ここから本文です
日本への愛国心
日本人に生まれたからには、靖国神社を参拝。

書庫我が国日本固有の文化

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

神道と宗教の違い 日本人らしさとはどこから来ているのか?

 
 
なぜ日本人は世界の人々から称賛されるのか?日本人らしさとはどこから来たのか?宗教 ­が教えならば、神道は道である。【一神教】キリスト教には1人の神イエスが­仏教には ­1人の神ブッタが。多神教【八百万の神】神道には水神や土神など自然に宿ると考え、複 ­数の神様が存在する八百万の神と呼ぶ
さらにイエスやブッタ等も神道は受け入れ『八百万の神』に含まれる。西洋の神は全知全 ­能で決して間違­いを犯さない正義の象徴であるのに対し、日本の神様は祟りや災いを起 ­こす怖い存在であ­る。キリスト教は過ちを起こして懺悔をすることで神から許しを乞う ­。神道は自然災害や­祟りなども神が起こすと考え、祭祀や祭りを行い神々に感謝の意を ­唱える。西洋では努力­や反省をすれば神に近づくと考え未来に答えがあると考え神道は ­人の祖先が神であるため­祖先を敬い過去に答えがあると考える。伝統を重んじる日本人 ­と進化を求める西洋人の違­いである。宗教には教典や聖書と言った教えがある。神道に ­は教えはなく一人一人が自然­から感じ取る取るものである。キリスト教やイスラム教は ­神の教えが存在し、真理も人間­の生き方も決まっている。神道は教えはなく自らが答え ­を求めて歩まなければならず、神­はその歩みを見守るだけで、道は示してくれない。天 ­照大神は邇邇芸命に稲を育て地上を­統治する事を託す。【天孫降臨】天照大神の孫であ ­る邇邇芸命が降臨した事で天孫降臨と­呼ぶ。さらに高く積んだ稲穂に神霊が降りる場所 ­として高千穂を選んだ。稲を植えると雑­草が生える。この雑草を取り除く事、つまり神 ­道とは自然の利に従う事であるのと同時に­自然に逆らう事でもある。ただし、悪を取り ­除くのではなく善を育てるのに妨げるものが­あれば取り除くという考え方である。虫は ­野菜を食い荒らすが、そのおかげで交配が進む­。人が人の為に善が作られ、自然の中で ­は悪も善となる。その中で学び取るのが人生であ­る。子が親を敬い親が祖先を敬う。こ ­の当たり前で当たり前ではない思想の根源が神道で­ある。
初詣、節分、ひな祭り、七夕、七五三、成人式
これらすべてが神道の行事である。
我々は知らず知らずの間に神道という道を歩んでいる
西洋の文化を取り入れ伝統を重んじる柔軟さは
神道の道が我々日本人に与えた答えなのかもしれない

転載元転載元: ローリーJ 夢の彼方へ!

開くトラックバック(0)

★日本の神道の中で、私が信じる神様は、大国主神お一人です。
神道は、様々な神々が存在するので、自分の好きな神様を選んで信仰すれば、それで良いと私は思う。
神社も、様々な神社が存在するので、自分の好きな神社のみを、参拝し信仰すれば、それで良いと判断する。
私は、靖国神社と出雲大社の二つが、自分の信仰する神社なので、この二つの神社のみを、参拝し信仰しました。
それと、天皇皇后両陛下も、日本人の唯一の父母だと思うので、両陛下を信じる。
私は、天皇皇后両陛下と、靖国神社と、大国主神の出雲大社のみを信じる。

私は、大国主神が、神道の中で一番好きなので、大国主神の神様に祈りを捧げよう。

天皇皇后両陛下と、靖国神社と、大国主神の出雲大社は、私の絶対的な守護神なので、日本人として誇りに思い、大切にします。


イメージ 1

















●大国(だいこく)さま.大社(たいしゃ)系列「大国主命」(おおくにぬしのみこと)

