。人々の地場産業振興の意気が高まると、当然、製品の輸送についての関心が高まるようになり、高畠鉄道が誕生したのです。
  戦前は、宮城県七ヶ宿町湯原鉱山、二井宿の二重坂鉱山の鉱石、二宿井・高畠の木材・木炭、牛、乳製品・石材、高畠・屋代の製糸・米、西洋梨・林檎・葡萄などの果物等の輸送が盛んに行われておりました。
  戦後になり、貨物輸送はトラック輸送に変わるまで続けられておりましたが、徐々に人々の足としての役を担うようになり、昭和28年には約62万人(一日平均約1700人)の乗客を運びました。またこの年の鉄道による輸送量は次のようになっています。
  木材・製材:2071トン パルプ材:1759トン ミルク:453トン
  米:2350トン 家畜:1036トン 石材:422トン 
  木炭:268トン 鉱石:340トン 果物:1501トン 
  製糸:417トン
  しかしながら、徐々に高畠鉄道の利用が減少し、50年余の歴史を残し、その役目を終えました。
 多くの乗客に愛され「マッチ箱」の愛称で親しまれた小さな客車は愛知県の「明治村」にうつり、その線路跡は「まほろばの緑道」として生まれ変わり、元駅公園には電気機関車、貨車、電車各一輌が静態保存されています。そして、糠ノ目駅はJR高畠駅と名を変えました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事