●大国(だいこく)さま.大社(たいしゃ)系列「大国主命」(おおくにぬしのみこと)
・別称..大己貴命(おおなむちのみこと)大穴牟遅貴命(おおなむちのみこと)大物主神(おおものぬしのかみ)八千矛の神(やちほこのかみ)
・神格..國造の神(文化神).農業神.医療神.縁結びの神
★大国主 - Wikipedia http://p.tl/2InJ
大国主(おおくにぬし)は、『古事記』『日本書紀』に登場する神である。
★「大国主命」http://p.tl/jl-Y
大国主命は、いわずとしれた日本の神さまのなかのスーパースターである。出雲大社の縁結びの神さまで、有名な「因幡の白兎」の話の主役、あるいは七福神の大国様だということは誰でも知っているだろう。さらに、出雲神話の主役で、全国の国津神の総元締みたいな存在である。英雄神としては、日本の素盞鳴尊やギリシア神話の英雄のように怪物退治といった派手なことはやっていないが、少彦名神とコンビを組んで全国をめぐって国土の修理や保護、農業技術の指導、温泉開発や病気治療、医薬の普及、禁厭の法を制定、といった数々の業績を残した偉大な神であることも知られている。ただ、それがこの神の魅力の全体像かといえば、否である。
八百万の神の中でも超人気者である。
・数々の試練を超えて大いなる国王に
・多くの名前と複雑な性格が秘めるパワー
・大変な美男で恋多き艶福家である
・大黒天と在福の神として活躍
・『●スクナビコナ(スクナヒコナとも。須久那美迦微、少彦名、少日子根など他多数)』 とコンビhttp://amba.to/MItp9X
★「大国主命」http://p.tl/9pM5
なお、大国主神には多くの異名があります。大穴牟遅神(おおなむぢのかみ)、八千矛神(やちほこのかみ)、葦原色許男神(あしはらしこをのかみ)、宇都志国玉神(うつしくにたまのかみ)というのが古事記に見られます。日本書紀は国作大己貴神(くにつくりおおあなむちのかみ)、葦原醜男(あしはらしこを)、八千戈神(やちほこのかみ)、大国玉神(おおくにたまのかみ)、顕国玉神(うつしくにたまのかみ)、大物主神といったものを上げています。
★ねずさんの ひとりごと 大国主は日本最初のイジメ被害者だった http://p.tl/2wwy
★出雲大社と大国主大神 http://p.tl/n0Sf
出雲の国は、神の国、神話の国として知られています。その“出雲の国”には、今もなお古の神社がいたるところにあります。そして、その中心が「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」をおまつりする出雲大社(いづもおおやしろ)です。
★高天原から葦原中国への神々の派遣と大国主命の対応 http://p.tl/F7NI
★大国主の神話 http://p.tl/Nzgo
因幡の白兎の説話の後のものを記す
★大国主(オオクニヌシ)、素盞嗚(スサノオ)、天照(アマテラス)について。http://p.tl/hoci
1.目的と考え方 
 日本の古代史を書くにあたっては、権力を勝ち取った体制側の主張である「記紀」への依
 存を従来より少なくし、権力を失った反体制側の主張をより多く採り入れる必要があると
 思う。具体的には、大国主、次いで、スサノオ・物部氏などの主張の採用である。
 大国主の主張に関しては、大国主の子孫と名乗る富当雄氏の、一子相伝で語り継がれてき
 たという興味ある話がある。吉田大洋氏や司馬遼太郎氏が富当雄氏から聞きだされたもの
 がそれぞれの著作のなかに述べられている。
★第24 偉大なる大国主神の正体 http://p.tl/G6va
古事記は大国主神の異名として「大物主神」をあげていません。その代わりに,「八千矛 神」を入れています。そして,この問題の中心となる肝心の崇神天皇の叙述では,「大物 主大神」という別神が登場します。古事記によれば,大国主神とは別の神のようです
★大国主命の播磨国開拓 http://p.tl/-GJK
 AD30年頃、スサノオが亡くなると、出雲国が不安定化するので、大国主命としては出雲に留まって倭国を統治しなければならなかったのであるが、地方の技術普及を続けることを優先し再び少彦名命と共に再び地方開拓に乗り出した。これが原因で出雲が不安定化することになり、これが、出雲国譲り事件のきっかけとなるのである。大国主命は行く先々でその土地の女性を妻としていたので、正妻の須勢理姫の嫉妬が激しく、出雲国に居づらかったものと考えている。今度は播磨国の開拓に向かった。

イメージ 3


大穴牟遅神須佐之男命のもとへ行くと、娘の須勢理毘売(すせりびめ)に会った。二人はただちにまぐわいした。
姫が「いと麗しき神きましつ」と父に報告すると、大神(須須佐之男命)は出で見て、「これこそ葦原色許男(あしはらしこお)(葦原中国の勇者)ぞ」とたたえた。

開くトラックバック(0)

人気ブログランキングに参加しています。
読み逃げされませんように、まずはここをポチッとお願い申し上げます。
イメージ 2
 
 
イメージ
 
「説話」というのをご存知でしょうか?「説話」と書いて「せつわ」と読みます。日本の子供達はこの「説話」の中で育ってきました。「説話」によって正直さや親を大切にする心などを学んでいったのです。「説話」とは、例えばおばあちゃんが話をしてくれる「昔話」のような口から口へ伝わってきたお話です。ですから「説話」は民衆の中から生まれた日本民族の血と言ってもいいと思います。
 
例えば『金太郎』は熊にまたがってお馬の稽古をし、動物たちと相撲の稽古をしながら強い体を鍛えます。筋骨隆々した金太郎が活躍する。そういう強い姿に子供達は憧れを抱いて育つのです。だから昔の子供たちは友だちと相撲をとって遊んでいました。しかし、日本人を腑抜けにする政策を推進した戦後GHQは「まさかり」を担ぐような強い男の子が育っては困るので教科書から『金太郎』を消したのです。
 
高橋史朗さんの著書に『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領気に行ったこと』があります。その一節にはこのようなことが書かれてあります。
 
尾崎一雄の『虫のいろいろ』の中に『蚤(ノミ)の曲芸』があります。ノミは小さな虫ですが、自分の背丈に比べてケタ外れに長い距離を飛ぶことが出来ます。だからノミに曲芸を仕込むのは至難の業です。そこで曲芸師はノミを小さな丸いガラス玉の中に入れます。するとノミはガラスの中で跳ね回ります。しかし周囲は堅いガラスの壁でいくら頑張ってもそれ以上高く飛べないので、そのうちノミは跳ねることに絶望し、ガラス玉の中だけが自分の世界だと勘違いをして飛ぶのをやめるのです。そうなったところで曲芸師はノミをガラス玉の中から出します。しかしノミはもう飛ぼうとはしません。飛ぶことを忘れてしまったのです。曲芸師は飛ばなくなったこのノミに芸を仕込んで舞台に出すというのです。
 
同じことが戦後日本に起きているのではないでしょうか。戦後日本人は占領というガラス玉から抜け出しましたが、ガラス玉の中で生きていた習性が身についてしまい、もう自分で飛ぶことをしなくなったのです。
 
問題はこのことに日本人が気づいていないのです。なぜなら戦後日本は経済が順調に成長し、それとともに豊かな暮らしを手に入れているので、そういうことには気がつかなくても何も問題ないと思っているのです。しかし、一方で精神的な荒廃は目を覆うばかりで、どんどん酷くなっていくばかりです。
 
戦前の教育というとすべて軍国主義教育だと言われます。しかし「正義感」「親孝行」「勇気」「勤勉」「節約」「私より公」「感謝」「誇り」などというような人間として大切なことをきちんと教えていたのではないでしょうか。そういうことを教えられた方々が、戦後、歯を食いしばって黙々と働いてくれたおかげで今の日本があるのは事実です。
 
しかし戦後教育で育った人たちはどうでしょう。自分のことしか考えず自分よければすべてよしで、親をないがしろにし、人間としての当たり前の礼儀も知らない。もちろん日本人のすべてではありません。そういう日本人の方が多いのではないでしょうか。
 
なぜ日本の伝統・文化、日本精神を否定する教育が徹底的に行われたのか。それは日本という虎の牙を抜き二度とアメリカに歯向かわないようにしたからです。その真意は復讐心への恐怖ではなかったか。
 
大東亜戦争で日本は手ごわく、何度も手痛い思いをさせられ、恐ろしい相手だったのです。爆弾を積んだ飛行機で戦艦に体当たりしてくる民族は世界にはいなかったのです。
だから「あの戦争は間違いだった」と思い込ませられているのです。問題は今もそのまま騙され続けている日本人がいます。ガラス瓶から出たノミのように跳ぶことを否定して・・・。
 
イメージ
 
イメージ
 
・・・・・・ 
人気ブログランキングに参加しています。
本来の日本を取り戻そう、と思った方はここをポチッとお願いします。
イメージ 2

転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

開くトラックバック(0)

人気ブログランキングに参加しています。
読み逃げされませんように、まずはここをポチッとお願い申し上げます。
イメージ 2
 
 
イメージ 1
大浦慶
 
日本では戦前から女性は地位が低く活躍できない境遇であったと言われています。そういう考えが女性差別撤廃や男女共同参画となっていくのです。不要なものをつくって女性の権利を拡大していけば社会はどうなるでしょうか。
間違った歴史観が国をゆがめるのです。
 
実際は戦前からたくましく活躍した女性がたくさんいました。そして男性を動かしていたのも実は女性なのです。・・・
 
長崎屈指の老舗である油問屋の娘として生まれた大浦慶(おおうらけい)は、父親の代で家が傾き、しかも父親は母親と大喧嘩して家を出てしまい、兄は遊女と心中、大浦慶は婿養子の夫を迎えますが、すぐに離婚してしまいました。
 
幕末、大浦慶は大浦家を立て直すために、当時、誰もやっていない日本茶の外国交易を思い立ちました。お茶がどの程度外国で普及しているかを知るために一人で上海に密航しました。当時、密航は大罪であり、さらし首も覚悟の密航でした。
 
上海で茶葉の調査をして日本に戻ると日本茶の輸出事業に乗り出しました。そして、一代で巨万の富を手に入れ、没落していた大浦家は長崎でも財力や信望でも確たる名家になっていったのです。
 
大浦慶は事業の傍ら、勤皇の志士達に莫大な財政支援を行っていました。大浦慶は勤皇の志士にこう言っていました。
「田地田畑ば買い込んでも、ウチの場合は人任せにしてただ寝かせておくだけでっしょ。それではお金に申し訳なかと思うとよ。そんなお金があれば、ウチはこれと見込んだ人たちに使こうてみたか。その人たちがウチのお金で、なにか、ウチに出来ん仕事ばしてくれる。それを思うと楽しかとよ。第一、世間さまへの恩返しにもなるでっしょ」。
 
大浦慶が見込んだ男とは坂本竜馬、松方正義、大隈重信、陸奥宗光など、明治維新につながるそうそうたる人物達でありました。彼らにしても大浦慶の支援がなければ維新への活動は思うようにならなかったのです。
 
維新後、大浦慶には勲章こそ与えられませんでしたが、晩年には明治政府から異例の表彰状と金一封が下賜されました。明治維新の陰の功労者たる大浦慶に対する明治の元勲達からの感謝のしるしだったのです。
 
・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。
日本では昔から女性が活躍していた、と思った方はここをポチッとお願いします。
イメージ 2
 

転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

開くトラックバック(0)

人気ブログランキングに参加しています。
 読み逃げされませんように、まずはここをポチッとお願い申し上げます。
イメージ 2
 
 
イメージ 1
 
-----------------
国民を裏切る政府 移民受け入れの裏に内閣府にまで浸透した中国勢力
内閣府は激減する人口の穴埋めとして毎年20万人の移民受け入れを計画し、2月に試算を発表しています。
青山繁晴224日に内閣府が公表した計画ですからインターネットを使って皆さんどなたでもすぐに見られますから見て頂きたいんですが、その表紙に何と書いてあるかというと、目指すべき日本の未来の姿について大タイトルが打ってあって、その第一項目がこれなんです。来年から毎年20万人の移民を毎年毎年受け入れて行って、95年くらいはやりましょうと書いてあって、その内閣府の試算ないし計画によると、このまま移民を受け入れないでいるとおよそ100年後の2110年くらいには、日本の人口は今の128百万人から4千数百万人に減っちゃう。しかし、移民を受け入れると100年後の2110年にも11千万人以上になると。だから実質、内閣府はこれを提案しているに等しい。調べてみたら法務省の一部も協力している。
つまり移民ですから入国管理に関係するから法務省も協力していて、そして、重大なことは内閣府のこの計画の陰に中国の影響力を感じました。内閣府、反論があるならぜひここに来て下さい。日本の官庁に中国の手が。
 
安倍さんはこれに賛成しているわけではないけれど、安倍総理は今月、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議の中で『外国人労働者の受入れの拡大に向けて検討するよう』指示しています。
この合同会議で安倍さん自身が『移民政策と誤解されないように注意しなければいけない』と仰いました。今まで外国人労働者は高度な能力を持っている外国人に限っていましたが、どんどん単純労働者を受け入れて東京オリンピックを何とか仕上げようという話になる。これは移民の元になるのは誰でも考えることであり、移民、移民と言っていますが、中身はほとんど中国移民になると思われます。
 
それはチベット、ウィグルを自分のものにしていった中国の歴史を考えれば、ずっと中国の人々をその国の国民にしていって、中国の一部にしていったんですから、尖閣諸島の問題は単なるシンボルであって、一番重大なことはこういう風に起きつつあるということを、国民の裏切りを安倍政権は侵さないように、今のうちに安倍総理自身に、官邸のホームページを通じたメールにぜひぜひ訴えて頂きたいと思います。(2014.4.9 アンカー
------------------
 
青山さんの「内閣府のこの計画の陰に中国の影響力を感じました」という言葉があります。内閣府には今年になって怪事件が起きています。
120日、内閣府の男性職員がソウルで開かれる国際会議に出席するため韓国に入国したのを最後に行方不明となり北九州市の沖で遺体で見つかった事件、そして21日に東京都渋谷区のマンション一室の風呂場で内閣情報調査室内閣参事官の男性が倒れて死亡していました。内閣府の立て続けに起きた事件は何を意味するのか。
 
 
チャンネル桜の水島社長が417日にこう述べています。(上画像 415頃から)
「・・・。シェールガスをガンガン買うとか、安倍内閣の今やっいていることはアメリカべったりどころではなく従属。土下座しても何でも言うことを聞きますから見逃してやって下さいみたいな感じです。そこまで追い詰められている。「だらしがない」とか「根性がない」とか「何だこれは」と批判することは出来ますが、そこまで追い詰められている。いつでも首に出来るということです。中川昭一さんみたいなことはできるんですよ
それは国民が支えないとだめなんで、ここまで嫌われた内閣が必死になって何とか見逃してやって下さいと、そうはいかないよと死に物狂いのオバマ政権なんです。それと中国がくっついているんですよ。そういう孤立した自立もできない日本がある」と。
 
アメリカの代理人のようなものが民間議員というものです。彼らの中から移民や外国人労働者ということが出てきます。また内閣府や法務省の一部もそれを推し進めています。それは内閣府の意図的な誘導を目的とした移民を受け入れろという“試算”でもよくわかります。彼らにとってこういう誘導は朝飯前なのです。
 
これらに対して安倍政権がダメだと批判しては彼らの思うつぼになってしまいます。青山さんも水島さんもここで共通して指摘しているのは「日本人」がしっかりしろということです。
 
青山さんは日本人に対して「国民の裏切りを安倍政権は侵さないように、今のうちに安倍総理自身に、官邸のホームページを通じたメールにぜひぜひ訴えて頂きたいと思います」と強く述べています。
そして、水島社長は「この絶望的な状況の中で、アメリカや中国が唯一恐れているのが日本人の覚醒なんです。それをやらないで自分たちの身内が安倍内閣批判しているからいいんだということではダメだということです」とはっきり述べています。
 
私は日本人に強く言いたい。それは日本人にはグローバルという言葉は必要ないということです。なぜなら日本には天皇陛下という國體があるからです。日本人はそれだけで充分なのです。國體を破壊するグローバルは受け入れてはいけない、それは覚醒した日本人ならばきっと理解できることだと信じています。
 
・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。
一人でも多くの日本人を覚醒させるべきだ、と思った方はここをポチッとお願いします。
イメージ 2

転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

開くトラックバック(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事